ゆめ参加NAブログ with 北海道旅行記

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

クリーニング「Decompressing」のユニークなダイレクトメールと、日本郵便の考え方

クリーニング「Decompressing」のユニークなダイレクトメールと、日本郵便の考え方

先日、「広報」について、このブログで更新しましたが、ダイレクトメールも考え方や形を変えれば、ユニークな広報になるものだと感心させられるニュースを見ました。

ダイレクトメール(direct mail)とは、個人あてに直接送りつける広告の事で、広告主が特定の個人あてに郵便やメール便を使って直接メッセージを送付することを意味します。略して、DMと表現する場合が多いのです。

さて、そのダイレクトメールですが、なかなか配った枚数程、成功率が低いと言われていますが、考え方によっては、有効な手段だと言う事を、説明しているホームページがありました。
それは、「日本郵便」のHPから、その内容をご紹介します。


極端な例ですが、仮に購入する人の率が1%としましょう。
ハガキDMを100通出して、購入率がその1%ということは…
100人に1人の購入=99人は買わない。
「なぁんだ!やっぱりほとんどの人は買わないじゃないか!」と思うかもしれません。
でも、それならなぜ、多くの会社がDMをたくさん出しているのでしょう?
それは「利益」で考えるからです。


DMの単価が80円だとすると、100通分のDM経費は8千円です。
商品価格が1万6千円で、その50%が原価だとすると、1個だけ売れれば「採算が合う」ワケです。
2個以上売れればもう「充分な利益を出した」と言えます。
「成功」もあれば「失敗」もあるのが現実です。
でも、失敗原因を究明・是正すれば必ず成功するのもDMです。
なんとなくDMの持っている「実力」が見えてきた気がしませんか


なんて、内容でしたが、成功率を増やすためには、そのDMのチラシそのものに工夫が必要です。そのユニークな一例を、ご紹介します。

フランスのクリーニングサービス会社「Decompressing」の新規顧客獲得のためのチラシです。
同社のサービスは、洗濯ものを自宅までピックアップしに来てくれて、洗濯し、綺麗にアイロンがけした上で、自宅まで届けてくれるという一気通貫さがウリです。
そのイメージをチラシにしています。



フランスのクリーニングサービス会社「Decompressing」ダイレクトメール

「汚れてシワシワだったワイシャツも、真っ白にして、ノリもきかせてご自宅まで配送しますよ!」ということを訴えるクリエイティブなチラシです。

ナルホド…やりますね…デザイン・形も大事な事がよく分かります。しかも、話題になれば、色々なHPやブログで紹介されるわけですから、これこそ、広報ですね!

Category: Online services
Brand: Decompressing
Agency: TBWA Paris
Country: France
DECOMPRESSING is a dry-cleaning service company that comes to your place to pick-up your laundry and brings it back to you, cleaned and ironed, within 48 hours. To introduce this new service, TBWA Paris slid this flyer under prospects�・ doors to invite them to experiment directly the simplicity of the service.

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/576-8b5ae422