FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ポール・マッカートニーが語る、『フレイミング・パイ』を傑作に導いたキーマンとの邂逅(かいこう)

ポール・マッカートニーによる10枚目のソロ・アルバム『フレイミング・パイ』が、アーカイヴ・コレクションの13番目の作品として7月31日にリリースされた。Rolling Stone Japanでは、ポールが2020年に本作を振り返った最新インタビューを全3回にわたってお届けする(全文掲載は日本独占)。

この第2回では、このアルバムを語るうえで欠かせないキーマンや、ギター・サウンドが目立つ理由について語ってくれた。

ジェフ・リンとポール・マッカートニー(Photo by Linda McCartney)
ポール・マッカートニーが語る、『フレイミング・パイ』を傑作に導いたキーマンとの邂逅

ポール・マッカートニーによる10枚目のソロ・アルバム『フレイミング・パイ』が、アーカイヴ・コレクションの13番目の作品として7月31日にリリースされた。Rolling Stone Japanでは、ポールが2020年に本作を振り返った最新インタビューを全3回にわたってお届けする(全文掲載は日本独占)。この第2回では、このアルバムを語るうえで欠かせないキーマンや、ギター・サウンドが目立つ理由について語ってくれた。

●【第1回】ポール・マッカートニーが今明かす、『フレイミング・パイ』制作秘話とビートルズの記憶
ポール・マッカートニーが今明かす、『フレイミング・パイ』制作秘話とビートルズの記憶

ジェフ・リン、スティーヴ・ミラーの貢献

ージェフ・リンと組むことになったいきさつは?

ポール:ジェフがいいレコードを作っていることは前から知っていた。ビートルズの『アンソロジー』では「フリー・アズ・ア・バード」を一緒に作ったし、ジェフと組んであの曲をレコーディングするのはとても楽しかった。ハーモニーの扱いがとても上手だし、音作りを几帳面に進めるっていう点でも見事だよね。できあがったレコードを聞くと、荒っぽい部分がほとんどない。そういうスタイルの人なんだ。



ジェフは楽しいやつだし、お互いの考え方も似ている。ビートルズは大成功したけど、メンバー全員、楽譜の読み書きは全然できなかった。それはジェフも同じだ。ジェフは「僕たちは、でっちあげているだけだよね」って言っていたけど、まさにその通りなんだ。そういうことだよ。それが僕らのテクニックなんだ。僕らはでっちあげているんだ。たとえば「ヒア・カムズ・ザ・サン」なんかの場合、かなりややこしい拍子になっているけど、自分たちではあれが何分の何拍子だとかうまく説明できなかった。そういうことには興味はないんだ。とにかく楽曲を自分たちのものにして、覚えて、それから演奏するだけ。だからジェフが「僕らはでっちあげているだけだよね」って言うわけだ。



そういう人は、仕事で組む相手としてとてもいい。正式な音楽教育を受けてないというところが似ているんだ。言うまでもなく、僕らはどうかしているくらい音楽作りに打ち込んでる。1万時間ぐらい費やしているけど、それはバークリー音楽大学に通うのと同じくらいの価値があるんだよ。

Berklee College of Music バークリー音楽大学

ースティーヴ・ミラーと一緒にレコーディングした曲もありますよね。そのいきさつは?

ポール:スティーヴとはずいぶん前からの知り合いでね。ビートルズの活動が終わりに近付いたころに出会ったんだ。あるとき、ロンドンのオリンピック・スタジオでビートルズのセッションをやっていたら大喧嘩になっちゃってね。他のみんなが出て行ったあとも、僕はスタジオの中でぶらぶらしていた。そうしたらドアの向こうからスティーヴがひょこっと顔を出して、ステレオを貸してもらえないかと頼んできた。そうしてお喋りするうちに一緒に何かやろうという話になって、それで僕がスティーヴの曲に参加して強烈なドラムスを叩いたわけだ。あれは「My Dark Hour(暗黒の時間)」って曲だった。僕はとにかくドラムを叩きたかった。最高だったよ。というのも、おかげでそのとき貯まっていた鬱憤を晴らせたからね。トムトムのフィルを叩きまくってね。

というわけで、彼とはそのときからの知り合いだ。60年代に、既に一緒にレコーディングした経験があったんだ。それからずいぶん経ってから、電話をかけて「手持ちの曲がふたつくらいあるんだけど、一緒にレコーディングしないか」と訊ねた。すると彼は「うちのスタジオにおいでよ」って言ってくれたんだ。

あれはすごく良かった。アイダホ州のサン・ヴァリーにあるスティーヴの家に行ってね。スティーヴの曲も大好き。ヴォーカリストとしてもギタリストとしてもソングライターとしてもすばらしい。だから、また一緒にレコーディングしてみるのもいいんじゃないかと思ったんだよ。



ー誘いに応じて訪れたアイダホはいかがでしたか?

