FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

How to wear a denim jacket ・Paul McCartneyのデニムジャケットの着こなし方

How to wear a denim jacket ・Paul McCartneyのデニムジャケットの着こなし方

最新のGQカバーショットでPaul McCartneyの衣装を一目見ると、クラシックなデニム・ジャケットdenim jacket(別名:究極のカジュアルステープル)が、どのスタイルでも、スタイルを正しく整えている限り、きっと役立ちます。これがミュージシャンが好む4つの方法です…

GQの最新のカバーショットで、ポール・マッカートニーは幸せでリラックスしているように見えます。それはおそらく、彼が自宅で娘のメアリー・マッカートニーによって自宅で撮影され、空のフィールドに囲まれ、アコースティック・ギターを手に取り、新しく見つかったロックダウン・ライフスタイルのガイドラインに従って安全に撮影されたためです。だから彼の写真撮影のための彼の服装は、おなじみの設定の快適さを反映していることだけがふさわしいようです。

彼の人生とキャリアを通して、マッカートニーは楽しげに個人的なスタイルを育成の概念を取り入れています:
彼は時のarch-mod(アールヌーボーからポストモダン)として物事をキック・オフ・ビートルズ「初期の頃、1970年代にいくつかの深刻な華麗に移行する前に、1980年代にプレッピー・ステープル preppy staples をし、1990年代にチョッキの下に重ね着した、だぶだぶの白いTシャツの海。今日、マッカートニーはクラシックな定番アイテムである革のブローグ、ブラックジーンズ、白いシャツ、そしてもちろんデニムジャケットを好んでいます。

彼のカバーショット全体で前述のアウターレイヤーにさまざまなテイクを取り入れ、カジュアルなベーシックと組み合わせて、下の4つのルックスがどの年齢層にもぴったりのデニムジャケットを提供できることが分かります。



GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-5

1.The classic way 古典的な方法

クラシックな色あせたデニムジャケットはシンプルかもしれませんが、ストレート・カットのブラック・ジーンズ(テーラードパンツの場合はこれらを交換してください)、レース・アップ・レザーのダービー・シューズ lace-up leather Derby shoes 、ストライプのクルーネック・ジャンパーと合わせて、本格的なスタイルのパワーを備えています。
下半分は黒、上半分は色–見た目は控えめで洗練されています。新しい色あせたデニムジャケットを購入するブランドについては、セリーヌとラルフローレンに注目してください。
セリーヌのジャケット、£740。celine.com。
ラルフローレンのジャケット、£430。ralphlauren.co.uk



How to wear a denim jacket ・Paul McCartneyのデニムジャケットの着こなし方4

Paul McCartneyとデニム

2.The textured way 織り目加工の方法

伝統的なデニムから少し離れて、対照的な質感で仕上げられたジャケット(形状とディテールが正しい限り)も同様に機能します。
自宅では、マッカートニーはディオール(上記)が豪華なベルベットのデザインで写真を撮り、マンダリンの襟付きのオープン・シャツとダーク・ジーンズを着ていました。
見た目はシンプルですが、コントラストのある質感がうなります。ここにあなたが始めるためのいくつかの代替デニムスタイルのジャケットがあります。
ブルネッロ・クチネッリのジャケット、£2,100。farfetch.com。
サンローランのジャケット、£2,460。ysl.com

How to wear a denim jacket ・Paul McCartneyのデニムジャケットの着こなし方2



GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-3

3.The Western way 西洋の方法

ちょっとしたピザを追加したい場合は、ステートメント・デニム・ジャケットが適しています。それはすべて、AW20のパッチ・ワークにあります。
これは、ポップな色とウエスタン・ウェアのトレンドを同時に提供します。テイマー・テイク a tamer take の場合は、上図のアラヌイ・デザイン the Alanui design のマッカートニーと同様に、ジャケットの後ろにステートメントを置いてください。
しかし、街に行きたければ、グッチGucciの旅に出ましょう。
フィレンツェのブランドの完全に刺繍されたジャケットは、誇張された美しさのものです。
グッチのジャケット、£4,000。gucci.com。
アラヌイのジャケット、£378。farfetch.com

How to wear a denim jacket ・Paul McCartneyのデニムジャケットの着こなし方1



GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-12

4.The monochrome way モノクロの方法
青いデニム・ジャケットの代替オプションですか?まったく同じデザインですが、黒色です。
これは、初期のキャリアの大部分がシャープなモノトーンのユニフォームで定義されたミュージシャンであるマッカートニーにぴったりの選択肢です。
独自の黒いデニム・ジャケットを着る場合は、ボタンを外しておくと、実用的なレイヤー(マッカートニーの場合はTシャツとジップアップパーカー)が見えます。最後の仕上げとして、もちろんストレートカットのブラック・ジーンズ。
ディオールのジャケット、£1,100。dior.com。
Acne Studiosによるジャケット、£290。matchesfashion.com

How to wear a denim jacket ・Paul McCartneyのデニムジャケットの着こなし方3

GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool 表紙

How to wear a denim jacket the Paul McCartney way~GQ



ん~ポール、決まっていますね。
私が知りたかったアラヌイデ・ザイン・ジャケットについて…

アラヌイ(ALANUI)とは…
2016年秋冬、ニコロとカルロッタ・オッディ兄弟が「アラヌイ(ALANUI)」をイタリアで設立。

アラヌイについて
アラヌイ(ALANUI)は、イタリアを拠点とするファッションブランド。兄弟であるニコロとカルロッタ・オッディが立ち上げた。ニコロとカルロッタ・オッディは共にイタリア生まれ。メンズ&ウィメンズともに展開している。

原点となるのは、ラグジュアリーな素材から生まれた感情を帯びた服。そして、着用感とともに旅をするような、経験を記録する服。

1点の服ごとにフォーカスし、それを様々なパターンで展開。最高級の素材と職人技によって、現代の消費する服とは真逆の考え方で服を創作。優れた職人技でのみ実現可能な色、ジャカード、インターシャ、刺繍などの組み合わせを特徴とする。



もう1つは、ブラック・ジーンズ…しかも、白帯付きのジーンズなんですけれども…
まあ…ファッション雑誌に、白帯付きのジーンズで登場するわけにはいかないですね(笑)。
こちらの方は謎のままかな…

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

クイニー says..."ポールのファッション"
ご無沙汰してます、お元気でしょうか?久しぶりにこちらのページを訪ねてみました
ポールファッションの話題、こちらならではで、いいですね。デニム好き、ポールファンにはたまりません。貴重な情報をありがとうございました‼️
2020.08.16 15:49 | URL | #- [edit]
管理人からクイニー様へ says..."Re: ポールのファッション"
クイニー様 お久しぶりのコメントありがとうございます。
ポールのデニム・ジャケットについては、まだまだ情報不足ですが、分かる範囲でアップしました。
以前、当ブログで「ポールが着用していたPARKER(パーカー)は…どこのブランド?」を投稿しましたが
今回のアラヌイのジャケットと同様に、ファッショナブルな衣類は「洗濯が大変な素材の組み合わせ」になるのですね…どうしても…
クイニー様、ブログ更新続いておりますので、久しぶりと言われずに常にお訪ね下さいね。
2020.08.16 17:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3442-249de84a