FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

2020年の上半期にアメリカで34年ぶりにアナログ盤の売上がCDの売上を上回ったことが明らかになっている。

アメリカで34年ぶりにアナログ盤の売上がCDの売上を上回ることに

2020年の上半期にアメリカで34年ぶりにアナログ盤の売上がCDの売上を上回ったことが明らかになっている。

2020年の上半期にアメリカで34年ぶりにアナログ盤の売上がCDの売上を上回ったことが明らかになっている。

アメリカレコード協会の発表によれば、2020年上半期のアナログ盤の売上は2億2310万ドル(約246億円)で、CDの売上は1億2990万ドル(約138億円)だった。アナログ盤の売上がCDを上回るのは1986年以来となっている。

2020年上半期の全米の音楽ソフトの売上は570億ドル(約6兆円)で、前年比5.6%上昇している。このうちの85%はストリーミングによる収入で、有料ストリーミング・サービスのユーザーは前年比24%増加している。

今年の初めに2010年代に最も売り上げたアナログ盤の上位10枚のランキングが発表されており、そのほとんどを2010年代以前にリリースされた作品が占めている。

2010年代にリリースされたアルバムで上位10作品にランクインしているのはわずか2枚で、オリジナル・アルバムとしては28万3000枚を売り上げたラナ・デル・レイの2012年発表のアルバム『ボーン・トゥ・ダイ』が10位にランクインしているのみとなっている。

2010年代にリリースされた作品としてランクインしているもう1作品としては、2014年にリリースされたコンピレーション・アルバム『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:オーサム・ミックス Vol.1』が36万7000枚を売り上げて3位にランクインしている。

2010年代に最も売り上げたアナログ盤はザ・ビートルズの1969年発表のアルバム『アビイ・ロード』で、55万8000枚を売り上げている本作は37万6000枚を売り上げて2位にランクインしているピンク・フロイドの『狂気』に20万枚近くの差をつけている。

2010年に最も売り上げたアナログ盤上位10作品のリストは以下の通り。

01. The Beatles – ‘Abbey Road’ (558,000 copies)
02. Pink Floyd – ‘Dark Side of the Moon’ (376,000 copies)
03. Guardians of the Galaxy Awesome Mix Vol. 1 (367,000 copies)
04. Bob Marley & The Wailers – Legend (364,000 copies)
05. Amy Winehouse – Back to Black (351,000 copies)
06. Michael Jackson – Thriller (334,000 copies)
07. The Beatles – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (313,000 copies)
08. Fleetwood Mac – Rumors (304,000 copies)
09. Miles Davis – Kind of Blue (286,000 copies)
10. Lana Del Rey – Born To Die (283,000 copies)


アメリカで34年ぶりにアナログ盤の売上がCDの売上を上回ることに



レコードの売り上げは物理的な媒体全体の62%を占めたが、物理的な媒体全体の売り上げは前年同期比23%減だった。RIAAはこれについて、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によって、販売店が閉鎖されたためとしている。

 レコード人気は、収集家やA面B面を懐かしむ流行に敏感な層によって復活していたが、今回レコードの売り上げがCDを上回ったことは、レコードにとって転機となったといえる。

 だが、レコード市場はいまでもニッチなままだ。RIAAによると、今年上半期の収入の85%がストリーミングによるもので、前年同期比12%増の48億ドル(約5094億円)に上った。定額制(サブスクリプション)サービスの利用者増加が一因だという。

 スポティファイ(Spotify)やアップルミュージック(Apple Music)、アマゾン(Amazon)などの定額制サービスの利用者数は、前年同期比24%増の7200万人だった。(c)AFP

レコードの売り上げ、CDを上回る 米業界団体報告

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

KK says..."売れ方"
売れる媒体がストリーミングサービスが主流で、フィジカルだはCDからレコードへ移行というのは、知ってはいても数字で見るとやはりびっくりします。ガラパゴス的な日本ではフィジカル率、つまりマテリアル主義ってことですかね〜、少し違った傾向かもしれませんが、ストリーミング化の流れでしょう。さしづめCDショップが骨董屋になってしまう。自宅やクルマにCD付いてないなんて人も出てきてますよね。

レコードの売れ方からみるとビートルズが強くて嬉しいし、さすが二位はピンクフライド。ロックファンとしての超定番。おそらくイーグルスやAC DCも近くにいるのでしょう。けど、往年の名盤ばかりというのもなんとも言えません。2010年代以降のアーティストが1組のみでは、逆に音楽業界の衰退が心配になります。
年長のロックファンは既にレコードを持っているはずなので、誰がレコード買ってるのだろう。私がよくいくお店では中高年男性ばかりなので、余裕できて買い直し、出戻りロックファンなのかな。デモグラフィックデータないのかな。
M1.F1層でも買う人はいるでしょうけど、急増したり、定着したりしない気もします。

ビートルズがCD化された年、1987年にはサージェントペパースが人気でしたが、アビーロード が逆転した感じもします。
2020.09.12 07:17 | URL | #hoJw6rrM [edit]
管理人からKK様へ says..."Re: 売れ方"
KK様 どうなるCDへのコメントありがとうございます。
自宅や車からCD再生機がなくなる!?
パソコンにCDドライブがあるので聞いていますが、専用プレーヤーなんて、いつの間にかなくなりました。
代わりにレコード・プレーヤーを買われる方が増えるのかな…
ん!?車に例のレコード・プレーヤーが再登場!?まさかね…(笑)
2020.09.12 22:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3514-50dd3839