FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

映画「ヒア・アフター」(HERE AFTER)クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)と津波とTUNAMI

映画「ヒア・アフター」(HERE AFTER)クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)と津波とTUNAMI

2010年度の映画作品(日本では2011年公開)ですが、DVDで、ようやく見ました。
その映画は、「ヒア・アフター」(HERE AFTER)です。


物語・フランスの女性ジャーナリストのマリーは、津波にのまれた時に臨死体験を経験。
イギリスの少年マーカスは、愛する双子の兄を亡くしてしまった悲しみから立ち直れず、兄と再会することを望んでいた。
アメリカ人ジョージは、かつて霊能者として知られた人物だが、次第に自らの才能を嫌悪、その才能を用いずに生きていた。
死という謎にとりつかれたこの3人が、ある日ロンドンで出会うことになる。





アメリカ、フランス、イギリスと国際的な舞台で、しかも、野外ロケーションが多いので、各都市・建築物が美しく映し出されています。然しながら、作品の内容は、不思議で悲しい物語ながら、希望が見い出せる作品です。
この不思議な感じは、「未知との遭遇」(Close Encounters of the Third Kind, 1977年)スティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督作品を見た時のような感覚です。
臨死体験や霊能力など、そんなバカなと思うような事柄が、作り出されたストーリーなのか?事実に基づいたストーリーでは?と錯覚してしまうような感覚になる。
この手のストーリーは、フィクションが根底となっているので、物語に入り込めない時があるが、今回は、説得力のある映像で表現している事と、映画のファースト・シーンが津波である事が影響しているのかな?


ところで、この作品は、日本では、2011年2月19日公開でしたが、3月11日以降の3月14日で上映が中止となっています。
その理由は、2004年のスマトラ沖地震による大津波に遭ったヒロインの臨死体験を描く場面があり、大津波のシーンが日本で起きた震災を連想させることや震災の状況を配慮しての判断だと言われています。
確かに、このシーンは迫力とリアリティを求めて映像化されており、本当の津波のシーンかと思うような感じであった。
DVDの特典映像でも、津波の映像制作シーンが盛り込まれている程、彼らにとって、自信のある制作だったのだろう。


ところで、この特典映像で、出演者が英語で「TUNAMI」と発音しています。
英語圏では、tidal waveとの言葉使われていましたが、この語は本来、潮汐 (tide) による波を指し、地震による波にこの語を使うのは学問的にふさわしくないとされ、現在では 、日本語のtsunami(地震などによる高波) と表現されるようになった。
これは、2004年のスマトラ沖地震による大津波以降だそうです。


日本の映画館では、もう見れない映画かと思いますが、DVDで、皆さん、色々と感じ取って頂けたと思います。
尚、このDVDは、ワーナー・ブラザース・ホーム・エンターテイメント・グループからリリースされましたが、同社はその収益の一部を東日本大地震で被災した人々のための義援金として寄付する(その金額は100万ドルを超えると言われています。)ことを発表しています。


Movie "HERE AFTER" (Clint Eastwood) and TUNAMI

It was a motion picture of 2010 (I show it in Japan in 2011), but, with DVD, finally looked.
The movie "is HERE AFTER".

When I was swallowed up by a tsunami, Mary of a story, the French woman journalist experiences near-death experience.
British boy Marcus could not recover himself/herself from the sorrow that had lost beloved twin older brothers and wished I met an older brother again.
American George was the person who was ever known as medium, but I gradually hated own talent and lived without using the talent.
One day these three people possessed a mystery called the death will meet you in London.

I am beautiful, and, on U.S.A., France, the U.K. and an international stage, each city, building is projected, besides, because there are many outdoor locations. However, contents of the works are the works which hope can find in spite of being the story that is sad with a wonder.
This mysterious feeling is a sense to be when I watched "Close Encounters of the Third Kind" (Steven Spielberg) supervision work.
It is in a sense mistaking と in the story that was based on a fact whether such fool expected matter including near-death experience and the psychic power is a created story.
Because fiction becomes the root, this kind of story cannot sometimes get into the story, but does it influence it that what I express with a persuasive picture this time and the first scene of the movie are tsunamis?

By the way, this work was a February 19, 2011 exhibition in Japan, but the screening is called off on March 14 after March 11.
As for the reason, there is a scene to describe the near-death experience of the heroine who encountered the massive tsunami caused by the Sumatra offing earthquake of 2004 in, and it is said that it is a judgment that I consider the situation of a thing and the earthquake disaster that the scene of the massive tsunami reminds of the earthquake disaster that got up in Japan.
This scene was picturized for force and reality and was surely the feeling that I thought whether it was the scene of a true tsunami.
For them, it would be production with the confidence so that a picture production scene of the tsunami was included with the privilege picture of the DVD.

By the way, with this privilege picture, a performer pronounces it "TUNAMI" in English.
In the English zone, it was used the words with tidal wave, but I pointed to the wave by the ebb and flow, and it was said that what used this word for the wave caused by the earthquake did not deserve to be you scientifically, and this word came to be originally expressed with high waves) caused by Japanese tsunami( earthquakes now.
This after the massive tsunami caused by the Sumatra offing earthquake of 2004.

In the movie theater of Japan, I think whether it is a movie not to be able to watch anymore, but think that I had you take in it with DVD in various ways, everybody.
In addition, this DVD was released by the Warner brothers home entertainment group, but the company contributes a part of the profit as a contribution for the people whom I suffered from by East Japan major earthquake (said that the amounts of money exceed 1 million dollars.) I announce the thing.

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/436-fd634ff0