fc2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney Beatles & NA Dreamers

ポール・マッカートニーやビートルズから、野球・観光・コロナまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

瀬戸際のビートルズ:ピーター・ジャクソンはいかにしてファブ4の最後の日をつなぎ合わせたか Part4 Final #Beatles #Getback

瀬戸際のビートルズ:ピーター・ジャクソンはいかにしてファブ4の最後の日をつなぎ合わせたか Part4 Final #Beatles #Getback

瀬戸際のビートルズ:ピーター・ジャクソンはいかにしてファブ4の最後の日をつなぎ合わせたか Part4 Final #Beatles #Getback
キーボードのビリー・プレストン(右下)が加わったバンド(1969年、Apple Corpsビルの屋上にて)。
Apple Corpsビルの屋上でキーボード奏者のBilly Preston(右下)が参加したバンド


録音エンジニア兼プロデューサーで、すべてをテープに収めることを担当したグリン・ジョンズは、「これはすごくいい、最高だ」と興奮していました。いつものプロデューサーであるジョージ・マーティンは、何度もこのセッションに足を運んでくれましたが、さらに喜んでくれました。「お互いに見合っているし、見合っているし、ただ起こっているだけなんだ」。映画『Let It Be』で演奏されることになる最高の曲(タイトル曲、Get Back、The Long and Winding Road、Two of Us、Don't Let Me Down)だけでなく、『Abbey Road』の大部分や、彼らのソロアルバム用に作られた作品など、音楽が彼らから溢れ出していたのです。

音楽の合間には、リバプールとハンブルグでの遠い歴史や、昼食に何を食べるか(ハリソンのお気に入りは「大きくて新鮮な、カットされていないマッシュルーム」)、二日酔い(スター:「嘘はつかないよ、僕はあまりよくないんだ」)など、尽きることのない会話があった。ピーター・クックとザザ・ガボールの衝突からBBC 2のSFまで、彼らは前夜にテレビで何をやっていたかを議論するのが習慣となっていた。また、デマゴギーな政治家イーノック・パウエルを揶揄したり、マーティン・ルーサー・キングについて心のこもった会話をするなど、政治についても語っていた。また、他のミュージシャンについての言及も何百回とありました。フリートウッド・マック、フランク・シナトラ、ボブ・ディラン&ザ・バンド、ウィルソン・ピケット、アレサ・フランクリン。

また、ビートルズは、自分たちの分裂の見通しや、カメラが回っているときに時々起こる緊張感など、もっとドラマチックなことについても語っていた。これらの話の多くは、ハリスンが脱退した直後に起こったもので、彼の日記にも克明に記録されている。
「起きて、トゥイッケナムに行き、昼までリハーサルをして、ビートルズを辞めた」。
“Got up, went to Twickenham, rehearsed until lunchtime, left the Beatles.”

ハリスンがいなくなっても、スター、マッカートニー、レノン(ハリスンが戻ってこなければ、エリック・クラプトンを採用してもいいと言っていた)は、トゥイッケナムの映画スタジオに顔を出していた。リンゼイ=ホッグは、グループの機密性のために『Let It Be』に使用できないとしても、彼らの内部関係やグループの方向性について話すように優しく促す心の余裕があった。

また、レノン、オノ、マッカートニーの3人が昼食をとったスタジオの食堂のテーブルの近くにこっそりマイクを隠し、素晴らしい会話を録音していた。私がもらった音声では、それは突然始まった。

レノン:「つまり、僕は嘘をつくつもりはないんだよ。彼女(オノ)のためなら君たちを犠牲にしてもいい......彼女はどこにでも来るんだからね」。

マッカートニー:「それで、ジョージはどこにいるの?」

レノン:"ジョージがどこにいるかなんて、知るかよ" “Fuck knows where George is.”
     

オノ:"ああ、ジョージは簡単に取り戻せるわよ。"

レノン:"でも、そう簡単にはいかないんだ。だって、傷口が化膿しているんだから......それに、昨日はさらに深くなるのを許してしまったし、絆創膏もあげなかったんだ"

マッカートニー:「ほら、僕は彼が戻ってくることを前提にしているんだよ。彼が戻ってくると仮定しているんだ。"

Lennon: "さて、あなたは..."

McCartney: "もし彼がそうでないなら、そうでないなら、それは新たな問題だ。" “If he isn’t, then he isn’t; then it’s a new problem.”

レノン:"もし彼が欲しいと思ったら......僕はまだ彼が欲しいかどうかわからないけど、もし方針として彼が欲しいと決めたら、僕はそれに従うことができるよ。なぜなら方針が僕たちを一緒にしてくれたからね"
“If we want him – I’m still not sure whether I do want him – but if we do decide we want him as a policy, I can go along with that because the policy has kept us together.”


