fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

“Welcome to Harrold, Paul,”、心温まるイギリスの田舎・ハロルドで、Paul McCartneyはHey Judeを初披露!

管理人さん

管理人さん

Dad remembers 'magical night' Paul McCartney debuted 'Hey Jude' in a Beds village pub
“Welcome to Harrold, Paul,”、心温まるイギリスの田舎・ハロルドで、Paul McCartneyはHey Judeを初披露!

ポール・マッカートニーがa Beds village pub・ベッズ村のパブで「Hey Jude」を披露した「魔法の夜」を父が覚えている
ビートルズのフロントマンはHarrold ハロルドに現れ、歯医者の家で夕食をとり、村のパブで演奏しました。

ハロルドにたどり着いたPaul McCartneyはHey Judeを初演奏した

1968年6月30日の日曜日の夜、ポール・マッカートニーはBedfordshire ベッドフォードシャーの小さな村に突然現れ、「Hey Jude」を初披露し、村人たちを驚かせました。

ベッドフォードシャー (Bedfordshire) はイングランド東部にある典礼カウンティで、ベッドフォードシャー州 (the county of Bedfordshire, Bedfordshire county) とも呼ばれる。

ポールと一緒に彼のマネージャーのデレク・テイラー、アラン・スミス(ニューミュージカルエクスプレスのレポーター)、ピーター・アッシャー(ポップデュオのピーターとゴードン、そしてポールとの関係が崩壊しようとしていたジェーン・アッシャーの兄弟)と、ビートルズに関する本を書いた(アップル組織の)トニー・ブラムウェルがいました。

ブラッドフォードからロンドンに向かう途中、ビートルズのフロントマンが「一番いい響きの名前の村に寄ろう」と提案したところ、それがたまたまベッドフォードシャーのハロルドだったのです。

この決断が、「村の歴史の中で最も魔法のような夜」につながり、マッカートニーが「Hey Jude」を歌っているときに隣に座っていたハロルド村のジョン・キーチさんは、そのことを懐かしく思い出しています。

ジョンさんはBedfordshire Liveの取材に応じ、忘れられない夜について語りました。

「日曜の夜にハロードのパブに行って、ポール・マッカートニーと一緒に歌うことになるとは思わないでしょう。でも、信じられないかもしれませんが、あの魔法の夜にはそれが起こったのです!」とジョンは笑います。とジョンは笑う。


"ハロルド誕生以来の不思議な出来事"
プレス担当のデレク・テイラーは、回顧録『As Time Goes By』の中でこう書いている。
「the South Midlands 南部ミッドランズから the Northern Home Counties 北部ホームカウンティーズに近づくにつれ、the acidが本当に跳ね始めた。昼下がり、もしこの地に天国があるとすれば、今晩、緑と金色に輝く神々しい田園風景の中にあるはずだと私は思っていた。」

「星の上でスイングして、月の光を瓶に入れて持ち帰りたい?」
「Yes」とピーター・アッシャー が言った。
「どこに行きたいの?」 と聞いたら、“AA Book,”「AAブック」とポールが言った。
「ベッドフォードシャーの最も美しい名前を選んでくれ」私は言った「そこに行くべきだよ」と。
ピーターは、2時間以上も地図を見ていたようで、15秒後に "Harrold "と言いました。

「運転手は、M1を離れ、B、C、Dの各道路を這うようにして、自分も含めて車内の誰も聞いたことのないような村に行くことに、当然ながら喜びを感じていた。ベッドフォードシャー州を走り、標識を確認しながら進んでいくと、村の標識にたどり着いた。Harrold」。ああ、これは日曜日の楽しい光景だ。

デレクは、ハロルドを「世界大戦で守るために戦ったはずの村」と表現した。
彼らはすぐに「世界で最も美しい村のパブ」であるThe Oakley Armsに入った。

パブでは、Gordon Mitchell ゴードン・ミッチェルという地元の歯科医と話が弾み、彼の家に行くことになった。そこでは、世界的に有名なミュージシャンが食卓についていることを信じられないような家族が宴席を設けていた。

歯医者の家でギターを渡されたポールは、「Hey Jude」が録音される1カ月以上も前に、家族に向けて演奏したのだ。

ポール・マッカートニーがその週に作った曲を演奏し始めると、歯科医とその妻、窓や応接室に詰めかけた近所の人たち、そして子どもたちは皆、息を呑んだ。"Hey, Jude "の始まりである。

この時、午後11時を回っており、The Oakley Arms オークリー・アームズはその夜の営業を終了していたが、「ポールの名誉のために」再営業するとの使者が家に来たので、皆で飲みに戻ったという。

