fc2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney Beatles & NA Dreamers

ポール・マッカートニーやビートルズから、野球・観光・コロナまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ビートルズのアルバム「アビー・ロード」が時代を先取りしていた理由 #AbbeyRoad #Beatles

Why The Beatles’ ‘Abbey Road’ Album Was Streets Ahead Of Its Time

With some of the most magisterial songs The Beatles ever wrote, ‘Abbey Road’ was the final album they recorded, and stands among their finest.

Prior to September 26, 1969, most people in the world were blissfully unaware that Abbey Road was the location of EMI’s London recording studios. Some keen fans may have spotted the name in news reports of The Beatles’ activities, but this was a time when it was of little importance to most fans where something was recorded. Ironically, given the album’s title, not all of Abbey Road was recorded at Abbey Road, and, in truth, the title is as much about the street and the zebra crossing outside as it is about the studio itself.

Abbey Road (Anniversary Edition / STANDARD [1LP picture disc vinyl])

ビートルズのアルバム「アビー・ロード」が時代を先取りしていた理由

ビートルズが最後にレコーディングしたアルバム「アビー・ロード」は、ビートルズがこれまでに作った曲の中で最も素晴らしい曲が収録されており、彼らの最高傑作の一つとなっています。

1969年9月26日以前、世界中のほとんどの人は、アビーロードがEMIのロンドンにあるレコーディングスタジオであることを知らなかった。一部の熱心なファンは、ビートルズの活動に関するニュースの中にその名前を見つけたかもしれないが、当時は、どこで何が録音されているかは、ほとんどのファンにとって重要ではなかったのである。皮肉なことに、アルバムのタイトルからして、『Abbey Road』のすべてがアビー・ロードで録音されたわけではない。

しかし、このアルバムは、筆者を含む多くの人にとって、バンドの業績の絶対的な頂点となっています。しかし、このアルバムは、筆者を含む多くの人にとって、バンドの絶対的な功績の頂点である。

近視眼的な評価
『アビー・ロード』は、ビートルズの11枚目のスタジオ・アルバムであり、最後にレコーディングされた作品である(12枚目で最後に発売されたスタジオ・アルバム『レット・イット・ビー』は、ほとんどがこのアルバムより前にレコーディングされたものである)。
ローリング・ストーン誌は「複雑ではなく複雑」と評し、ニューヨーク・タイムズ紙のニック・コーンは「個々の」曲は「特別なものではない」と指摘し、ガーディアン紙はこのアルバムを「ちょっとした問題」と評し、デトロイト・フリー・プレス紙は「我々は創意工夫を期待した。我々は、良いLPを手に入れた。」

しかし、Melody Makerに寄稿したChris Welchは、まったく逆の感想を述べています。
"真実は、彼らの最新のLPは、気取りも深い意味も象徴も全くない、ただの生まれつきのガスである。"
同様に、レコード・ミラー誌は、『Abbey Road』は、彼らの過去3枚のアルバムと同様に優れていると述べている。歴史的にも、多くの人がビートルズのアルバムの中で最も好きなものとしてこのアルバムを挙げています。

アビー・ロード」が名盤である理由とは?
『アビーロード』が傑作である理由はどこにあるのだろうか。それは、音楽的ビジョンの広さ、バンド全体の音楽的イマジネーションの大きさ、そしてビートルズが活動を終えようとしていた時期の大胆さである。

そして、ジョージ・ハリスンの2つの傑作、「ヒア・カムズ・ザ・サン」と「サムシング」は、バンドがこれまでに録音した中で最高の曲と並んでいます。前者については、uDiscoverのマーティン・チルトン氏がDaily Telegraphに寄稿し、「一緒に歌わないでいることはほとんど不可能だ」と述べているが、その通りである。

"Something "は崇高で、完璧なラブソングであり、ジョン・レノンがこのアルバムの中で最も好きな曲でもある。フランク・シナトラはコンサートで演奏する前に、しばしばこの曲を「史上最高のラブソング」と表現していました(同時に、「レノンとマッカートニーの作曲した曲の中で最も好きな曲」という誤った表現もしていました)。


贅沢な気分に浸る
サイド2の15分間の「メドレー」は、ポール・マッカートニーの「You Never Give Me Your Money」から始まる。ジョンが作曲した「Sun King」に見事に移行し、ジョン、ポール、ジョージの非の打ち所のないハーモニーが聴ける。
そこからメドレーは、レノンの曲である "Mean Mr Mustard "と "Polythene Pam"(どちらもインドで作られた曲)へと続く。(どちらもインドで作曲されたものです)。) そして、マッカートニーの4連発だ。「She Came In Through The Bathroom Window」、美しい「Golden Slumbers」、「Carry That Weight」(「You Never Give Me Your Money」の要素を含む)と続き、メドレーは「The End」で締めくくられている。

