FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney Ⅲ & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

Third Man Pressing Plant と studio を見学しよう!THIRD MAN RECORDS

昨日、突然発表されたPaul McCartneyの「McCartney Ⅲ」ですが、一番驚いたのが、これですね。

McCartney Ⅲ 3 3 3 Edition が発売されます!Third Man Records.とのコラボ!!!

何だ!このイエローは!ブラックの背景にイエローとは…決して趣味が良いとは言えないが、でも惹きつけられるデザイン…でも、このアルバムの発売会社って、日本では馴染みがありませんので、もしかして…海賊盤!?なんて声も聞かれますが、正規のレコード会社なんですよ。レコードもプレスします。こちらをご覧になって下さいね。



Third Man Pressing Plant と studio を見学しよう!THIRD MAN RECORDS

サードマン・レコードは、デトロイトの歴史あるキャス・コリドー地区の中心部に、最先端のレコード制作施設を正式にオープンしました。この1年間、創造的なエネルギーと情熱を注ぎ込み、細心の注意を払って設計されたブティック型のレコード制作施設を作り、ユニークな顧客体験を提供することに費やしてきました。サードマン・プレッシングは、サードマン・レコードの故郷である、音楽の歴史に彩られた豊かな街の中にある近隣地域への投資であり、多産であると同時に刺激的な空間を創り出しています。

Third Man Pressing Plant と studio を見学しよう!THIRD MAN

サードマン・プレッシングは、環境に配慮した最新のプレス機械を導入した最初のレーベルであり、レコードの養生工程で発生する水を空調システムに再利用することで水の無駄を最小限に抑え、世界で唯一の完全に空調されたプレス工場の作業環境を実現しています。

各プレスステーションには、温度、油圧圧縮、押出機の速度などをデジタルタッチスクリーンでコントロールできるようになっており、高度な訓練を受けたスタッフの管理能力が向上し、より優れた製品を生み出すことができます。この工場は、環境的に持続可能なだけでなく、革新的な騒音低減のための建設技術により、地域社会に配慮した設計となっています。

Third Man Pressing Plant と studio を見学しよう。THIRD MAN RECORDS

35年ぶりに新設された8台のプレス機に加え、4台の押出機、4台の油圧発電機(すべて新品)を稼働させています。
プレスは需要に応じて12 "LPまたは7 "シングルを収容することができます。
世界で唯一、完全に空調管理されたプレス工場の作業環境
最新のプレス機械と専用の製造インフラを完備しています。
水の持続性を最大化するクローズドループ冷水システム
4つの高効率油圧システムを専用の収容室に隔離
温度、油圧圧縮、押出速度のデジタルタッチスクリーンコントロール
外部からの騒音公害を最小限に抑えるために設計されたサウンド・コンテインメント
世界で最も評価の高いレコーディングスタジオのいくつかを担当しているオーディオおよびスタジオ製作の専門家によって構築されました。
容量は8時間のシフトで5000レコード、現在のサイクルタイムは1レコードあたり約45秒と推定されています。
競争力のあるターンアラウンドタイム
キャス回廊のアーティスト、ロバート・セストックによる壁画

Third Man Pressing Plant と studio を見学しよう!




なかなか立派なレコード工場でしょう。そう思うと尚更、購入できなかったのが、残念…

McCartney III -333 Editionは333枚限定で、McCartneyとMcCartney IIの33枚のリサイクル・ヴァイナルを使用して、サード・マン・プレッシング社の「イエロー・ウィズ・ブラック・ドット」のヴァイナルでプレスされています。この特別な "リグラインド "プレスは、マッカートニーの3枚目のセルフタイトルのソロ・アルバムの最初のバージョンとなります。

McCartney Ⅲ 3 3 3 Edition が発売されます!Third Man Records.とのコラボ ソールドアウト

でも、まあ、今回の発売で、多くの方に知れ渡ったので、良かったですね。

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

A.S says..."てんとう虫!?"
東洋化成pressing スー玉exclusive yellow with red dot vinyl をリリースしてくれたら、西成に走ります(笑)(笑)
2020.10.22 22:36 | URL | #CSRYynVE [edit]
管理人からA.S様へ says..."Re: てんとう虫!?"
A.S様 レコードへのコメントありがとうございます。
あっ!私も一緒に買いに行きます(笑)。
日本での発売のレコードは、日本製にして欲しいですね。
2020.10.23 00:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3611-d76a0792