1967年の夏、ビートルズのマネージャーであるブライアン・エプスタインが急逝したとき、新しいアイデアを出したり、スタジオでの作業を扇動したりする役割をすぐに担ったのがマッカートニーだった。レノンの恨みもあって、ビートルズ史の通説では、このようなビートルズの人間関係の側面を、マッカートニーのボス性という観点から捉えがちだが、映画や本で描かれているのは、共感性、感受性、そして、ますます異なる4人の人間をほぼ同じ方向に向かわせるために必要な忍耐力という、まったく異なる資質である。

オノがレノンのそばにいるという話が出たとき、マッカートニーは「邪魔をしないように」と注意した。「でも、ジョンはいつもそうだし、ヨーコもたぶんいつもそうだろう。それが彼らのシーンなんだ。この件に関しては、やりすぎないように、分別を持って、彼女をミーティングに連れてこないように』と言っても無理だよ。それは彼が決めることだからね。私たちが口を挟むことではありません」。

彼はまた、将来の歴史家がビートルズの解散をどのように理解するかを予見していた。
「50年後には、『ヨーコがアンプの上に座ったから解散した』とか、信じられないようなコミカルな話になるだろうね。何がって、「ほら、ジョンは何度もこの子を連れてきたんだよ。地球を揺るがすような大事件が起きたわけでもないのにね」。

マッカートニーは自己主張が強く、ぶっきらぼうな性格でもありました。リハーサルの初期、トゥイッケナムでは、大規模なライブの見通しが後退し始めていた頃に、このようなことが起こりました。

「私が見る限り、方法は2つしかない。それは前回のミーティングで私が叫んだことでもある。「やるのか、やらないのか。私は決断したい。みんながやるかやらないかを決めている間に、ここで屁をこいて毎日を過ごすほど、僕は興味がないからね。私はやりますよ。みんながやるなら、そしてみんながやりたいなら、それはそれでいい。でも(笑)、ちょっとソフトなんですよね。学校でもそうですよね。あなたはここにいなければならない!」と。でも、私は来ていません。僕は学校を出たんだ。みんな学校を辞めたんだ..."

最初は解散が黙認されていたものの、ビートルズはすぐに消滅してしまう。しかし、その間にも、彼らは互いの違いを乗り越えていった。サブラタやロイヤル・アルバート・ホール、テート・ギャラリーには行けなかったが、アップル社の屋上で演奏したときには、音楽と彼らが創り出したスペクタクルが勝利をもたらした。

また、下の通りでは、2人の警視庁の警官がすべてを閉鎖しようとする騒動がありましたが、このエピソードには反抗的なロマンスが感じられました。リンゼイ-ホッグは後に、「彼らはロックンロールをして、過ぎ去った年のようにつながり、再び友人となった」と書いています。それは見ていて美しかった。"

半世紀後の今、私たちはそれが偶然の産物ではなく、不安定なスタートを切った後の4週間が、その後の証言から想像されるよりもはるかにうまくいっていたことを知っている。レノンは、1月の寒さの中で、「みんな大変な年だった」と歌った。"みんな楽しい時間を過ごした"

10月12日にアップル社とキャロウェイ社から『Get Back』の本が出版されます。
「Let It Be」の新しい拡張版とリミックス版は10月15日から発売されます。
3部構成の「Get Back」ドキュメンタリー・シリーズは、11月25日から27日までDisney+で放送されます。

Beatles on the brink: how Peter Jackson pieced together the Fab Four’s last days



Part4 Final 
この続きは、11月の本編で…



ザ・ビートルズ
『レット・イット・ビー』スペシャル・エディション
2021年10月15日(金)世界同時発売

<商品フォーマット/詳細・収録楽曲>

①レット・イット・ビー スペシャル・エディション (スーパー・デラックス)(完全生産限定盤)(SHM-CD)(5枚組)(Blu-Ray Audio付) 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥19,800 ポイント: 2700pt (14%)
 ←変更になっています。Amazonの動きは分かりません… 



②スペシャル・エディション[2SHM-CDデラックス] 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥3,960ポイント: 396pt (10%)



③スペシャル・エディション[1SHM-CD] 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥2,860 ポイント: 286pt (10%)



④スペシャル・エディション[LPスーパー・デラックス]<直輸入仕様/完全生産限定盤>英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥25,300 ポイント: 2300pt (9%)



⑤スペシャル・エディション[1LP]<直輸入仕様/完全生産限定盤> 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥5,500 ポイント: 500pt (9%)





輸入盤
Let It Be SPECIAL EDITION (SUPER DELUXE)
¥16,913 ポイント: 169pt (1%)



Let It Be SPECIAL EDITION (SUPER DELUXE VINYL) [12 inch Analog]
¥20,979 ポイント: 210pt (1%)



Let It Be SPECIAL EDITION (STANDARD)
¥1,733 ポイント: 17pt (1%)



Let It Be SPECIAL EDITION (STANDARD) [12 inch Analog]
¥3,139 ポイント: 31pt (1%)



Let It Be SPECIAL EDITION (DELUXE)
¥3,023 ポイント: 30pt (1%)












該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/4975-7abf7bf2