一部のファンや評論家の間では、残されたいくつかの曲について意見が分かれています。しかし、ジョン・レノンが作曲した2曲の力強さ、素晴らしさには異論がないだろう。
"Come Together "は、アルバムのオープニングを飾る名曲のひとつである。同様に、「I Want You (She's So Heavy)」は、バンドをそれまでになかった場所へと連れて行きます...そびえ立っているのです。

完全にアビーロードで録音されていない曲は、西ロンドンのバーンズにあるオリンピック・スタジオで録音されたオーバーダブを含む「Something」である。
I Want You (She's So Heavy)」は、1969年2月にソーホーのワーダー・ストリートにあるトライデント・スタジオでリズム・トラックを録音し、そこで曲の合成を行った。その後、8月まで(アルバムのジャケット撮影が行われた8月8日も含む)、トライデントのオリジナルテープに録音を加えていき、アビーロードで完成した曲は、2つのバージョンを合成したものだった。
一方、「ユー・ネバー・ギブ・ミー・ユア・マネー」は、1969年5月にオリンピックでスタートし、7月から8月にかけて何度もセッションを重ねてアビー・ロードで完成させた。

『アビー・ロード』は、他のビートルズのアルバムよりも、全体として演奏したときに時の試練を受け止めることができる、偉大なレコードである。このアルバムは、ランダムにプレイして曲を選ぶためのものではありません。このアルバムをかけて、「Come Together」を堪能し、最後の「隠れた」トラックでポールが女王陛下のことを「かなりいい女」と歌っているのを見て、笑顔で終えることができるのです。


アビーロードについて知られていない10のこと

【1】ジョージ・ハリスンが「Here Comes The Sun」を書き始めたとき、エリック・クラプトンのカントリーハウスの庭に座っていた。

【2】1969年8月20日、ビートルズの4人全員が最後にレコーディング・スタジオに集まり、「アビー・ロード」のミックスを最終決定した。

【3】ジョージ・ハリスンによると、「Sun King」のギター・パートは、フリートウッド・マックの大ヒット・シングル「Albatross」のサウンドにインスパイアされたものだという。

【4】Maxwell's Silver Hammer」に出てくる「pataphysical」という言葉は、1907年に亡くなったフランスの前衛作家、アルフレッド・ジャリ Alfred Jarry に由来しています。ポールはジャリの文章に興味を持ち、ジャリの晩年の作品の中に「パタフィジカル」(ジャリは「想像上の解決法の科学」と定義している)を発見した。

【5】"Come Together "は、コカコーラについて言及しており、ラジオで放送される曲に製品を紹介することを禁止する方針をとっていたため、1969年にBBCで放送禁止となった。

【6】リンゴ・スターが作曲した "Octopus's Garden "は、地中海でピーター・セラーズのヨットに乗っているときにひらめいた。船長がリンゴに、タコが海底から石や光り物を集めて庭を作ることを教えてくれたのだ。

【7】ジョン・レノンによると、彼はオノ・ヨーコにベートーベンの「月光ソナタ」のコードを逆に弾いてもらい、「Because」を作ったという。これは完全に正確ではないが、ビートルズの曲の全体的なサウンドに非常に近い。

【8】リンゴの説明によると、サイド2のメドレーのアイデアは、必要に迫られて生まれたものだという。「ジョンとポールがいろいろな断片を持っていたので、それを録音してまとめたんだ。最後の部分は、僕にとっては最高の作品の一つだよ」。ポールは、このアイデアを熱烈に受け入れた。「それによって、第2面はある種のオペラのような構造になり、いい意味ですべての曲を取り除くことができて、とてもよかったよ」。

【9】"She Came In Through the Bathroom Window "は、アップル・スクラフ(ビートルズの事務所の外にたむろしていた女の子たち)の一人が、バスルームの窓からマッカートニーの家に侵入したときの出来事がきっかけとなっている。その後、彼女は他の女の子たちを入れてしまい、写真や服を盗んでいった。

【10】「Golden Slumbers」の歌詞の一部は、トーマス・デッカーが1603年に発表した喜劇「Patient Grissel」の中の詩であり、子守唄でもある「Cradle Song」をベースにしている。マッカートニーは、リバプールにある父の家のピアノに、義姉のルースが残した楽譜が置いてあるのを見た。

Why The Beatles’ ‘Abbey Road’ Album Was Streets Ahead Of Its Time








該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/4978-3a59890d