FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ポール・マッカートニー、イギリスの学校給食の規則を変えるように求める

ポール・マッカートニー、イギリスの学校給食の規則を変えるように求める

ポール・マッカートニーがイギリスの学校給食で魚や肉を提供することが義務化されていることについて、その規則を変更することを求めている。

娘のステラ・マッカートニー、メアリー・マッカートニーと共にポール・マッカートニーは学校の生徒にヴィーガンの食事を選択できる選択肢を与えるべきだと述べている。

子供たちは学校で肉を食べるべきではありません。そして、野菜、果物、豆類の食事を与えられるべきです。それはイギリス政府に依頼するために協力してきたサー・ポール・マッカートニーによって設立されたグリーンピースUK、PETA、ミートフリーマンデーの目標です。彼らは教育省の国務長官に、学齢期の子供たちが昼食時に肉を食べないようにするという目標の助けを求めている。

ポール・マッカートニー、イギリスの学校給食の規則を変えるように求める

イギリスの食事を見直すナショナル・フード・ストラテジーの協議プロセスの一環として教育大臣のギャヴィン・ウィリアムソンに変化を求める新たな手紙を彼らは送っている。

声明でマッカートニー家は次のように述べている。「肉を食べなければならない人はいません。なので、学校でもそれを提供するのを義務化するべきではありません。地球を助け、動物を救い、健康な食事を促進させるためにも学校の給食規格を見直す時です」

教育省長官の Gavin Williamson ギャビン・ウィリアムソンMP宛の手紙は、学校が食事メニューから肉を捨てるべき主な理由の1つとして小児肥満を引用し、「英国医師会は英国の子どもの20%が6歳になるまでに肥満になり、後年、癌、糖尿病、心臓病を患う可能性が高くなっています。学校がコレステロールの多い食品である肉、魚、乳製品を定期的に提供することを要求するのは不合理です。飽和脂肪、赤肉や加工肉などの一部は発がん性物質として知られています。」

この運動はPETAが主導して立ち上げられたもので、、Linda McCartney Foodsによる2019年の調査ではイギリスの子供の約70%が学校の献立にヴィーガンの選択肢を求めている。

「世界は健康の面でも環境の面でも危機に瀕しており、ヴィーガンになることは動物や地球、健康にとってできる最善のことの一つなのです」とPETAは述べている。

ポール・マッカートニーは1975年からヴェジタリアンとなっていて、亡き妻のリンダ・マッカートニーは1991年にヴェジタリアン食品の製造を始めている。

先日、アニメ『ザ・シンプソンズ』のスタッフは番組内のキャラクターであるリサが今もヴェジタリアンであるかを常にポール・マッカートニーが「確認している」と語っている。

ポール・マッカートニーは1995年にリンダ・マッカートニーと共に「リサ・ザ・ヴェジタリアン」の回に出演しており、リサはポール・マッカートニーと会ったことで肉を食べることを止めている。出演時にこの設定こそがゲスト出演の条件だったという。

シンプソンズThe SimpsonsのLisaとPaul McCartneyはベジタリアンです。Disney+でThe Simpsonsが英国で配信

シンプソンズThe SimpsonsのLisaとPaul McCartneyはベジタリアンです。Disney+でThe Simpsonsが英国で配信

ポール・マッカートニー、イギリスの学校給食の規則を変えるように求める~NME JAPAN

UK Government Asked to Take Meat Off of the Menu at School Cafeterias ~The Beet

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3362-9c04d6a3