fc2ブログ

Welcome to ゆめ参加NA blog

Meat Free Monday Come Together KOBE with なりきりPaul McCartney& THE RENDEZVOUS

管理人さん

管理人さん

Meat Free Monday Come Together KOBE with なりきりPaul McCartney& THE RENDEZVOUS

こんにちは!Meat Free Monday Come Together KOBE with Liverpool、あなたの笑顔♪

Meat Free Monday Come Together KOBE with Liverpool Lunch&Talk&Live

阿部さんとポール・マッカートニーのリバプールっ子達のコミニュケーション at Cavern Club

シリーズ化しています2月2日に開催された「Meat Free Monday Come Together KOBE」の様子をブログに掲載しておりますが、今日は熱狂的なビートルズ&ポール・マッカートニー・ファンである小西さんをVocalとしたバンドのライヴをご紹介します。

バンド名は、「THE RENDEZVOUS」(ランデブーです。)
こちらのバンドのステージはとにかく凝っています。肩が?って…スイマセン…違います…演出がです。バンドの演奏前には、近年のポール・マッカートニーのライヴと同様にステージ前に流れる映像とDJミュージックを流します。MFM仕様ですね。


そして、演奏開始!一曲目は、日本では幻となった、この曲からのスタートです。

Venus And Mars ~Rock Show~Jet
Hi, Hi, Hi
Come On To Me
Maybe I'm Amazed
My Love
Silly Love Songs
Kansas City~Hey, Hey, Hey
Band On The Run
Back In The USSR(Paul Version)
Long Tall Sally
Birthday


神戸MFM ランデブー

神戸MFM ランデブー1


ここまでが、本公演のセット・リストになりますが、まるでポール・マッカートニーのミニミニ・ライヴの曲目です。
聞きたい曲が!感激の曲が!ノリノリの曲が!懐かしの曲からエジプト・ステーションからの曲もあり、バラエティーですね。
次回の本当のポール来日公演では、ぜひ演奏して欲しいSilly Love Songsが、こちらで聞けたのも良かったです。


Vocalの小西さん、なりきりポール・マッカートニーでしたね!そのなりきりぶりが最後まで持続して、見ている観客にもあなたのやる気と気持ちが伝わっていましたよ。
私が感心したのは、リンダ・マッカートニーばりのキーボードである なっちゃん、よく頑張りましたね。演奏に無縁であったあなたのその頑張りがリンダさんと同じですね。


このランデブーのライヴは、ここで終わりではありませんよ!勿論、Encore!
Hey Jude
Golden Slumbers/Carry That Weigh/The End


Hey Judeでは、お決まりのNA NA NA コール!そして、男性の方、女性の方のNA NA NA
そして、これです!


Meat Free Monday Come Together KOBE NAボード1

NAボード 神戸MFM Hey Jude

NAボード!
Hey Judeでは、これがなくっちゃ!全員でボードを掲げました!ステージからも!


Meat Free Monday Come Together KOBE NAボード2

このNAボード、どうしたの?皆さん、準備したの?…って、実は当ブログのNA Dreamers(NAドリ)で準備しました。このボードを、この曲で皆さんに掲げて貰う為に、受付で配布・呼び掛けをさせて頂きました。参加者の皆さん、ご協力ありがとうございました。

NAボード 神戸MFM Hey Jude フィナーレ


そして、この呼び掛けに賛同して頂いた神戸・リバプール友好オフィスの櫻井さん、ご賛同、ありがとうございます。
そして、素晴らしい演奏と歌を披露して頂いた小西さんとTHE RENDEZVOUSの皆さん、ありがとうございました。


感動・感激のMeat Free Monday in KOBEのファイナルです。
Meat Free Monday Come Together KOBEのブログ掲載のフィナーレは、次回へ…

Comments 2

There are no comments yet.
haru
東では「幻の日本公演」

NAドリーマーズ、関西本部の皆様
ミートフリーマンデーのイベント、ご報告ありがとうございます。

ライブのセットリストを見ると、これは見たかったです。
「ビートルズ」でなく「ポール」が前面に出た、ウイングスやソロの曲主体のライブ。
私は「ビートルズ」ではなく「ウイングスのファン」で
そのバンドリーダーがいたバンド、ということでビートルズを聞くようになりました。
だから、これが見たいのです。
出来たら御大ご本人が、このようなセトリでやってくれたら(これウイングスのコンセプトです)
夢見ています。

さて同じ日に、関東では「1980年、ウイングス幻の日本公演、再現ライブ」が開催されました。
あの「ウイングスファン」さんが、40年前、ポール逮捕と幻の日本公演について、
徹底的に研究され、その渾身の調査のご報告、という感じでのイベントでした。
NAドリ「関東支部」メンバーも参加させていただきました。

そのセトリ、ウイングスファンさんが、懸命の調査の結果入手されました「ポールのセトリメモ」に基づくもので「つれづれなるままにウイングスファン」さんのブログに掲載されておりますので、
ぜひご覧になってください。

直前の英国ツアー、そして「カンボジア難民救済コンサート」は有名ですが、
それとは少し違う、うれしいサプライズ満載のライブでした。

感想として「もしこれ見ていたら、人生変わっていた」と思いました。
実現していたら、間違いなく「世界音楽史上に残る名コンサート」になったことは間違いないと思います。

西で東で、NAドリーマーズ、ポールファン、ウイングスファンさんの
大活躍の20200202の日でした。

直前の英国ツアーはベースにはなっていますが、サプライズもたくさんありました。

管理人さん
管理人からharu様へ
Re: 東では「幻の日本公演」

haru様 ウイングス祭へのコメントありがとうございます。
0202は関東関西ともに盛り上がりましたね。
多くの関西NAドリ組が参加し、ウイングス祭を堪能されたようで良かったです。
世界音楽史上に残る名コンサートは、これからポール・マッカートニーが実現するでしょう!