FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

未発表のビートルズ・ソング「JustFun」がジョン・レノンの80周年に再訪されます。

ポール・マッカートニー、曲を書いているときもジョン・レノンの声を聞く

ポール・マッカートニーとジョン・レノンが一緒に曲作りを学び始めたのは60年以上前のこと。

ティーンエイジャーのカップルのパートナーシップから始まったことは、20世紀の最も象徴的なポップミュージックグループへと成長しました。今日に至るまで、マッカートニーは今でもジョンの批評を思い浮かべずに曲を作ることはできないと言います。

ポール・マッカートニーとジョン・レノン 2

マッカは、10月9日のレノンの80歳の誕生日に先駆けて、今週の土曜日と日曜日、10月3日と4日の2部構成でBBCラジオ2とBBCサウンズで放送される予定のBBCラジオドキュメンタリー「John Lennon at 80」でこのことを明かしました。

「ビートルズが解散してからずっと、一緒に曲を書いたり、一緒にレコーディングしたりしていなかったから、それぞれが他の人のことを参考にしていたんだと思う」とマッカートニーはNMEに提供されたクリップの中でホストのショーン・オノ・レノンに語った。

「何かを書いているときに、『Oh, God, this is blood awful ああ、これは血の気が引く』と思ったんだ。」
"What would John say? ジョンは何て言うかな?"って思って... "そうだね "そうだな、君の言う通りだ "変えなきゃ 彼も似たようなことをしていたと 報告を受けている もし僕がレコードを出すと、彼はこう言うだろう。ポールよりも良いものを作ろうとしたんだ』と言っていたよ」と語った。

スペシャルでは、マッカートニーはジョンと初めて一緒に作った曲、1957年頃に二人で作った曲「Just Fun」を再訪しています。
「Just Fun 」については、1970年の映画『Let It Be』に収録されています。

1970年のドキュメンタリー映画『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督がカットした新バージョンが来年の夏に公開される予定です。生き残ったビートルズのマッカートニーとリンゴ・スターは、この映画を、バンドのキャリアの中で困難な時期を再構築し、彼らの違いにもかかわらず、ファブ・フォーがバンドの解散を通して友人であり続けたことを示したと繰り返し称賛しています。

ポール・マッカートニーは、ロンドン時間の午後9時から10時の間に10月3日と4日に放送されるBBCの特別番組「John Lennon at 80」の一部としてこの曲を再生します。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3543-e514d39b