FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

“Back In Brazil”について、Paul McCartneyが語った舞台裏映像が公開

ポール・マッカートニーは“Back In Brazil”について語った舞台裏映像が公開されている。

“Back In Brazil”は2018年9月にリリースされた通算17作目のソロ・アルバム『エジプト・ステーション』に収録されていて、公開された映像はポール・マッカートニーとミュージック・ビデオの監督を務めたチャーリー・ライトニングが“Back In Brazil”について語るものとなっている。

“Back In Brazil”について、Paul McCartneyが語った舞台裏映像が公開

バイーア州サルバドールで録音されたビデオクリップのビデオを公開しました。

ポール・マッカートニーは、サンパウロで1日オフがあった時に、彼がブラジル人と音楽への私たちの愛に触発されたので、曲を書くことに決めたと言うことから始まります。彼は頭の中にリズムがあり、そこから「Back in Brazil」と書いたと語っている。

公開された映像はこちらから。



チャーリー・ライトニングは自身が監督を務めたリアム・ギャラガーのドキュメンタリー『アズ・イット・ワズ』が9月25日より日本公開されることが決定している。

ドキュメンタリー作品『アズ・イット・ワズ』は「オアシス時代の目も眩むような、まさに“Champagne Supernova”と言える時期の成功から、追放されて、退屈さと酒、法廷闘争による音楽的につらい日々の中で迷い、窮地に立たされたロック史上最も偉大なフロントマンの1人を描いた感動的なストーリー」であり、「リアム・ギャラガーがノエル・ギャラガーの陰から抜け出して世界屈指のバンドから1人でスタートし、裸一貫で、隠れる場所などない中で最高のカムバックを果たすためにすべてをかける」と評されている。

映画の概要は以下の通り。

タイトル:Liam Gallagher: As It Was(原題)
公開:2020年9月25日公開
監督:ギャビン・フィッツジェラルド、チャーリー・ライトニング
出演:リアム・ギャラガー
2019年/イギリス/カラー/スコープサイズ/英語/
原題:LIAM GALLAGHER: AS IT WAS
85分 配給:ポニーキャニオン
コピーライト:(C) 2019 WARNER MUSIC UK LIMITED


チャーリー・ライトニング
音楽業界でドキュメンタリー、プロモーションビデオ、ライブ演奏を収録した映画を製作する監督/プロデューサー。ポール・マッカートニー、ナイル・ロジャース、ノエル・ギャラガー、ロニー・ウッド、ロビー・ウィリアムズ、ビョーク、ブラック・サバス、ジャミロクワイ、カサビアン等数多くのアーティストの映画を製作してきた。ワインスタイン・カンパニーと共に製作した『121212ニューヨーク、奇跡のライブ』(12)は、ポール・マッカートニーが製作総指揮を務め、出演し、他にザ・ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ブルース・スプリングスティーン、ロジャー・ウォーターズが出演。初の全米劇場公開作にして、批評家の大絶賛を受けた。


更なる映画の詳細は以下のサイトで御確認ください。

Liam Gallagher: As It Was

ポール・マッカートニー、“Back In Brazil”について語った舞台裏映像が公開~NME JAPAN


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3513-983ab2b0