ゆめ参加NAブログ with 北海道旅行記

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

なぜ長い審議!?第32回ジャパンカップはジェンティルドンナが優勝!オルフェーヴル、2着!有馬記念どうするの?

なぜ長い審議!?第32回ジャパンカップはジェンティルドンナが優勝!オルフェーヴル、2着!有馬記念どうするの?

悪運?オルフェーヴルは大外8枠17番、第32回ジャパンカップ。鬼門の大外!6戦中5戦が大外!これはハンディ?

なぜ長い審議!?第32回ジャパンカップはジェンティルドンナ!オルフェーヴル、2着!有馬記念どうするの?
(JRAより)

スポーツの秋ですが、ところで、審議された事がありますか?
小学生低学年の頃、徒競走(直線)で走ったのは良かったのですが、よろけてしまって、隣に走っていた同級生に僅か触れてしまった事があります。走った後、先生から注意を受けたのですが、一生懸命走って、注意を受けるなんて、小学生の頃でしたから、何だか腑に落ちない気がしたのを覚えています。
今日、懸命に走ったのに…と思った彼女は、どう思ったでしょうね…
その彼女は、JRA競馬・ジャパンカップで走ったジェンティルドンナ(牝3歳)馬です。


競馬・第32回ジャパンカップのレースが先程、終わりました。
でも、長かったですね…審議…
1着でゴールをしたジェンティルドンナ(牝3歳・騎乗は岩田騎手)が審議対象。2着が1番人気のオルフェーヴル(牡4歳)。
問題の直線コースでは、寄れた事、2頭が接触した事がTVを見ていても分かりました。
でも…「あっ!?また、オルフェーヴル、寄れたな~」と思ったら、オルフェーヴルの進路が狭くなったと言う審議でしたね。つまり、ジェンティルドンナが2頭の隙間を抜けようとして、進路を妨害したと言う審議になります。
ただ、審議が長くなったのは、レッドカドーの陣営が抗議したとも言われていますが…


本当に長い審議でした。
TVで勝利騎手インタビューを聞きたかったのに聴けず…残念です。ジャパンカップ初の三歳牝馬の優勝です。しかも、あの怪物君と競って、勝ったのですから、喜びの声を聞きたかったですね。
あとで、インタビューをネットで見ましたが、岩田騎手、歯切れが悪かったですね…仕方がないかな。
牝馬三冠馬であり、その上、ジャパンカップは4歳牡馬より4キロも軽い重量なので、2番人気でしたが、レース前の馬体重が-14kgとなった事を含めて、2番人気から3番人気に急激に人気を落とし、パドックでもチャカチャカして落ち着きがなかった(その時点で体力を使う)にも関わらず、勝ったのですから、馬同様、騎手、陣営の方々は、本当はもっと喜んでもよかったはずです。


しかし、あの長い審議は、何だったのでしょうか?
進路妨害、斜行について、JRAが厳しくなっている事は聞いていましたし、その事が問題視されていた事も報道されていましたが、まさか、この程度(と言っていいのか分かりませんが…)で、20分程の審議は長すぎるのではと言うか、厳しすぎるのでは…
勝負レースなんですから、あそこで、あの位置に入らないと、前に行けません。致し方ない面もあります。
でも、オルフェーヴル、あそこで抜かれるか…


審議される事はスポーツの世界の中では常にあります。でも、判定される審判員が20分にも渡って、協議するスポーツなんて、聞いたことがありません。
野球なんて、ビデオ判定した方が良いと思う時でさえ、あっという間に決めてしまいます。(これはこれで問題ですが…)、相撲でも協議されて決めていますが、数分で決定されます。しかも、観客が見てる前で協議して決めるのですから大変です。テニスではビデオ判定する時があります。
当然、競馬でもビデオ判定されていますが、判定基準が曖昧なのかな…?判定されたJRAの方に、コメントを出して欲しいですね。


審議のレースを正確に伝える為に、JRAのパトロール映像を公開されていますが、オルフェーヴルに対して、「ちょっと…内へ来ないで!」と言う感じもしないでもない。競走なんですから、多少は接触する事もありますし、進路が狭くなる事もあります。
でも、それも競走なんですから、運もあれば、実力も必要です。それを押しのけてこそのレースだと思います。ですから、2着になったオルフェーヴルは、接触があったとは言え、その後のゴールまでの直線コースで巻き返すチャンスに勝てなかったんですね。しかも、外側を走っていたのに…内の相手を抜けなかったんですから…


で、これ以上書くと、斜行だらけのボヤキブログみたいですので、そろそろゴールにしたいと思いますが、これから、どうしますか…オルフェーヴル君。
有馬記念に出走しますか?それとも、お約束通り、ぬいぐるみでもなりますか!?


追伸 JRAより
『15番が外側に斜行した影響によるものでしたが、走行妨害には至らないものと認めました。

なお、15番の騎手岩田康誠の進路の取り方は強引なものであったため、2012年12月1日(土)から2012年12月2日(日)まで騎乗停止となりました。』

出た!JRAお得意の馬はセーフで、騎手はアウト!!厳しすぎるのか!?甘いのか!?

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/701-1ecbd6b9