FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Beatles manager Brian Epsteinの伝記映画が制作されることに。映画タイトル「Midas Man」(ミダス・マン)

Beatles manager Brian Epsteinの伝記映画が制作されることに。映画タイトル「Midas Man」(ミダス・マン)

ザ・ビートルズのマネージャーであるブライアン・エプスタインの伝記映画が制作されることが発表されている。

Beatles manager Brian Epsteinの伝記映画が制作されることに。映画タイトル「Midas Man」(ミダス・マン)

グラミー賞受賞歴もあるヨナス・アカーランドJonas Åkerlund,が監督を務め、リヴァプールで撮影される本作は2021年公開予定となっている。

「Midas Man」(ミダス・マン)と題された映画はリヴァプールのレコード店主で、史上最大のバンドと契約したブライアン・エプスタインの物語を描くものとなっている。ブライアン・エプスタインはシラ・ブラック、ビリー・J・クレイマー、ジェリー・アンド・ザ・ペースメイカーズといったアーティストも発見し、ジミ・ヘンドリックスのプロモーションも手助けしている。

ヨナス・アカーランドはスウェーデン人の映像作家で、グラミー賞を受賞したマドンナの“Ray Of Light”のミュージック・ビデオで最も知られており、ポール・マッカートニー、レディー・ガガ、ラムシュタイン、ザ・プロディジーのミュージック・ビデオも手掛けている。

ビートルズ manager Brian Epsteinの伝記映画が制作されることに。映画タイトル「Midas Man」(ミダス・マン)

映画プロデューサーのトレヴァー・ビーティーTrevor Beattieは『ガーディアン』紙に次のように語っている。
「ブライアン・エプスタインは20世紀で最も規格外の人物の1人です。彼の物語はちゃんと語られたことはありませんでした。彼は世間一般からしばしば当然の存在のように扱われてきましたが、音楽やポピュラー・カルチャーへのヴィジョンからジェンダーのアイデンティティまで時代の先を行っていたのです」
「彼は同性愛が違法だった時にゲイでした。彼は秘密の生活を送っていました。自分たちのスターについてのビジネスで彼はリスキーな決断もしていますが、ブライアン・エプスタインの生きてきた生涯と較べれば、それはリスキーと言えるものではありません」
映画は俳優のキャスティングが始まっており、来年公開予定となっている。


ビートルズのマネージャーのブライアン・エプスタイン、伝記映画が制作されることに~NME JAPAN



映画は、「成功の喜び、言い表せないリスクに押し潰されそうになるプレッシャー、そして満たされない欲望を描く、感情と機知に富んだ心温まる物語」だと紹介されている。

『Midas Man』でメガホンを取るのは、スウェーデン出身のヨナス・アカーランド。北欧のブラック・メタル・シーンを描いた『ロード・オブ・カオス』や、犯罪アクション映画『ポーラー 狙われた暗殺者』なども手掛けている監督。

スウェーデン出身のヨナス・アカーランド監督

原作の脚本は、ブリジット・グラントBrigit Grant とジョナサン・ウェイクハム Jonathan Wakehamが書きました。キャスティングディレクターはダンハバードDan Hubbardです。

ピーターダンPeter Dunne、マークボルコウスキーMark Borkowski、トゥイッケナムスタジオ Twickenham Studios の会長兼共同所有者であるサニーボーラSunny Vohraとマネージングパートナーのジェレミーレインバード Jeremy Rainbirdがエグゼクティブプロデューサーを務めます。この作品は、中国でも映画を配給するEr Dong Picturesと共同で制作されています。



Beatles manager Brian Epsteinの伝記映画が制作されることに。映画タイトル「Midas Man」

The Guardian.comより

エプスタインは、彼が1967年にバルビツール酸barbiturate の過剰摂取に続いて32歳で亡くなっています。
ビーティー氏は次のように述べています。「エプスタインは1961年11月に25歳のときにビートルズに初めて会い、1967年8月に亡くなりました。これは悲劇的な話です。しかし、それは人生を肯定するものでもあり、人間の精神の勝利でもあります。なぜなら、これらの短い数年の間に、彼は大衆文化を永久に変えたからです。」



Midas
ギリシア神話の中でミダースは、プリュギア(Phrygia)の都市ペシヌス(Pessinus)の王。 長母音を省略してミダスとも表記される。
触ったもの全てを黄金に変える能力("Midas touch")のため広く知られている。


ザ・ビートルズの新ドキュメンタリー映画『The Beatles:Get Back(原題)』は、アメリカで現地時間2021年8月27日に劇場公開されることが発表されていますので、2021年のアカデミー賞は、Get Back VS Midas Man となるのかな?公開が間に合えば…って事になりますが…コロナの事もありますので、どうなのかな…

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3384-bd619de9