FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ジョン・レノン、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに

ジョン・レノン、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに

JohnLennon630

ジョン・レノンは新たなドキュメンタリーがブリットボックス BritBox で12月に放送されることが決定している。

ブライアン・グラント Brian Grant(Video Killed the Radio Star)が監督を務めた『レノンズ・ラスト・ウィークエンド』 Lennon’s Last Weekend は1980年12月の死の直前に行われたBBCラジオのアンディ・ピーブルズ Andy Peebles によるインタヴューに焦点を当てたものとなっている。

ジョン・レノン、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに

アンディ・ピーブルズによるインタヴューでジョン・レノンはザ・ビートルズの解散やオノ・ヨーコとのアルバム『ダブル・ファンタジー』、ポール・マッカートニーとの関係、ポール・マッカートニーのソロ作などについて語っている。

そして、アメリカとイギリスの政治問題、彼の家族、そしてリバプールへのホームシックについて率直に話しました。また、フィル・スペクター、エルトン・ジョン、ミック・ジャガー、デヴィッド・ボウイとの仕事や、"イマジン "や "ギブ・ピース・ア・チャンス "などを含むソロ・アルバムをどのようにプロデュースしたかについても語った。

ドキュメンタリーはジョン・レノンの死から40年となることを受けて放送されるもので、ジョン・レノンについて語った新たなインタヴューも盛り込まれるという。

John Lennon Documentary Gets U.S. Premiere on BritBox

Sky Arts UKのMGMM Studiosによって制作され、Abacus Media Rightsによって放送されます。
Abacus Media Rightsは、このドキュメンタリーをSBS(オーストラリア)、DR(デンマーク)、Movistar+(スペイン)、TV4(スウェーデン)にも販売している。

独占放送するブリットボックスのCEOであるソーミャ・スリラマン Soumya Sriraman は『ヴァラエティ』誌に語っている。「優れたイギリスの番組の本拠地としてブリットボックスは愛されているイギリス人ミュージシャンの物語を視聴者にお届けできることを誇りに思っています」

「BBCによるジョン・レノンの最後のインタヴューに関するこのドキュメンタリーは生誕80周年となる年に彼の人生と伝説を祝福するものになればと思います」

BritBoxは米国で100万人以上の加入者を抱え、25カ国に展開している。

一方で、ジョン・レノン殺害事件の犯人マーク・チャップマンに詳しく迫るスカイオリジナルのドキュメンタリー「Let Me Take You Down」も、12月のミュージシャンの没後40周年に間に合うように準備されていると見られている。

ジョン・レノン、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに~NME JAPAN

John Lennon Documentary Gets U.S. Premiere on BritBox

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3521-6e6fd539