夢参加NAブログwithポール・マッカートニー & NA Dreamers

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う夢参加NAブログです。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」、ユニクロが、ミャンマーとフィリピンを変えていく!

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」、ユニクロが、ミャンマーとフィリピンを変えていく!

成功は一日で捨て去れ

最近、読んだ本で、この言葉が印象に残った。

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」

この言葉を知ったのは、「成功は一日で捨て去れ」と題した本に書いてあった言葉である。
著書は、㈱ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長 柳井正。
分り易く言えば、ユニクロの社長である。
前回、大前研一の本の事について書いたが、いわゆる「ガター」と「リセット」についての内容以上のインパクトがあった。
そのユニクロの世界戦略が、また、凄まじいスピードで加速している。
これまで、数多くの出店を行なっているが、こんなニュースが届いた。


カジュアル衣料チェーン「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、ミャンマー進出を検討していることが2012年6月11日、明らかになった。生産拠点を来年以降に設置する。

同社の衣料品生産は7割以上が中国に集中しているが、人件費の高騰や人民元切り上げなどのリスクが高まっている。
そのため中国の機能を補完する「チャイナ・プラスワン」の候補地として、民主化が進み、
縫製業が盛んで労働力の安いミャンマーを選択した。


これまでミャンマー産の製品は、人権問題の影響もあって欧米などでは受け入れられなかったが、民主化が進んだことで環境が好転。
日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査によると、2011年のミャンマーの人件費は、中国の約5分の1に当たる月平均約95ドル(約7600円)。


ファーストリテイリングは現在、中国以外にインドネシア、バングラデシュ、ベトナム、カンボジアの4カ国に生産拠点を持つ。
将来的には、中国以外の国での衣料品の生産比率を、現在の約4分の1から3分の1に引き上げる計画だ。


チャイナ・プラスワンの一貫とは言え、アジア全域への展開を、更に加速させる方針の1つと、思っていたら、今度は、今日2012年6月13日、こんなニュースを見た。

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、2012年6月13日の記者会見で、15日、フィリピン1号店を開店し、今後3年間に50店を出店する計画を明らかにした。経済成長が堅調なフィリピンの幅広い層の需要を取り込みたい考えとの事。

なんせ、彼らの目標は、2020年、売上高5兆円、経常利益は1兆円の達成です。
ン…スピードについていけん…
本当に、「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」事になりそうです…


私とすれば、将来、JIS洗濯表示から、ISO洗濯表示になるので、洗濯の変革が起こると思う。
つまり、「洗いを変え、常識を変え、世界を変えていく」為の洗剤をPRして行きたい。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/563-df80329d
まとめtyaiました【「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」、ユニクロが、ミャンマーとフィリピンを変えていく!】
「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」、ユニクロが、ミャンマーとフィリピンを変えていく!最近、読んだ本で、この言葉が印象に残った。「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」この言葉を知ったのは、「成功は一日で捨て去れ」と題した本に書いてあった言葉で...