fc2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney Beatles & NA Dreamers

ポール・マッカートニーやビートルズから、野球・観光・コロナまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

瀬戸際のビートルズ:ピーター・ジャクソンはいかにしてファブ4の最後の日をつなぎ合わせたか Part3 #Beatles #Getback

瀬戸際のビートルズ:ピーター・ジャクソンはいかにしてファブ4の最後の日をつなぎ合わせたか Part3 #Beatles #Getback

TheBeatles_Doku Get Back

それから数週間から数カ月の間に、私は螺旋状に綴じられた21冊の綿密な記録を受け取り、すべてのオーディオ・レコーディングにアクセスできるようになりました。また、アップル社からiPadを貸与され、その中にはほぼすべての復元ラッシュが収められていました。これは、多くのギャップを埋めてくれる魔法の箱であり、表情による台詞のニュアンスを理解したり、音声が付いていないシーンを見ることができました。このような山のような生の素材を5万語のテキストに編集するのは大変な作業でしたが、毎日が驚きと喜びの連続でした。

その多くは、ビートルズがどのように音楽を作っていたかということに集中していた。神話とは裏腹に、ビートルズは依然として緊密な共同作業を行っていました。このことは、ハリスンが何ヶ月もかけて作っていたラブソング(『サムシング』というタイトルになる予定)について、他のメンバーに助けを求める場面で説明されています。彼はこの新曲の2行目に行き詰まっていました。


ハリスン。"ポール、それは何だろう?何が私を惹きつけたのか、まったく思い浮かばないんだよ。"

レノン:"その都度、頭に浮かんだことを言えばいいんだよ。「カリフラワーのように私を惹きつける」...その言葉が出てくるまでね。"

ハリスン "ああ、でも僕は半年くらい前からこれを繰り返しているよ"

レノン:"15人も参加していないだろうけどね"

ハリスン "いや、あのセリフだけだよ。そのようなものは思いつかなかったんだ。"

ジョン:[歌] ""Something in the way she moves / Attracts..." "attracts "ではなく "Grabs"。"

ジョージ:"でも、言うのは簡単じゃないよね..."

レノン:「南部のホンキートンクのように私を掴む...」。Grabs me like a southern honky-tonk…

音楽の合間には、自分たちの歴史や、昼食に何を食べるか、二日酔いになったときのことなど、尽きることのない会話が繰り広げられた。

ハリソンとレノン:[歌] "Something in the way she moves / And like a la-la-la-la-la..."

レノン:"木の上の猿のように私を掴む...Grabs me like a monkey on a tree…

レノンとハリスン :"彼女の動きの中にある何か/そして僕がしなければならないのは彼女のことを考えること/彼女の見せ方の中にある何か..."
“Something in the way she moves / And all I have to do is think of her / Something in the way she shows…”

ハリスン [ざくろのように私を惹きつける......」 Attracts me like a pomegranate…
それがあってもいい。'Attracts me like a pomegranate." (ザクロのように私を惹きつける)" [笑]

レノンとハリソン。[歌] "Something in the way she moves / Attracts me like a moth to granite..."

ジョージ: "ザクロ" (Pomegranate)

ジョン:"カリフラワー"Cauliflower.

前日、ハリスンは白と紫のまばゆいスーツに身を包んでアップル社に到着し、ピアノの前に座って、またもや新曲を初披露した。レット・イット・ビー」のセッションが徹底的に惨めで険悪なものであったという考えに、即座に解毒剤を与えたいのであれば、その後の展開は完璧である。

マッカートニー:「お元気ですか?」 How are you?

ハリスン:「ああ、とても遅くまで寝ていたよ。実はいい曲が書けたんだ...(熱狂的に)ハッピーでロッカーだよ」。happy and a rocker

レノン:"家に帰ると、こんなにハイになるんだ......夜、家に入ると、すごくハイになるんだ"

ハリスン "ああ、最高だよね"


レノン:「私はただ座って最後のテイクを聴いていました。"What have I had? 今日は何を食べたんだろう?" 彼女(オノ)に "何か食べた?"って聞くんだよね」。

オノ:"全体的にハイになっているんだね"

レノン:「ただ・・・・・・うーーーん!?どうしても眠れないんだ...」

ハリスン "ああ、もう寝ようかな "と思っていると、10年ほど前のあなたの声がずっと聞こえてくるんです。"すぐに(曲を)仕上げなさい。あなたは以前、私にこう言いました..."

レノン:「ああ、曲か......でも、絶対にやらないんだよね。やれないんだ。でも、最高なのはわかっている。"

マッカートニー[ハリスンに]。"じゃあ、何ていう曲?"

ジョージ:「タイトルはないよ。もしかしたら、どこかにタイトルがあるかもしれないよ。"

そして、『ジョンとヨーコのバラード』のB面に収録されることになる「Old Brown Shoe」を演奏した。
マッカートニーは、ドラム、そしてギターを逆さまにして演奏し、ビリー・プレストンがベースを担当した。その日のうちに、5人は「Get Back」の素晴らしいバージョンを録音しました。
この曲は、ジェットコースターのようなロックンロールで、この時代を代表する曲と言っても過言ではありません。





Part3、終了!
残りは、あと1つ!
Part4 ファイナルへ



ザ・ビートルズ
『レット・イット・ビー』スペシャル・エディション
2021年10月15日(金)世界同時発売

<商品フォーマット/詳細・収録楽曲>

①レット・イット・ビー スペシャル・エディション (スーパー・デラックス)(完全生産限定盤)(SHM-CD)(5枚組)(Blu-Ray Audio付) 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥19,800 ポイント: 2700pt (14%)
 ←変更になっています。Amazonの動きは分かりません… 



②スペシャル・エディション[2SHM-CDデラックス] 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥3,960ポイント: 396pt (10%)



③スペシャル・エディション[1SHM-CD] 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥2,860 ポイント: 286pt (10%)



④スペシャル・エディション[LPスーパー・デラックス]<直輸入仕様/完全生産限定盤>英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥25,300 ポイント: 2300pt (9%)



⑤スペシャル・エディション[1LP]<直輸入仕様/完全生産限定盤> 英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
¥5,500 ポイント: 500pt (9%)





輸入盤
Let It Be SPECIAL EDITION (SUPER DELUXE)
¥16,913 ポイント: 169pt (1%)



Let It Be SPECIAL EDITION (SUPER DELUXE VINYL) [12 inch Analog]
¥20,979 ポイント: 210pt (1%)



Let It Be SPECIAL EDITION (STANDARD)
¥1,733 ポイント: 17pt (1%)



Let It Be SPECIAL EDITION (STANDARD) [12 inch Analog]
¥3,139 ポイント: 31pt (1%)



Let It Be SPECIAL EDITION (DELUXE)
¥3,023 ポイント: 30pt (1%)











該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/4974-f5343e00