ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

変異性ノロウイルスはテロと同じか!?耳かき1杯の大便で200万人が感染!

変異性ノロウイルスはテロと同じか!?耳かき1杯の大便で200万人が感染!

2012年12月はノロウイルス・パニック!広島県広島市・沖縄県・宮崎県えびの市・愛知県名古屋市・兵庫県宝塚・京都府。

ノロウイルスの変異型が猛威!嘔吐物処理は手袋をしましょう!手洗い第一です。

ノロウイルス対処!次亜塩素酸ナトリウムの200ppmの作り方。クリントンさんのウイルス性胃腸炎!?お大事に!

ノロウイルス、宮崎市のスーパーの総菜で検出!次亜塩素ソーダのご使用前と後のご注意は!

変異性ノロウイルスはテロと同じか!?耳かき1杯の大便で200万人が感染!

ノロウイルス・パニック!宮崎県で感染!微生物拡散と細菌・ウイルス感染の恐れ

ノロウイルスには乳酸菌・ヤクルトのL.カゼイ・シロタ株の飲料が効く?特効薬?

英豪華客船「クイーン・メリー2」とバミューダ船籍の豪華客船「エメラルド・プリンセス」、ノロウイルスで感染!

今年の12月は細菌性テロで日本国中がパニックになっている。そのテロとは、ノロウイルスです。
身近な人が、急にトイレに駆け込んだり、咳をしているだけでも、「あれっ!?もしかして」と思う位、気になる事です。これ程まで、全国に広がるとは思いもしなかったが、せめての救いが、身近な人に、感染している人がいないことかな…
それでも、こんなニュースを見たら、やっぱり不安ですね。


激しい下痢や嘔吐を引き起こすノロウイルスが全国を席巻している。患者数は2006年に次ぐ史上2番目のペースで急増中だ。
国立医薬品食品衛生研究所第四室長の野田衛氏は、「ノロウイルスの変異が、今年の流行につながっているのではないか」と指摘する。


「ノロウイルスには約40種類のタイプがあるのですが、06年に大流行したのは、『GII/4』と呼ばれるタイプでした。そして今年1月に、その『GII/4』が変異したウイルスが北海道や大阪市で見つかり、その後も全国各地で散発的に見つかりました」

10月に新潟県長岡市の福祉施設であった集団感染の患者からも、変異した「GII/4」が見つかっているほか、全国18都道府県で変異タイプが見つかっている。
「06年の大流行では、老人ホームでの集団感染が多く発生しました。今年も老人ホームでの集団感染が目立ってきています。
高齢者は、抵抗力が弱いうえ、ウイルスが変異すると、免疫も効かないことから発症してしまうのです」


感染力が非常に強いのもこのウイルスの特徴だ。わずかな量が食べ物に付着したり、
患者の排泄物が飛沫とともに口に入ったりしただけで感染してしまう。
たとえば、患者から排出された大便の耳かき一杯ほどの量の中に、200万人を感染させるウイルスが存在するのだという。


国立感染症研究所感染症情報センター主任研究官の安井良則氏は、こう話す。
「保育園や幼稚園など小児の集団施設でウイルスが流行しています。感染した子供の嘔吐物や下痢便を片づけるとき、ウイルスが手に付着して、施設で働く人や子供の口に入って感染してしまうことが多い。非常にやっかいなウイルスです」。


もし、感染してしまったら、着ている服が汚れたら…厚生省は、次亜塩素酸ソーダを推奨していますが、次亜塩素は脱色効果が強いので、色柄物の衣類には使用出来ません。また、次亜塩素は金属を腐食させる原因にもなりますので、大事な洗濯機が痛む事が懸念されます。
そんな時の為に、便利な「塩素型洗剤」が登場しました!
これで、汚れもシミも雑菌も退治しましょう!


塩素洗剤 『 CX10-27 』 登場!

塩素効果(有効塩素)は、一般市販の次亜塩素酸ソーダの5倍以上

洗剤の効果もありますので、頑固汚れやシミ除去にも有効です。

金属の腐食が少ないので、安心してご使用頂けます。

消臭効果で、アンモニアやメルカプタンなどの臭いを除去。

トイレの中に入れて、殺菌・消臭!これなら、安心!

新登場の塩素洗剤です。詳しくは、こちらから、お問い合わせ下さい。
共栄社化学㈱ お問い合わせ先

本当に、ノロウイルスについては、厄介ですね…予防として、基本的に、手洗いは重要です。しかし、トイレで、感染する事も発表されていますが、それは、また明日にでも…

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/725-4ef66dc8