FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

ザ・ビートルズに多大な影響を与えたバディ・ホリーBuddy Hollyの「Words Of Love」

ザ・ビートルズに多大な影響を与えたバディ・ホリーBuddy Hollyの「Words Of Love」

バディ・ホリーがザ・ビートルズに大きな影響を与えたことは広く知られているが、最も影響を及ぼしたであろう楽曲「Words Of Love」は1957年6月20日に生まれた。
この日、ロックンロールのパイオニアであるバディ・ホリーがシングル「Words Of Love」をリリースしたのだ。彼の繊細で心に触れるこの曲は、大西洋の向こう側にいた若者たちを刺激しただけでなく、カナダ出身のドゥーワップ・バンドのカヴァーよって全米でヒットを記録した。


ザ・ビートルズに多大な影響を与えたバディ・ホリーの「Words Of Love」



バディ・ホリーのいつもの曲のようにノーマン・ペティがプロデュースを手掛けた「Words Of Love」は、彼のスタジオで数トラックに分けて録音したバディ・ホリーの声を、マスター音源で重ね合わせたことで、スタジオの空気感を取り込んだバディ・ホリーのハーモニーが際立っていた。1957年4月8日に録音されたこのシングルは、わずか2ヶ月後にコーラル・レコーズからリリースされたが、この頃にはカナダ出身のザ・ダイアモンズによってこの曲のヒットが確約されていた。

過去にはコーラル・レコードにも在籍していたこのトロントの4人組ザ・ダイアモンズは、その頃マーキュリー・レコードに所属し、彼らのキャリアにおける最大のヒットとなったロックンロール・クラシック「Little Darlin’」をリリースしようとしていた。
結果的にこのシングルは、8週に亘って2位を記録したものの、全米チャート史に残る最も不運な全米1位獲得を逃した楽曲のひとつになった。
バディ・ホリーによるヴァージョンがリリースされたその週に、ザ・ダイアモンズによる「Words Of Love」が全米シングル・チャートに初登場して13位を記録している。




1961年から1962年にかけてザ・ビートルズがキャヴァーン・クラブでライヴ・パフォーマンスをしていた時は、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンがこの曲のヴォーカルを担当。その後、1964年の終わりにリリースされたイギリスでの4作目のアルバム『Beatles For Sale』に収録のヴァージョンでは、ポール・マッカートニーがジョン・レノンとのハーモニーを披露している。それは1965年、アメリカで『Beatles VI』がリリースされる半年前のことだった。





1964年にはジミー・ギルマー&ザ・ファイアーボールズによる「Words Of Love」がリリースされ、その直後に彼らの最大のヒット曲「Sugar Shack」が全米No.1を獲得している。



その後も、元ブリンズリー・シュウォーツのイアン・ゴムや、ザ・ビートルズのキャヴァーン・クラブ時代のオリジナル・ドラマーだったピート・ベストによるビート・ベスト・バンドによってカヴァーされた。



バディ・ホリーが75歳になった2011年には、2作のトリビュート・アルバムがリリースされた。『Listen to Me: Buddy Holly』にはジェフ・リンによる「Words Of Love」カヴァーが収録され、もう1作の『Rave On Buddy Holly』にはパティ・スミスによる解釈で収録されている。





ザ・ビートルズに多大な影響を与えたバディ・ホリーの「Words Of Love」~udiscover.music



ビートルズによるカヴァー・ヴァージョンは1964年12月4日に発売された4枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』のB面2曲目に収録された。ホリーのファンであったジョン・レノンとポール・マッカートニーの2人がリード・ヴォーカルで、ジョージ・ハリスンがハーモニーを担当。ヴォーカルと演奏はホリーのオリジナルに忠実にカヴァーしている。

ただしビートルズがデビュー前の1961年から1962年にかけてキャヴァーン・クラブでこの曲を演奏していたときのヴォーカリストはレノンとハリスンであった。リンゴ・スターはパッキング・ケースをドラムとして利用している。これはホリーの「エヴリデイ」に似せた音を出すためである。レコーディングは1964年10月18日に行われた。2013年に発売された『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』にも収録され、リード・トラックとしてこの音源を使用したミュージック・ビデオも制作された。(ウィキペディアより)





アンコールで、ポールのアコースティック・ソロを…

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

KK says..."バディーホリーウィーク"
色んなバリエーションのWords of loveのアップありがとうございます。75歳になったのくだり、一瞬存命かと勘違いしましたが、59年の飛行機事故でラバンバのリッチーバランスと共に22歳の若さでお亡くなりましたね。創成期のロック界に多大なロスで悲しい出来事ですが、曲はいつまでも生き続けます。バディーの楽曲の版権はポールが持っており、70年台後半、バディーホリーウィークイベントにはデニーレインと参加してますね〜。
2020.06.30 16:43 | URL | #hoJw6rrM [edit]
管理人からKK様へ says..."Re: バディーホリーウィーク"
KK様 バディーホリーウィークへのコメントありがとうございます。
「ラ★バンバ」(La Bamba)映画見ました!音楽もよく聞きました。
バディーホリーの最後が飛行機事故と言うのは、衝撃的な出来事です。
あっ!版権!ん…ポールの趣向とビジネス…両立していますね。
その心は…It's So Easy!?
2020.06.30 18:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3372-b3d94f17