FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

メアリー・マッカートニーMary McCartneyがロックダウン中のポール・マッカートニーを撮影!

GQの記事を直訳ですが転記させて頂きます。



写真家のメアリーマッカートニーは、有名な俳優、特にポールマッカートニー卿の撮影に慣れています。しかし、GQの9月のカバーでは、Covid条件下での撮影により、通常よりも多くの課題が発生しました。

メアリー・マッカートニーは、当然のことながら、父親であるポールマッカートニーの写真を撮ることに慣れています。写真家は彼を撮影して育ったが、彼女の母親であるリンダも、とりわけ写真家であり、若いメアリーに現在知っていることの多くを教えた。そして、今月のGQのカバーのために父親を撮影するという任務が完了したとき、マッカートニーはすぐにすべての関連する質問をし始めました:
彼女はどこで、どんな服で、どんな小道具で、いつ彼を撮影しますか?

GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-11

これらの質問の多くは事実上回答されており、コロナウイルスのロックダウンが英国全体で施行され、両方のマッカートニーがイースト・サセックスの家族の家の1つの屋根の下で数週間一緒に過ごすことになり、マッカートニーがGQに説明したように、彼女に異常をもたらした子供の頃、家で父と知り合った父親を捕まえる機会。彼女は9月のカバーショットを写真ごとに分割しました。

メアリーマッカートニー:「この種のポートフォリオの良いところは、1つの肖像画を撮るのではなく、いくつかを行って物語を得るための機会があることです。ナラティブをお父さんのアウトドアスタイルにしたいし、またミュージカル[ナラティブ]にしたかったので、いくつかの主要な楽器を取り出し、ランドローバー( "Helen Wheels"と呼ばれる)を取り出しました。ヘレン・ウィールズがベースで、私たちは彼女を車で走り回り、家「ウォーターフォール」に戻りました。私たちがロンドンを出たとき、それは私たちが住んでいた家だったので、私は子供の頃の要素を探求し、父親を時代に戻しました。

GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-6

「幸運なことに、その日は美しかった。私達はそれが屋外であることを望みました、そして、お父さんは非常に自然の男の子です。それまで私たちは一緒に監禁されていて、一緒に家に住んでいました。まるで子どものようでしたが、実は、家でそんなに長い時間を過ごすことができたのはユニークで面白かったです。毎晩、私は食事を作って、それからみんなで座って一緒に食事をし、もっとたくさんの時間をチャットで過ごすことができました。背景は非常に困難な状況でした -このすべての混乱-しかし、私たちにとって、それから生まれた1つの良いことは、一緒にこの余分な時間を過ごしたことでした。彼は何か書いてくれて、私が料理します。私たちは夕食の前に飲み物を飲み、それから彼は歌を演奏しました。それがまさにそれが育っていた方法です。私達が良い関係にあるのは幸運です。ありがたいことです。

GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-9

「Helen Wheels」は私たちが子供の頃にスコットランドまで運転していた古いランドローバーです。私にとって、それは私の子供の頃の部分なので、「それを出しましょう」のようでした。1970年代初頭からです。この種の車は長持ちするように作られています。運転するのは必ずしも快適であるとは限りません。かなりでこぼこですが、とても気に入っています。

GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-10

「ロックダウンの意味は、スタジオのどこかにいなかったということです。実際のスペースにいたのです。そのせいで彼には落ち着きがあると思います。また、白いテレキャスターを使った写真は、彼が初めて撮影されたので、少しロックンロールです。私は考えていました。「人々が見たことがないことは何だと思いますか?彼は何年にもわたって多くの写真を撮られてきたので、それはムソ the musos.にとって興味深いでしょう。」妻のナンシーから贈られたプレゼントです。彼がこのギターについて彼に本当に気に入ったと彼女に話し、彼女が彼のためにそれを見つけたと思う。そして彼はその週にそれを使ってレコーディングしていた–彼は過去数ヶ月でそれをもっとずっと使ってきた。
「背景にある丸いステンド・グラスの作品は、私の母の写真の1つです。彼女は、彼女の親友であり、アーティストである私の父、ブライアン・クラークとのコラボレーションです。それはまた別のヒント、家族の瞬間でもありました。

GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-7

「私たちはランドローバーで少しドライブに行きました。それはこの辺りの小さな田舎道にあります。私はあなたが張り出した木と本当にまだらの光があるそれらの長い田舎道を愛しています。それは美しい環境で本当に素晴らしい光です。

GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-5

「私の母と一緒に、私は彼女が写真を撮るのを見て育ちましたが、あなたの両親と一緒に、あなたはただ「彼らは私の両親です」と行きます。その後、一定の年齢に達し、運が良ければ、彼らと話す機会があります。写真家になったとき、お母さんを昼食に連れ出しました。あなたが撮ったヘンドリックスの写真について話したいです。」そして突然、彼女がそんなに簡単に写真を撮っているのを見て、何かを美しく簡単に見せるのがどれほど複雑かを知りましたか?それが写真の好きなところです。私が好きな画像は、最もリラックスして見えるものですが、多くのスキルは、それらをリラックスして見えるようにするために使用されます。

GQに登場!Paul McCartney!I love Liverpool-4

「私はその夕日と美しい手タペストリーデニムジャケットが大好きです。それが撮影の最後でした。ぼんやりと【撮影予定】を知っていましたが、その多くは当日お任せしました。天候、光、化学…そのような思いがけない瞬間、彼が[手を]上げ、太陽が沈むのですか?それはあなたが計画することが決してできなかったものです、なぜならあなたは天気がとても素晴らしいであろうことを知らないでしょうから。私はそのフィールドに太陽が沈むことを知りませんでした。
「その種のものは、写真家であることが大好きになる、特別で美しく、刺激的なものです。あなたが計画していないものは常にあなたにその余分な話題を与えるものです。」

Mary McCartney on photographing Paul McCartney during lockdown~GQ

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3438-a2b09da9