ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

事故衣類②ミンク天然毛皮の染色部分から染料が生地に移った事故!洗濯表示不可のマークの衣類は洗えません。

事故衣類②ミンク天然毛皮の染色部分から染料が生地に移った事故!洗濯表示不可のマークの衣類は洗えません。

突然、冬です。
寒いです…
こんな時には、サラリーマンならビジネスコート、カジュアルにしたい方はダウンジャケット、でも、女性なら、やっぱり、これですねよ。

「ミンクのコート」

ミンクはイタチ科の哺乳類で、別名、アメリカミンクと言います。コート1着に30頭以上のミンクが必要になりますので、動物愛護団体が抗議する活動を行なっていますが、あの柔らかさと暖かさで人気があります。
色合いも人気の1つですが、その色合いは全て自然の色とは限りません。色彩を豊かに見せるために染色される場合もあります。その染色が影響して、こんな事故もあります。


「天然毛皮からの移染」
衿から前立て部分に天然毛皮を使用したコート。
部分使いの毛皮の黒色の染料が生地に移染したもの

(下記の写真と内容は、CLV21当日、ブログに掲載する主旨の説明を全国クリーニング生活衛生同業組合連合会(略称:全ク連)の方にさせて頂き、ご許可を頂きましたので、掲載させて頂きます。)


事故衣類②ミンク天然毛皮の染色部分から染料が生地に移った事故!洗濯表示不可のマークの衣類は洗えません。


クリーニング店で石油系ドライクリーニング洗濯を行った所、黒色が白の生地部分に移ってしまいました。特に、表生地が絹でしたから、余計に染料が移りやすく、取れ難い傾向があったようです。
これは洗濯ミス!?
いえいえ、付属の洗濯表示を見て下さい。水洗い不可・ドライクリーニング不可になっています。つまり、洗えない衣類と言う事になります。
(下記写真をクリックして頂くと、見えやすくなります)
ミンク染色の移染

もし、汚れがあるので、クリーニング店で洗われる場合は、所有者の方の了解を得ることが必要になります。でも、この場合、どうして洗濯不可なのか、洗濯した場合、どのようなトラブルになるのかも事前に説明する必要があるでしょうね。


こんな時に便利な洗剤があればと…思われるかもしれませんが、無理な条件下の衣類の洗濯は無理です。
こんなミンクの衣類をお持ちの方、洗濯表示をご確認下さい。
「エッ!」
となった衣類をお持ちの場合は、購入されたお店で御相談させるのも、1つの方法だと思います。


せっかく、購入した衣類です。大切にして頂きたいですね。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/711-8bd80e4a