ゆめ参加NAブログ with 北海道旅行記

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

プリマロフト(PrimaLoft)は人口羽毛。アルバニー社が開発。米軍でも採用。

プリマロフト(PrimaLoft)は人口羽毛。アルバニー社が開発。米軍でも採用。

昨日、羽毛・ダウンの高騰について、記載しましたが、天然物は価格が変動するものです。繊維でも、昨年、綿花の高騰があり、市場が混乱した事があります。
実は、今は、綿だけでなく、ナイロンも高騰した。その為、ある繊維製品において、元々、価格の安かったナイロン素材が、価格の高かったポリエステルの素材の製品の方が高くなり、主力製品の素材が、ナイロンからポリエステルに移行しています。
しかも、ポリエステルの価格も高くなる傾向も現れてきたので、今度は、再生ポリエステル(再生PET)に移行しようとする動きもありますが、再生PETは、品質・染色・汚れなど様々な課題があって、これまた、困った素材です。
それでも、天然物より、合成品の方が、まだ安定いるのは間違いありませんので、羽毛も代替品として注目されている合成繊維があります。その素材が、これです。


「プリマロフト」PrimaLoft®
プリマロフトは、素材はポリエステルです。でも、普通のポリエステルと異なります。
PrimaLoftは超微細マイクロファイバーであるため、圧縮性に優れています。その為、密集したエアポケットを形成し、この中に体から発散した熱を閉じ込めて冷気を遮断する特徴があります。


そのプリマロフトは、米国ニューヨーク州アルバニーに本社を置くAlbany International社の開発品です。
この素材は、U.S.ARMY(米軍)から、寝袋用の羽毛原料に替わる素材の開発の要請を受けて誕生したハイテク素材で、一流のアウトドアブランドやファッションブランド、家具インテリア、ワークウェアにも使用されています。


このプリマロフトが、人口羽毛などの代替素材として、注目されています。羽毛と同じレベルの高い保温性を持つ上に軽い合成繊維であり、11年度、前年比1.75倍の布団3万5000枚分を売り上げた。掛け布団だけでなく枕やダウンジャケットなどにも使用されている。
合成繊維素材は、工業製品なので、グースやダックの病気や飼育状況に左右されないメリットがあるので、布団市場で、羽毛素材から代替素材へのシフトが加速しそうです。


でも、ポリエステルです。ポリエステルで注意したいのが、静電気です。
ここで、ポリエステルに効果のある帯電防止剤を、お知らせ致します。


Professional・クリーニング仕様用・帯電防止剤(仕上加工剤)

『 デスタットFN-313 』

共栄社化学㈱品
繊維衣類や自動車カーシートの静電気にも対処出来ます。

そう言えば、今は夏なので、静電気も問題はないかもしれませんが、もし、冬物衣類の洗濯をされていれば、今、如何ですか!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/585-7c05400c