FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

音楽ストリーミングの成長、アーティスト格差広がる

音楽ストリーミングビジネスの成長は、音楽業界の“持てる者と持たざる者”の溝を埋める代わりに格差を広げてしまったのか?

当初、音楽ストリーミングサービスは自由参加型のユートピアのような輝きを放っていた。そこではすべてのアーティストにブレイクする平等なチャンスが与えられ、リスナーは月額9.99ドルでメジャーなものからニッチなものまで、ありとあらゆる楽曲をビュッフェ形式で延々と楽しむことができた。米WIRED誌のクリス・アンダーソン編集長は、楽観的になりすぎるあまり、音楽ストリーミングが需要と供給の概念を覆し、非ヒット曲がかつてないほどシェアを拡大するという“ロングテール理論”を2004年に提唱したのは有名な話だ。

音楽ストリーミングの成長、アーティスト格差広がる

しかしながら、現実世界の2020年では、ほとんど何も変わっていないように見える。たしかに、プレイリストがアルバムに取って代わり、ヒップホップが新たなポップスとして定着し、デジタルダウンロードはほとんど姿を消した。だが、“誰にどれだけ入るか”という重大な格差の部分は実際変わっていない。

実のところ、音楽ストリーミングは、音楽業界の“持てる者と持たざる者”の溝を埋める代わりに格差を広げたのだ。

過去1年半にわたって音楽ストリーミングサービスに楽曲を提供した160万組を超えるアーティストに目を向け、ストリーミングの総再生回数にもとづいてランク付けすると、上位層に属する1万6000組のアーティストが全ストリームの90パーセントを占めていることがわかる。それにより、160万組のアーティストが残りの10パーセントを分け合っていることも容易に計算できる。ローリングストーン誌の音楽チャートにデータを提供しているAlpha Dataのデータによると、2020年1月8日から7月17日にかけてオンデマンド型の音声および動画ストリーミングで発表された楽曲がこうした格差を示しているのだ。先日、Spotifyも自社のデータを通じて同様の状況を確認した。

Alpha Dataによれば、上位層に属する10パーセントのアーティストがほぼ全ストリームを独占している。この時期に楽曲をリリースした上位層に属する16万組のアーティストが全ストリームの99.4パーセントを占めていたのだ。分析の対象となったおよそ半分以上のアーティストの再生回数は、1楽曲に対して100回を下回った。3枚のアルバムをリリースするなど、1年半にわたってかなり好調だったラッパーのダベイビー(DaBaby)は、この時期にもっとも多い再生回数を記録した。下位層に属する90パーセントのアーティストの合計と比較し、ダベイビーのオンデマンドでの音声再生回数は倍近かったのだ。

音楽ストリーミングが生んだ格差は、売上よりも実際はもっと重大である。もっとも公平な指標は、フィジカルアルバムの売上であり、それによると上位層に属する1パーセントのアーティストが、1〜7月の同時期にリリースされたフィジカルアルバムの全体の売上の54パーセントを占めている。

これを経済学で富の集中を論じる際に使われるローレンツ曲線に置き換えると、フィジカルアルバムの売上は、経済学者が“均等配分線(Perfect Equality)”と呼ぶ線にもっとも近い。これは仮説上の理想的な状態で、下位層に属する1パーセントの人たちが1パーセントを取得し、下位層に属する2パーセントの人たちが2パーセントを取得する……という状態である。

それでも、ストリーミングはラジオと比べると大きな前進である。当時は、上位層に属する1パーセントが事実上すべて(99.996パーセント)のオンエアを独占していたのだから。

当然ながら、ストリーミングは多くの改善をもたらした。リスナーがアルバムをストリーミングする可能性はアルバムを購入するよりもはるかに高く、フィジカルアルバムのリリースは、往々にして十分なリソースとレーベルのサポートがあるアーティストに限定されている。ニュースサイトQuartzが先日発表したSpotifyに関する分析は——SpotifyはDiscovery Weeklyのような、ユーザーに新しい発見をもたらすプレイリストに重点を置いていた——、過去2年にわたってSpotifyのトップ40の楽曲の再生回数が下降する一方、41〜200位の楽曲は比較的安定していることを明かした。

・Spotifyで生計立てるのは「夢のまた夢」 データから見える収入格差の実態

音楽ストリーミングサービスの多すぎる選択肢によってリスナーがトップ40の楽曲以外の音楽に興味を示す一方、彼らはこうしたサービスが提供する音楽の大海原を探究し尽くせていない。そしてその海は、日を追うごとに大きくなっているのだ(昨年、Spotifyのダニエル・エクCEOは同プラットフォームに毎日4万近い楽曲が加わっていると予測)。

毎日音楽を聴くリスナーたちは、方向性を必要としている。音楽ストリーミングサービス各社は、再生回数におけるエディトリアル・プレイリストの比重がどれくらいかは公開していないが、本誌はそれが相当な割合だと踏んでいる。Rap Caviarのようなエディトリアル・プレイリストにおける位置づけは実際極めて重要で、多くのアーティストは金銭を払ってまでSpotifyのプレイリストに自身の楽曲を推してもらおうと第三者企業を頼りはじめている。

「いずれにしても、ただ溺れるだけなんです」と作曲家とプレイリストのキュレーターをつなぐサービスを提供しているSubmitHubのジェイソン・グリシュコフ氏は、夏の初めに本誌に語った。「私は、ストリーミングプラットフォームにいるほとんどのアーティストをうらやましいとは思いません」。

音楽ストリーミングの成長、アーティスト格差広がる~Rolling Stone

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

KK says..."パラダイムシフト"
今はまだギリギリ60年代に活躍したアーティストの何組かは現役ですし、60-80年代のアーティストを好んで聞く層はまだ多くて社会人現役ですが、いずれそれらはクラシックとかオールディーズ扱いとなり、主流のラップ、ヒップホップ、ダンス音楽にとって変わられる気がします。好みが変わっていくだけでなく、安価で合理的に、モノは極力持たず、AIが巧みに好みをリサーチしてプレイリストを自動生成していく...もはやアーティスト名や曲名すら必要ないのかもしれません。果ては曲すら自動生成される気もしてます。
ストリーミングの世界に参入するのは簡単でも、聞かれるのは1%というのもシビアです。学生や若いアーティストがチャンスを得ることは容易になっても成功するのはかなり難しい。

価値観の変化もありますが、ヒシヒシとパラダイムシフトが起きていることを感じます。コロナ渦で多くの大規模集客コンサートが否定されて、アーティストやコンサート関係者やライブハウスは大きなピンチとなっています。若者も好む音楽フェスもほとんど中止になり、形態を変えざるを得ない。

音楽に限った話ではありませんが、大きな試練に立っています。
ただし、乗り越えられない試練はない、と信じています。
気持ち的には時代に合わせるよりも、レコード再ブームに乗って、豊潤なポップやロックに溢れていた60年代や80年代の再来に期待したいのですが〜。
2020.09.11 19:29 | URL | #hoJw6rrM [edit]
管理人からKK様へ says..."Re: パラダイムシフト"
KK様 パラダイムシフトへのコメントありがとうございます。
いつの時代も変化するのですね…CDが登場した時には、レコードの時代は終わった…と思ったのですが…
レコード再ブームとは…意外でした。
コロナ禍が過ぎ去れば、また時代は変わるのでしょうね。いや…共存しながら変わるべきか…パラダイムシフト
2020.09.11 22:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3512-3c43ab6a