ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney 1on1 US Tour & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

有機ELパネルでテレビの大型化に貢献するソニーとパナソニックの共同開発と、クリーンルームでの洗濯と洗剤

有機ELパネルでテレビの大型化に貢献するソニーとパナソニックの共同開発と、クリーンルームでの洗濯と洗剤

有機ELパネルでテレビの大型化に貢献するソニーとパナソニックの共同開発と、クリーンルームでの洗濯と洗剤

二年前、一年前と二年連続で液晶テレビを購入した。テレビ売り場が混雑していたあの頃は、今は遠い昔のようである。
5月の薄型テレビの国内出荷台数が発表となったが、74.6%減の40万9000台と10カ月連続でマイナスとなった。前年割れは10カ月連続。 理由は、昨年5月は地上デジタル放送の完全移行を控えて買い替え需要となり、その反動減が落ち込みの要因になったようです。当然と言えば、当然ですが、次の一手に注目が集まっています。それは、有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルです。


過去、ソニーは、11型の家庭向け有機ELテレビを約20万円で発売した。が、高価で、その後、断念…その後、携帯電話のパネルに有機ELを使ったが、これも、価格が高い事と、時代は、スマートフォンになり、断念…そして、撤退の発表があったが、復活!日本の技術と思わせるニュースが飛び込んで来た。
ソニーとパナソニックは2012年6月25日、テレビや大型ディスプレイ向けの有機ELパネルを共同で開発することで合意したと正式に発表した。


ソニーとパナソニックは互いにライバルとして主力のテレビで売り上げを競ってきたが、韓国勢との競争激化などから、両社ともテレビ事業は赤字続きであったが、両社の技術を持ち寄ることで韓国勢に対抗し、より有利な量産技術を2013年内に確立することを目指す事になった。
韓国のサムソン電子とLG電子が55型の有機ELテレビを発売する事を発表していたので、「有機ELの技術は、ソニーが一番ではなかったのか!」と憤りを覚えていたが、これから、ジャパン・パワーの復活に期待です。


ところが、現在、スマートフォンなどを含めた有機ELパネルの2011年の世界の売上高は、韓国サムスン電子が全体の88%を占める独占状態。
しかも、テレビ向け有機ELパネルの世界の売上高は2018年に10兆円を超える見通しで、2012年(約240億円)の400倍に拡大すると見込まれていますので、これからの巻き返しに期待です。


ソニーの有機EL技術は、低分子の有機材料を高温で気化してパネルに吹き付ける「蒸着方式、そして、パナソニックは、高分子の有機材料をパネルに塗布する「印刷方式」の技術を開発しているので、この融合で、大型化の課題を克服し、韓国勢2社の有機ELパネルの蒸着技術を超えるとされています。

既に、パナソニックの姫路工場(兵庫県姫路市)に、200~300億円を投じて、10月末までに有機ELパネルの試作ラインを導入して稼働する予定で、既にクリーンルームを完成しているようです。

日本の技術に有機ELあり。その設備に重要なのは、クリーンルームです。
クリーンルームとは、空気中の浮遊塵埃が限定された清浄度レベル以下に管理され、必要に応じて温度・湿度等を一定の基準に制御する部屋の事を意味します。
その部屋で作業する方、そして、作業者の方が着用する作業服や靴なども、クリーンルームで洗濯されます。


その洗濯に寄与できる液体洗剤があります。
擦れ汚れ、血液汚れ、蛋白系汚れ、食べこぼし、雑菌、汗、埃、塵、機械油汚れなどに対処致します。
ご要望に応じた洗剤の選定と、処方をご提案させて頂きます。
どうぞ、こちらから、御検索して下さい。


共栄社化学㈱クリーニング・ホームページ


最新技術には、最新の洗剤を御使用下さい!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/577-b96ea00b
まとめtyaiました【有機ELパネルでテレビの大型化に貢献するソニーとパナソニックの共同開発と、クリーンルームでの洗濯と洗剤】
有機ELパネルでテレビの大型化に貢献するソニーとパナソニックの共同開発と、クリーンルームでの洗濯と洗剤二年前、一年前と二年連続で液晶テレビを購入した。テレビ売り場が混雑していたあの頃は、今は遠い昔のようである。5月の薄型テレビの国内出荷台数が発表となった?...