FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールRoyal Albert Hall、来年3月までに破産する状況と報道 #LetTheMusicPlay

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールRoyal Albert Hall、来年3月までに破産する状況と報道 #LetTheMusicPlay

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールの最高責任者は財政的支援がなければ来年3月までに破産するだろうと語っている。

西ロンドンにあるロイヤル・アルバート・ホールは新型コロナウイルスの影響を受けて100日以上閉鎖されており、1200万ポンドの収入減に直面している。

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール、来年3月までに破産する状況と報道 #LetTheMusicPlay

今回、『i』紙は財政的支援を受けられなければ、来年3月の150周年まで経営することはできないと報じている。

最高責任者のクレイグ・ハッサールは同紙に次のように語っている。「政府の援助は非常に曖昧でぼんやりとしています。私たちは部門を超えて懸命にロビー活動を行っています。でも、(デジタル・文化・メディア・スポーツ大臣の)オリヴァー・ダウデンによる復帰へのロードマップは具体的な日付がなく、確かなことがありません」

「いつ再オープンできるのか、どうやって再オープンできるのか、政府の指示にはそれがありません。それなしに営業をすることはできません。それはつまりすべての分野にまたがるということになります」

『i』紙によれば、ロイヤル・アルバート・ホールは既に経営を維持するために500万ポンドを借り入れしており、来年まで破産を避けるためにはさらに500万ポンドから1000万ポンドが必要だという。しかし、雇用調整助成金がこうした再開できない会場に適用されなければ、もっと早く資金が足りなくなる可能性があるとしている。

クレイグ・ハッサールはこの状況について「これまでで最も危険」だと述べており、オリヴァー・ダウデンとの話し合いは現時点で決まっていない。

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール、来年3月までに破産する状況と報道~NME JAPAN

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールRoyal Albert Hall、来年3月までに破産する状況



『i』紙より
ロイヤルアルバートホールのオープニングで、ビクトリア女王は言った
「私はこの美しいホールへの大きな賞賛とその競争の成功への私の真剣な願いを表現しなければなりません。」


ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールRoyal Albert Hall、来年3月までに破産する状況と報道

ホールのオープニング年には、会場は控えめに36のショーを上演しました。
近年、Covid-19パンデミックの前に、会場は毎年約400のイベントを講堂で主催しています。
昨年は、開催されたイベントの数によって、世界で最も忙しい音楽会場の王冠を獲得しました。


シアターディレクターのAndrew Keatesは次のように書いています。
「今後数年間で、子供を劇場に連れて行きたいですか、それとも劇場だったウェザースプーン(Wetherspoon)に連れて行きたいですか?」


ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールRoyal Albert Hall、破産の危機

補足
Wetherspoon…型破りな施設をパブに変えている事で知られています。ロイズNo.1バーのチェーンを含む約900のパブを経営しています。ウェザースプーンのパブの多くは、銀行、教会、郵便局、劇場、かつての公共プールなど、既存の建物を改造したものです。


洒落っ気たっぷりなコメントですね。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3383-ef80784b