FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Let The Music Play / RadioheadやPaul McCartneyらが、英国政府にライブ音楽への“catastrophic damage”「壊滅的な被害」を防ぐよう呼び掛ける。

Let The Music Play / RadioheadやPaul McCartneyらが、英国政府にライブ音楽への“catastrophic damage”「壊滅的な被害」を防ぐよう呼び掛ける。

レディオヘッド、ザ・キュアー、ニック・ケイヴ、PJハーヴェイ、ジョニー・マー、ディジー・ラスカル、プライマル・スクリーム、ポール・マッカートニー、デュア・リパ、ザ・ローリング・ストーンズ、コールドプレイらは新型コロナウイルスのロックダウンによって音楽業界に対する「壊滅的な被害」を防ぐために早急な行動を求める「#LetTheMusicPlay」の公開書簡に署名している。

#LetTheMusicPlay・RadioheadやPaul McCartneyらが、英国政府にライブ音楽への“catastrophic damage”「壊滅的な被害」を防ぐよう呼び掛ける。

先月、ミュージック・ヴェニュー・トラストは「年間52億ポンド(約7000億円)の音楽業界」を救うために5000万ポンド(約67億円)の資金注入を求める公開書簡に560のライヴ会場が署名していた。
これは10月までの営業停止を続け、閉店を防ぐためのものとなっている。約92%のフェスティバル事業も崩壊の危機に瀕しており、「壊滅することなく来年を迎える」ために政府の援助を求めている。


現在のガイドラインでは限られたスペースで歌ったり踊ったり人の近くに立つことは「リスクの高い行動」とされており、政府が示したライヴ・パフォーマンスを再開させるための5段階についてライヴ会場は批判している。

今回、リアム・ギャラガーやリタ・オラ、サム・スミス、ルイス・キャパルディなど、1400を超えるアーティストがデジタル・文化・メディア・スポーツ大臣のオリヴァー・ダウデンに宛てた公開書簡に署名している。
この書簡は「UKのライヴ産業の重要性を示し、政府にライヴ産業を無視させず、生き残るために業界が必要としている公共の財政的援助を得るために声を上げる」ためのものとなっている。
「素晴らしいライヴはステージの裏にいる素晴らしいチームなしにはあり得ない。好きなことをやるのに戻れなければ、彼らは職を失うことになるんだ」とリアム・ギャラガーは述べている。


Let The Music Play / RadioheadやPaul McCartneyらが、英国政府にライブ音楽への「壊滅的な被害」を防ぐよう呼び掛ける

グラストンベリー・フェスティバルの主催者であるエミリー・イーヴィスは次のように続けている。「政府がさらに力を入れて、イギリスのアートを援助しなければ、カルチャーの活気ある側面を永遠に失ってしまうことになります」
今日の公開書簡を受けてアーティストや会場、フェスチバルは最後のライヴやイベントの写真や映像をソーシャル・メディアに「#LetTheMusicPlay」のハッシュタグを付けて投稿している。


#LetTheMusicPlay

レディオヘッドのギタリストであるエド・オブライエンも会員のフィーチャード・アーティスツ・コーリションもこの運動を支持することを表明している。
「1992年にレディオヘッドはUKの約100の小さな会場で演奏しました」とエド・オブライエンは述べている。「そこで私たちは技能を学び始めました」
「私たちはこの国でツアーを続け、1997年にはグラストンベリー・フェスティバルでピラミッド・ステージのヘッドライナーを務めました。この国のライヴ産業はこの国の音楽業界にとって生命線なのです」


ミュージック・ヴェニュー・トラストはUKの556の独立系ライヴハウスを閉店から守るためのクラウドファンディング「セイヴ・アワー・ヴェニュー」も立ち上げており、これまでに140の会場が閉店を免れている。

ポール・マッカートニーやレディオヘッドら、イギリスのライヴ産業を守るための公開書簡に署名~NME JAPAN



(直訳)
「親愛なる国務長官、“Dear Secretary of State,

英国のライブミュージックは、過去10年間で英国で最大の社会的、文化的、経済的成功を収めてきました。世界的に有名なフェスティバルから革新的なコンサートまで、ライブミュージック業界は、世界で最も優れた才能のある人たちを舞台裏で披露し、サポートし、育成しています。

それだけでなく、私たちの国や地域の貢献は、純粋に文化的なものではありません。私たちの経済的影響も重要であり、ライブミュージックは英国経済に45億ポンドを追加し、2019年には全国で21万人の雇用を支えています。

エンターテインメント業界のあらゆる部分と同様に、ライブ音楽はコロナウイルスの蔓延を減らし、人々を安全に保つための全国的な取り組みにおいて私たちの役割を果たすことを誇りに思っています。しかし、視界における社会的距離や政府からの財政的支援にまだ終わりはなく、コンサートやフェスティバル、そしてそこで働く何十万人もの人々の将来は暗いように見えます。

この部門は政府の援助を求めたくありません。プロモーター、フェスティバルの主催者、その他の雇用主は、封鎖前のように自給自足を望んでいます。しかし、これらの企業が再び事業を展開できるようになるまで、それは最早2021年になる可能性が高く、大規模な破産を防止し、この世界をリードするこの素晴らしい業界には、政府の支援が不可欠です。

政府は2つの重要なイギリスの娯楽-サッカーとパブ-に取り組みました、そしてそれが今、それが3番目のライブ音楽に焦点を合わせることが重要です。経済のために、新興のイギリス人アーティストの経歴、そして英国の世界的な音楽の地位のために、パンデミックがついに終わったとき、ライブ音楽産業が残ることを保証しなければなりません。」




英国のアーティストの結集力と呼び掛けはパワーがあります。
日本でも # Let The Music Play 呼び掛けます!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3378-7ddf6d2c