ゆめ参加NAブログ with 北海道旅行記

クリーニングからポール・マッカートニーまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

B-CASカードデーターも書き換えは、カード?カードリーダー?使用者?総務省の問題?

B-CASカードデーターも書き換えは、B-CASカード?ICカードリーダー?使用者?総務省?誰が悪いの?

東芝が国内での液晶テレビの生産を中止するニュースには驚いた。
テレビの生産は、日本にとって、華やかさがあり、最先端の生産技術であったが、価格低下で業績が圧迫した結果、このような判断になった事は残念である。
本来なら、今週、テレビ関連の話題は、このニュースで持ちきりのはずであるが、様相が変わって来た。これからは、別の話題が沸騰しそうである。
その話題は、「B-CASカードデーター書き換え」である。

B-CAS


以前、「BLACKCAS」と言うのが、台湾からネット販売されて話題になりました。価格は49,800円…高いけども、TV好きの方にとっては、何でも見れるので、魅力的なカードであった。勿論、不法カードである。
と思っていたら、今度は、テレビの有料番組を受信したり、番組の不正コピー防止に使われている「B-CASカード」のデータを書き換え、放送事業者にお金を払わずに有料番組を視聴できる方法が、インターネットで出回っているとの話がネットに載っていた。
当初はネットでの話題であったが、ついに、毎日新聞の5月19日の朝刊で、なんと一面目にデカデカと記事になっている。これには、ビックリした。

「不正カードで視聴することは放送法違反であり、損害賠償の対象になる」と書いてある。
スカパーやWOWOWは有料チャンネルのなで、この改造カードで無料化して見てはいけないと思うが、無料番組なら、良いのでは!?と思うのだが…不正カードそのものの使用が違反となれば、話は別である。

書き換えには「NTTのICカードリーダー(確定申告する為の機器)」などが必要なんですね…そのカードリーダーが1週間前から売切れ続出です。オークションでも高値続出。NTTさん、今後の生産どうするのかな…これがなければ、書き換えが出来ないらしいので、総務省からの圧力があれば、強制的に生産を打ち切ることもあり得ます。それとも、売上増加を目論んで、生産を続けるかもしれません。
それにしても、確定申告しない方に、このICカードリーダーが広がっているとは、思いもしないヒット商品になってしまいましたね。各メーカーは、ホクホクしているでしょう。
尚、NTTが生産中止になっても、他の一部のカードリーダーでも書き換えが可能らしいので、イタチごっこかな。元々、NTT品は、SCM MicrosystemsのSCR3310のOEM商品だから、中止にならないか。

しかし、よくここまで解析出来たものです。解析されないと言うのが前提でのカードで、その信頼性とコピーガード機能をセットにしたので、有料放送会社も取り入れたのにも関わらず、「まさか…」と関係者の方は思われているでしょう。
しかし、B-CASカードと言っても、単なるICカードである事が判明したのだから、我々にしては、「何だ!?」という感じです。
その程度のカードですから、暗号は、その内、解析されるのが前提で、次の準備に取り掛からないといけないのですね。

各業界の製品も同じです。今は、一番と思いきや、その内、同じようなものが出回ります。中には、どう見ても低レベルの製品もありますが、基準が明確でない用途では、価格のみの競走になり、本当に有効な内容が隠れてしまう事もあります。
ところで、只今、お客様にとって、有益で魅力のある製品(洗剤)を、今年も開発中です。勿論、基準に沿った試験法法で、結果を出します。もうしばらくすれば、発表出来るかもしれませんので、暫くお待ち願います。


しかし、ネットでの広がり方は、凄まじいですね…これからテレビのニュースや雑誌でも取り上げられると思うので、興味津々です。

続編
B-CASの発行会社は、電力会社のような独占企業!NTTのSCR3310が販売好調で、株価もアップ!?


来週から、どうします?総務省さん…

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/536-95162e1e