ポール:とても美しいところだった。天気もすごく良かったし、雪は真っ白で空は真っ青でね。すごくきれいな家だったし、もちろんその家にはとてもすてきな最新式のスタジオがあった。リビング・ルームでピアノを弾いてみたよ。すばらしいスタインウェイだったね。滞在中は、そのピアノの前に座っては延々と弾いたりしていた。とても居心地がいい感じがして。そうしたらスティーヴが「ポール、きみはかなり腕のいいピアニストなんだな」って言うんだ。「ああ、聴いていたんだ」って思ったよ。それもちょっと良かった。というのも、僕はピアノをダラダラと即興で弾くのが好きで、そういうのは流れだからね。とにかく気持ちいい。まるで呼吸しているみたいに自然でね。ピアノの上ではどこにでも行けるし、どこに行っても構わないんだ。

idaho sunvalley snow

idaho sunvalley Studio 1

idaho sunvalley Studio 5

idaho sunvalley Studio 3

idaho sunvalley Studio 2

ーアイダホ州で行ったスティーヴとのレコーディングでは、どの曲に重点を置いたんでしょうか?

ポール:スティーヴの家で3日間 (22~ February 1995)かけて「ヤング・ボーイ」をやった。あれは楽しかったよ。何の心配もなし。それが、そのままこのアルバムを作ったときの気分だね。プロモーションに関わった人たちすべてに、"心配は禁止"って言い渡したよ。このアルバムに関しては、午前3時に起きてあれこれやらなくていい。このアルバムを聴いて笑わなきゃだめだってね。

「ヤング・ボーイ」はとても素直な曲でね。きわめて率直な作品だよ。時間と戦いながら、大急ぎで書いたんだ。「ヤング・ボーイ」はロングアイランドに滞在中に書いた。ニューヨーク・タイムズの企画で、リンダがロング・アイランドの有名なシェフであるピエール・フラニーと一緒にランチをこしらえたことがあってね(メニューは野菜スープ、茄子の蒸し焼き鍋、アップルソースのケーキ)、その料理が終わるまでの時間を曲作りに充てて書き終えたってわけだよ。(1994年8月18日)



ーレコーディングでスティーヴが果たした役割はどんなものだったのでしょうか?

ポール:スティーヴはとてもいいミュージシャンでね。そういう人に自分のやっていることを認めてもらえると、良し悪しを測るまたとない目安になる。スティーヴの意見は尊重している。

たとえば「それはいい曲だね」とか、彼はほかにこんなことも言ってくれる。「この曲とこの曲はアルバムのほかの曲よりも出来がいいから、このレベルの曲が揃うまで待った方がいい。そうすれば、きっととてつもなくすばらしいアルバムができる」なんてね。だけど僕はせっかちすぎるから、「さあ、どうかな」って感じになってしまう。

彼はギターの演奏でももちろん貢献してくれた。アコースティック・ギターの演奏が必要な場合、スティーヴと僕なら簡単にやれるし、きっといい仕上がりになるって確信できる。そういう実務的な面で力になってくれた。一緒にいて楽しい相手だし、すばらしい才能の持ち主だよ。



ーこのアルバムでは総じてギターが目立ちます。その点、特に意識されたことはありますか?

ポール:たしかに僕はこのアルバムに、ヘヴィーなギター・プレイをいつもより少し多めに加えている。「ザ・ワールド・トゥナイト」もその一例で、いつもなら弾かないようなタフなギター・リフを聴いてもらえる。

初めてリンダと会ったとき、彼女が言ったんだよ。「あなたがあんなヘヴィーなギターを演奏するなんて知らなかった」ってね。僕がそんな風にギターで激しい演奏をするのは何も特別なことじゃなかった。だけど自分で弾きたいからそうしていただけだったから、聴いた人たちが気に入ってくれているかなんて考えてもいなかった。『フレイミング・パイ』をレコーディングすることになったとき、リンダがこう言った。「思い切りギターを弾いてよ。誰かを呼んで全部演奏してもらうんじゃなく、あなたも弾くの」と……。僕のギター演奏は洗練されているとは言い難い。技巧的に特に優れているわけじゃない。そういう意味ではニール・ヤングに似ていると思う。僕は彼に親近感を憶える。きっと僕たちはちょっと似ているんだろうね。

Neil Young Paul McCartney

Neil Young&Paul McCartney



ポール・マッカートニーが語る、『フレイミング・パイ』を傑作に導いたキーマンとの邂逅~Rolling Stone



Rolling Stone誌の記事を転記させて頂いたのですが、タイトルが難しい…「邂逅」と言う難しい漢字を使うのですね…読み方は、「かいこう」です。その意味は「思いがけなく出あうこと。偶然の出あい。めぐりあい。」です。
大切ですね…邂逅…このブログで皆さんと巡り合う事は、私にとって嬉しい出会いです。

追伸
アイダホ州のサン・ヴァリーの風景を見ながら、「フレミング・パイ」のHome Recordingを聞くと、「あ~いいな~」と思いますね。

アイダホ州のサン・ヴァリー1

アイダホ州のサン・ヴァリー2

アイダホ州のサン・ヴァリー3

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3435-5d26e184