"ポール・マッカートニーとパブで飲んできたよ"
このとき、ハロードに住む建築業者のFrank Keech フランク・キーチは、家の中でテレビを見ていた。
「日曜日の夕方だったので、朝の仕事に備えて準備をしようと思ったのだ。タバコを切らしていたので、パブに行って月曜日用のタバコを買ってこようと思ったんだ」とジョンは振り返る。

Oakley Armsに着くと、外に大きなロールスロイスが置いてあるのが目に入った。
ジョンがパブに入っていくと、誰かが彼に「ポール・マッカートニーに会いたいと思わないかね?」

ジョンは、その人がふざけているのだと思い、こう答えました。「でも、今日、彼がいるところに行くのはちょっと大変ですよね」と答えると、男は「そうですね、たまたま彼はラウンジにいますから、そこを通ってください」とジョンに言った。
ラウンジに着いたジョンは、ポール・マッカートニー本人に出迎えられて目を疑った。

ポールとジョンは、ビートルズよりもローリング・ストーンズのファンであることをポールに認めていたが、話をしているうちに共通点が多いことに気づいた。

ジョンはポールの前年にリバプール総合病院で生まれ、リバプールで育ったことや、そこからどのように前進してきたかを話した。

「彼は、とても愛らしく、純粋な人でした。私の話にとても興味を示してくれました。私の仕事や家族のことを聞いてきました。あまりにも現実離れしていたので、一晩中、夢を見ているのではないかと思ったよ」とジョンは語っている。

ポールは、ジョンに Judeジュードという幼い娘がいることを知ると、誰かにピアノの準備を頼んで、ジョンにピアノのスツールの隣に座るように言いました。

ジョンはこう答えた。「僕はピアノが弾けないんだ。」

「そんなことはどうでもいい、弾けるふりをすればいいんだ。誰にもわからないよ」とポール・マッカートニーが言った。

そして、ビートルズのフロントマンは、ジョンが隣のピアノに座っている間に、十数人の部屋で「Hey Jude」を弾き始めました。

心温まるイギリスの田舎・ハロルドにたどり着いたPaul McCartney

終わった後、彼はジョンに向かって「この曲を公の場で演奏したのは初めてだ」と言った。この曲が、後に最も愛される曲の一つになるとは、二人とも知らなかった。

この後、ジョンはポールに「家に帰って妻に居場所を伝えた方がいい」と言った。
家に帰ると、妻はこう言った。「どこに行っていたの?1時間も外出していたのよ!」と言った。
「ポール・マッカートニーと一緒にパブで飲んでいただけだよ」とジョンは答えた。
妻は「今まで散々な言い訳を聞いてきたけど、その中でもあなたの言い訳は一番ね!」と言っていました。

心温まるイギリスの田舎・ハロルドで、Paul McCartneyはHey Judeを初披露

ハロルドでPaul McCartneyはHey Judeを初演奏

その後、ジョンとその家族はパブに戻り、世界で最も有名なロックスターと一緒に歌い、おしゃべりをして「魔法のような」夜を楽しんだ。

デレクの回想録には、「村中の人が集まってきた。ポールはピアノを弾いていたが、3時になると一人の女性が立って“The Fool on the Hill”を歌ったので、ポールはピアノを離れて彼女と踊り、頬にキスをした。私は小さな庭に座って、ハロルドに来たことを喜んで泣いた。」

「私たちは、the Harrolds ハロルドの人たちに手を振ってもらいながら出発しました。もう二度と戻ることはありませんでしたし、ハロルドがそこにあるかどうかを確かめるために、二度と地図を見ることもありませんでした。

ジョンとハロルドの村人たちは、ポール・マッカートニーの印象に残っていたようで、ポール・マッカートニーはその夜のお礼にシャンパンの箱を送ってきた。

「もうポール・マッカートニーに会うことはないだろう」とジョンは言った。「でも、不思議なこともあるもんだね」。

Dad remembers 'magical night' Paul McCartney debuted 'Hey Jude' in a Beds village pub

Gordon Mitchell’s Story

haru様よりリクエストを頂き、掲載致しました。ご紹介のサイトとは、ちょこっと異なる内容もありますが、「ゆめ」のような話ですね。
こちらのサイトも、オススメです。ご覧になって下さいね。
ヘイ・ジュードが世界で最初に歌われた村(集英社 kotobaより)



こちらの本で更に楽しく読めます。連休の間に如何ですか。


Comments 0

There are no comments yet.