FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
3

Lo-Fi Soundのalbum 'McCartney' 50周年記念特別盤がRecord Store Day 9月26日(土)にリリースされます。By Paul McCartney

Lo-Fi Soundのalbum 'McCartney' 50周年記念特別盤がRecord Store Day 9月26日(土)にリリースされます。By Paul McCartney

McCARTNEY
LIMITED EDITION 50th ANNIVERSARY HALF-SPEED-MASTERED VINYL
RELEASED FOR RECORD STORE DAY 2020

Lo-Fi Soundのalbum 'McCartney' 50周年記念特別盤がRecord Store Day 9月26日(土)にリリースされます。By Paul McCartney

このリリースは2020年9月26日(土)になりました。詳細については、こちらのRecord Store Dayの声明をご覧ください。

Record Store Day is social distancing!

Record Store Day is social distancing!

1970年4月にリリースされたこのアルバムはビートルズのswansong'Let It Be'の1ヶ月前にリリースされたもので、マッカートニーはポールが基本に立ち返ったことを目の当たりにしていた。
全ての曲を書き、全ての楽器を演奏し(リンダ・マッカートニーのバッキング・ヴォーカル付き)、新しいアイデア、実験、遊び心、自由さに溢れたこの名作は創造的な再生を表していた。
音楽的には、マッカートニーの素朴なホームレコーディングの美学がこのアルバムに本物のlo-fi(極端に高音質なものではない録音環境を志向する価値観)の精神を吹き込み、50年経った今でも現代的なエッジを保ち続けているサウンドを求めていた。世界で最も象徴的なバンドの終焉に伴うプロとしての困難とは対照的である。

Lo-Fi Soundのalbum 'McCartney'アンティグアAntigua

ポールは、個人的には新婚の父親として家庭生活の充実感を味わっていたという。当時発表されたQ&Aの中で、ポールはアルバムのテーマとフィーリングを "Home, Family, Love "と表現している。 このことはアルバム全体を通してLovely Lindaのオープニング・ノートからも明らかで、'Every Night'や'Man We Was Lonely'などのトラックではポールの人生がどれほど向上したかを歌っている。
ポールのリンダへの不朽のトリビュートは現代音楽の偉大なラブソングの1つとして認められ、今日に至るまでポールのライブ・セットの定番となっている。
「もしかしたら私は男なのかもしれない。もしかしたら私を助けてくれるのはあなたしかいないのかもしれない。Baby won't you help me understand」。

album 'McCartney'アンティグアAntigua

表紙のチェリーの鉢は彼女がアンティグアAntigua(カリブ海東部の小アンティル諸島に位置するアンティグア島)で休暇中に撮影したもので、裏表紙のポールと娘のメアリーが赤ちゃんの頃の写真は、アルバムの一部が作曲されたスコットランドの家族の農場で撮影されたものです。

Lo-Fi Soundのalbum 'McCartney' 50周年記念特別盤がRecord Store Day 9月26日(土)にリリースされます

50年の歳月を経て、マッカートニーは、世界で最も偉大なソングライターの一人の心の中への驚くべき洞察を提供しています。このアルバムのホームスパンな精神とポールの実験的なセンスは、ユニークな時間の瞬間を捉えています。ポール・マッカートニーは、「RAM」、「Band on the Run」、「Venus and Mars」、「Tug of War」、「Pipes of Peace」、「Flowers in the Dirt」、「Flaming Pie」、「Memory Almost Full」、「NEW」、そして最近では2018年にチャート1位を獲得した「Egypt Station」など、何十年にもわたる大ヒットアルバムをリリースしてきました。

マッカートニーの50周年記念レコード・ストア・デイ限定盤は、マイルス・ショウェルMiles Showellがアビーロード・スタジオAbbey Road Studiosで1970年のオリジナル・マスターテープを使用して半速でカットしたマスターからプレスされました。最高の再生のためにデジタル・ピーク・リミッティングを使用せず、ハイレゾ・リューションでa vinyl specific transferで作られています。

By Paul McCartney.com
想い出のアルバム by tetsu (コメントありがとうございます。)

該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

A.S says..."Lo-Fi ですか!?"
Hi-Fiという言葉には馴染みがありましたが、Lo-Fiというのは初耳でした。8/29にリリースされたJohnのInstant Karma 7’ 盤は1週間経っても簡単に入手できていますが、Paul のこのLPも買えたら嬉しいんですけどねぇ~(笑)
2020.09.06 06:32 | URL | #CSRYynVE [edit]
管理人からA.S様へ says..."Re: Lo-Fi ですか!?"
A.S様 Lo-Fiへのコメントありがとうございます。
新しい言葉は調べないと分かりませんね…
Lo-Fi(Low-Fidelity、Lo-Fi music)とは上手な言い方しますね。
そのような価値観をアナログで聞くのが良いのですね。
2020.09.06 17:46 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020.09.06 20:50 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3504-2f90ab49