ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney One On One Tour 2017

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Midnight In Paris は、この梅雨の時期が良く似合う!?ノスタルジー作品で1920年代を回顧

Midnight In Paris は、この梅雨の時期が良く似合う!?ノスタルジー?UNHAPPY?HAPPY END?

Midnight In Paris は、この梅雨の時期が良く似合う!?ノスタルジー作品で1920年代を回顧

今日は、休日なので、映画の話を。
Woody Allen(ウディ・アレン)監督作品 「Midnight in Paris」(ミッドナイト・イン・パリ)を映画館で観ました。
この作品についてのブログは、こちらから…


Midnight in Paris・ウディ・アレン監督作品(Woody Allen)米アカデミー賞・祝(!?)

Amazon USAとMidnight in Paris (ミッドナイトインパリ)CDと、個人輸入の醍醐味!?

「Midnight in Paris」(ウディ・アレン映画作品)のポスターデザインと、「Starry Night」(ゴッホの絵画)

You Will Meet a Tall Dark Stranger(Music from the Motion Picture) CD、「恋のロンドン狂騒曲」のサウンドトラックを購入

日本公開は、2012年6月ですが、実際は、この作品は、2011年の作品になります。まあ、よくあるパターンです。日本で公開されて、まだ良かった方です。
アカデミー・脚本賞を受賞したので、一応、予定通り上映されて良かったです。


で、映画ですが相変わらず、会話が長~い。字幕を見るのが疲れます。これから見られる方は、映画館の後ろの方から観られた方が良いでしょうね。

物語は、以前にも書いたように、パリを舞台にしたノスタルジックが溢れながら、辛口の物語です。
ウディ・アレンの作品ですので、基本的には、コメディなんですが…
登場人物は、脚本家から小説家になろうとする売れっ子・ハリウッド作家が主人公。その彼の美人の恋人。でも、この関係微妙です。彼と息が合わない彼女の両親。そして、インテリの元カレなど、多様な人々です。

Midnight in Paris 登場人物

そんな中、突然、舞い込んだ主人公が憧れる1920年代のパリ。
その時代のパリに、のめり込んでしまい、現在の恋人と、更にギクシャクした事になる…


1920年代で登場する人物は、作曲家コール・ポター、小説家F・スコット・フィッツジェラルド、小説家アーネスト・ヘミングウェイ、画家パブロ・ピカソ、画家サルバドール・ダリ、画家アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック、画家ポール・ゴーギャンなどなど有名な方々が総出演。

さて、これは誰か分かりますか?
ウディ・アレン Midnight In Paris


しかし、ただ単なるノスタルジックで終わらないのが、Woody Allenらしい作風かな。
しかも、Unhappyな流れから、最後は、あのパターンです…実は、私、好きなパターンです。


ところで、パリには、雨が、お似合いなのかな!?
今回、Woody Allen、初めてのパリでのロケで、ロマンティックな作品にしたかったようなので、あのラストシーンも頷けます。
でも、もし、彼自信が主演であったら、「なんで、酸性雨の中、歩かなくっちゃいけないんだ!?もし、癌にでもなったら、どうするつもりだ。そういえば、最近、頭痛がする。頭が割れそうだ…また、僕を病院送りにしたいのか…」などと言う、いつもの台詞が聞こえてきそうです…


もう公開されている映画館が少ないので、皆さん、DVDで観て下さい。
尚、上の写真は、ダリです。分かりましたか?

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/558-4ccf5fa7