fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターのニューシングルはビルボードチャートでマルチジャンルのヒット

管理人さん

管理人さん

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターのニューシングルはビルボードチャートでマルチジャンルのヒット

リンゴ・スター、もしポール・マッカートニーがいなかったら“怠け者”のビートルズのアルバムはたった2枚で終わっていたと語る

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが一緒に曲をリリースしてから何年も経っているので、彼らの名前が付いた新しい曲が出てきた今、ファンがそれを支持するために殺到したのも不思議ではありません。2人の元ビートルズメンバーは一緒にビルボードチャートに戻ってきており、彼らの最近の勝利は彼らを1つのスタイルの音楽に限定するものではない。

マッカートニーとスターは今週、ビートルズのお気に入り「Let It Be」をアップデートした最新シングルで、ビルボードの3つのチャートに登場する。メジャースターが同じ曲でも一度にいくつかのリストにたどり着くことは珍しくないが、「レット・イット・ビー(Let It Be)」のパフォーマンスを特別なものにしているのは、あまり見られない2つのジャンル別の集計に存在していることだ。

「Let It Be」は今週、Digital Song Salesチャートに登場し、米国で最も売れている曲の1つにランクされている。この曲は22位で始まり、フレームの2番目に高いデビューを獲得している。Luminateが共有したデータによると、このシングルは実際にはドリー・パートンが先頭に立ち、彼女の近日発売予定のアルバム「Rockstar」のために作られたものです。

「Let It Be」の新バージョンは全ジャンルのDigital Song Salesチャートに登場するので、どんなジャンルに分類されていても、同じ購入に焦点を当てたランキングに表示されるのは理にかなっている。しかし、少なくともビルボードのこのフレームでのパフォーマンスによれば、このクラシックに対するこのドロップされたばかりのテイクは、単純な説明に反しているように見える。

「Let It Be」は、Rock Digital Song SalesとCountry Digital Song Salesの両方のチャートにも登場している。これらのランキングは、各ジャンルの米国で最も売れているカットを見ており、通常はあまりクロスオーバーがない…少なくとも同じタイトルではない。Rock Digital Song売上階級では、McCartneyとStarrが2位でスタートし、かろうじて勝者になるチャンスを逃している。Country Digital Song Salesチャートでは、同じタイトルが15位から始まる。両方のリストでトップデビューを果たしたが、明らかに後者のリストではより高いスタートを切るための競争がより激しかった。

Paul McCartney And Ringo Starr’s New Single Is A Multi-Genre Hit On The Billboard Charts

             

Comments 0

There are no comments yet.