fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

イタリア公演のチケット大騒動! YesterPay - No voucher please – Sir Paul McCartney, help us!チケット払い戻しを求めるファンの歌

管理人さん

管理人さん

イタリア公演のチケット大騒動! YesterPay - No voucher please – Sir Paul McCartney, help us!チケット払い戻しを求めるファンの歌

ポール・マッカートニーのFreshen Up 2020 in EUの全公演が新型コロナウイルスのパンデミックの為に中止が発表されました。

FRESHEN UP EUROPEAN SUMMER TOUR CANCELLED

当ブログでも、このように掲載しております。

イタリア・ナポリ公演、2021年に延期との報道。Paul McCartney 10th June・Piazza Plebiscito, Naples, Italy

FRESHEN UP EUROPEAN SUMMER TOUR CANCELLED , Paul McCartney 2020年・EU全公演中止

Freshen Up EU Tour 全公演中止をポール・マッカートニー側が正式発表。各国の報道

公演中止のチケットが返金出来ない!?ポール・マッカートニー、イタリア・ルッカフェスティバルのチケット大騒動!

日本でも経験がありますが、通常、アーティストの公演が中止になった場合、延期公演への振替または払い戻し・返金が普通ですよね。ポール・マッカートニーの日本公演でも1980年、2014年の公演中止の時には主催社・販売会社は返金をされました。

私の場合、1980年の時は、ウドー音楽事務所にて即・払い戻し!
2014年の時は、複数公演を各社から購入しており、BCC、ユニバーサル・ミュージック・ジャパンで払い戻し&返金をして貰いました。
中には記念チケットとして払い戻しされなかったファンの方がおられるようですが…


エッ!?もし、2014年の日本武道館・記念チケットが発行されていたら…って…勿論、即・払い戻しです。
でも、今、このような状況に至った時には、どうされますか?しかも家族・友人の為に複数お持ちだったら、当然払い戻しを要求されますよね。


ポール・マッカートニー、イタリア・ルッカフェスティバルのチケット大騒動!

ところが、イタリアの公演については、バルチャーと言う制度があり、他のアーティストの公演に参加出来る券に代替させられるようなのです。
そりゃ~困るファンの方が大勢おられるでしょう。しかも、このパンデミックの影響で、生活や仕事が厳しくなっている方もおられるでしょうから…
ところが、まだイタリア主催社からの回答はありません…
そこで、憤慨したファンは、YouTubeの動画にYesterdayのパロディとして、「YesterPay」をアップされています。






Calico Skies Radio (スペイン)より
この曲は、払い戻しが行われていないことを示唆し、手元にあるチケットとそれぞれの価値を示しています。
Calico Skies Radio では、ポールの音楽への情熱を同じように感じて、すぐにでも彼らの要求に連帯し立ち上がります。



この動画を見て、ポール・マッカートニー・ファンは世界共通だと思いますね。皆さんの困った表情、チケットを持っていると笑顔になる…服装や周りのデザインなど愛情のある表現でアップされています。

イタリア公演のチケット大騒動! YesterPay - No voucher please ・ Sir Paul McCartney, help us!チケット払い戻しを求めるファンの歌

なんとかならないのでしょうかね…サー・ポールの所にも、この気持ち、届いていると思いますよ。

Comments 0

There are no comments yet.