fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

ジョン・レノンの経済的遺産はどうなったか:ジュリアン対ヨーコ

管理人さん

管理人さん

ジョン・レノンの経済的遺産はどうなったか、ジュリアン対ヨーコ

この動画を聴きながら、ブログを見て頂くと分かりやすいですよ。 Youtubeチャンネル登録も宜しくお願い致しますね!


ジョン・レノンの経済的遺産はどうなったか:ジュリアン対ヨーコ

ビートルズは、ジョン・レノンを中心としたメンバーひとりひとりの個性的な作品によって、音楽業界の方向性を変えた、史上最も影響力のあるバンドのひとつです。レノンの悲劇的な死後も、音楽家、政治活動家としての彼の遺産は、世界中の何百万人もの人々に影響を与え続けているのです

ビートルズは、1957年にジョン・レノンが結成したスキッフル・バンド「クオリーメン」が、後にポール・マッカートニーをリズム・ギタリストとして雇い入れたのが始まり。その後、ポールの友人であるジョージ・ハリスンを採用したが、ジョンは当初、彼を雇うことに疑問を抱いていた。ピート・ベストを解雇した後、1962年にドラマー、リンゴ・スターが加入した。1960年代初頭、バンドは最初のヒット曲「Love Me Do」を発表し、それに続いて最初のスタジオ・アルバム「Please Please Me」をリリースした。

9枚目のアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を発表し、ベストアルバムと言われるようになる。しかし、1970年代に入ると、メンバー間の不和が生じ、史上最高のバンドとしてのビートルズのキャリアは終わりを告げます。ジョン・レノンの妻であるオノ・ヨーコは、解散直前にジョンと結婚していたため、この決定に一役買ったという説が有力である。

ソロ活動とヨーコとのプロジェクトに専念していたジョン・レノンは、1980年12月8日、マーク・デイヴィッド・チャップマンに至近距離から4発撃たれ、40歳の若さでこの世を去った。ジョンの悲劇的な死の後、ジョンの遺言は、未亡人オノ・ヨーコとその息子ショーン・レノン、長男ジュリアンの間で対立を生みました。

ジョン・レノンの純資産は、2億ドル
ビートルズの創設者であり、共同歌手、リズムギタリストでもあったジョン・レノンの死去時の純資産は2億ドル、現在のドル換算で約6億ドルであった。ジョン・レノンの財産は、主に印税、商品、ライセンス料などで、彼の死後も3倍になった。

ジョン・レノンのお金と財産を相続したのは誰?
このマルチな才能を持つミュージシャンの最初の結婚相手はシンシア・パウエルで、彼女との間にはジュリアンという息子がいた。1968年の離婚後、シンシアは子供の親権と24万ドルを受け取った。

ジョン・レノンは、最初の妻と結婚しているときに、最愛の人オノ・ヨーコと出会いました。ヨーコはジョンとシンシアが離婚する数週間前に妊娠し、流産した。レノンとオノは1969年3月20日に結婚し、ベトナム戦争に抗議するために「平和のためのベッドイン」を行い、新婚生活を送った。オノが3度の流産を経験した後、夫妻にはショーン・レノンと名付けられた息子がいた。

ジョンは死後、オノ・ヨーコを主な相続人として残し、現在その純資産は7億ドルに達している。一方、長男のジュリアン・レノンは、父親の遺言から除外された。

オノ・ヨーコとジョン・レノンの長男は、レノンの財産をめぐって争ったのか?
ジョン・レノンの遺言は、息子のジュリアンを除外することを選択したため、彼の子供たちと未亡人オノ・ヨーコの間に緊張が走った。ジュリアンは、両親の離婚調停から年間2400ポンドの養育費を受け取っただけだった。また、彼の出生後に父親が設立した信託から5万ポンドを相続した。

ジュリアンは当初、裁判はしたくないと言っていたが、その後、遺産からより多くの金を受け取るために法廷闘争に乗り出した。公式発表によると、ジュリアンは勝訴し、父親の財産のうち約2,000万ポンドを手に入れたという。しかし、レノンの遺産は、現在でもヨーコと息子のショーンがその大半を受け取っている。

Qu’est-il advenu de l’héritage financier de John Lennon : Julian Vs Yoko

Comments 2

There are no comments yet.
-

~妻であるオノ・ヨーコは、ジョンと「離婚直前」??に結婚していたため、この決定に一役買ったという説が~
^解散直前^の書き間違いでしょうね!

管理人さん
管理人から〇〇様
Re: 訂正

〇〇様 ご指摘ありがとうございます。
仰る通りです。
×「ジョン・レノンの妻であるオノ・ヨーコは、離婚直前にジョンと結婚していたため、この決定に一役買ったという説が有力である。」
〇「ジョン・レノンの妻であるオノ・ヨーコは、解散直前にジョンと結婚していたため、この決定に一役買ったという説が有力である。」
翻訳した時に、ビートルズとの「離婚」←「解散」としたようですね。