FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney Ⅲ & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

サー・トム・ジョーンズとザ・ビートルズのサー・リンゴ・スターがトリビュートでフィリップ殿下との写真を公開 #TomJones #Beatles #Ringo Starr #PrincePhilip

Sir Tom Jones and The Beatles’ Sir Ringo Starr share photos with Prince Philip in tribute
サー・トム・ジョーンズとザ・ビートルズのサー・リンゴ・スターがトリビュートでフィリップ殿下との写真を公開

サー・トム・ジョーンズとザ・ビートルズのサー・リンゴ・スターがトリビュートでフィリップ殿下との写真を公開

サー・トム・ジョーンズとビートルズのドラマー、サー・リンゴ・スターが、亡くなったエディンバラ公への追悼の意を込めて、フィリップ殿下との思い出の写真を公開しました。

国民がフィリップ殿下の死を悼む中、英国の著名人たちがエディンバラ公への賛辞をソーシャル・メディアで発信しています。
最近では、サー・トム・ジョーンズとビートルズのドラマーであるサー・リンゴ・スターの2人の王国騎士が、女王の亡き夫との50年以上前の写真を公開しています。


2006年に女王陛下からナイトの称号を授与されたトム・ジョーンズ卿は、1969年のロイヤル・バラエティー・パフォーマンスでフィリップ王子と一緒に笑っている写真を投稿しました。

有名な話ですが、フィリップ王子はその夜のパフォーマンスの後、サー・トム・ジョーンズに "何でうがいをするんだ、小石か?"と尋ねていました。

また、翌日には、「最も醜い歌を歌うことで絶大な価値を得ることができるとは思えない」と、これまた有名な失言をしています。

また、別の機会には、イギリスで金持ちになるのは難しいという話をしながら、公爵はこう言った。
「トム・ジョーンズはどうだ?彼は100万ドルを稼いだが、血の気の多いひどい歌手だよ。」


とはいえ、トム卿は明らかにすべてを受け入れており、インスタグラムにこう書いています。
「フィリップ皇太子(エジンバラ公)、私たちが皆、人間であることを常に思い出させてくれる素晴らしい人物です。永遠に感謝します。サー・トム・ジョーンズ」


一方、2018年にウィリアム王子から爵位を授与されたリンゴ・スター卿は、1960年代に自分とビートルズが公爵と出会った時の写真を公開しました。
80歳の彼は、フィリップ殿下と握手した正確な瞬間を投稿しました。


ザ・ビートルズのサー・リンゴ・スターがトリビュートでフィリップ殿下との写真を公開

サー・リンゴはこの投稿にキャプションを付けました。
"God bless the Duke of Edinburgh peace and love to all the family peace and love."。


リバプール・エコー紙によると、フィリップ王子はビートルズとの面会後、ビートルズを「グッド・チャップス」 “good chaps” と呼んだそうです。

1964年3月23日、公爵はレスター・スクエアのエンパイア・ボールルームでファブフォーに2つのカール・アラン賞を授与し、ジョン・レノンと本について語りました。

同年の『ニューヨーク・タイムズ』紙によると、フィリップ殿下はビートルズが「参考になる」影響を与えてくれたと述べている。
また、ダンスで歌うときにどれだけ音を立てても気にならないと語っていた。
しかし、その代わりに反対するのは「喧嘩と盗み」 “fighting and stealing”だと述べている。


フィリップ殿下は、「この人たち(ビートルズ)は、人々が楽しむのを手助けしているように思えるし、それは他のものよりはるかに良いことだと思う」と付け加えました。

母王、マーガレット王女、スノードン卿は、その前年にロイヤル・バラエティ・ショーでビートルズの演奏を見ている。

レノンが観客に向かって言った有名な言葉がある。
「次の曲では、皆さんにも参加していただきたいと思います。安い席の人は手を叩いてください。それ以外の人は宝石を鳴らしてもいいよ。」


その後、バンドと対面した王太后は、ビートルズの演奏をどれだけ楽しんだかを伝え、次の公演はどこかと尋ねたという。
ファブ・フォーは、クイーン・マザーに「スラウ」“Slough” と言うと、彼女はこう答えた。
「ああ、それは私たちの近くね!」と答えた。


ジョージ6世の未亡人は、ビートルズをどう思うかと聞かれてこう答えた。
「彼らはとても新鮮で活力があります。私はただ彼らを崇拝しています」と語りました。


フィリップ殿下は、100歳の誕生日を2ヶ月と1日後に控えた昨日の朝、ウィンザー城で亡くなりました。
エディンバラ公の葬儀は4月17日(土)に行われ、午後3時に国民の黙祷とともにテレビ放映される予定です。


Sir Tom Jones and The Beatles’ Sir Ringo Starr share photos with Prince Philip in tribute~express UK


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/4293-faf3921a