FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

Carpool KaraokeでPaul McCartneyは、Childhood Homeに行く気がしていなかった…James Corden

ポール・マッカートニー、「カープール・カラオケ」への出演に不安を感じていたことが明らかに

今日のブログは、大好評だった こちらのTV番組についてのエピソードです。





カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home6

ポール・マッカートニーは「ザ・レイト・レイト・ショウ・ウィズ・ジェームズ・コーデン」の名物企画「カープール・カラオケ」への出演に先立って不安を感じていたことが明らかになっている。

ポール・マッカートニーは2018年、同年にリリースした最新作『エジプト・ステーション』のプロモーションの一環として故郷のリヴァプールで「カープール・カラオケ」の撮影に臨んでおり、ジョン・レノンと共に“She Loves You”を書いたことでも知られる、現在は(歴史的建造物を保護する)ナショナル・トラストによって保護されているかつて10代の頃に住んでいた家を訪れている。

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home1

しかしながら、ポール・マッカートニーがかつて暮らしていた家での撮影は実現しなかった可能性もあったようで、番組で司会を務めるジェームズ・コーデン(James Corden)は当時について、ポール・マッカートニーが昔の家を訪れることに懸念を示していたことを明かしている。

ジェームズ・コーデンは『ザ・ニューヨーカー』誌(The New Yorker)とのインタヴューでポール・マッカートニーとの撮影を振り返り、撮影当日の朝にポール・マッカートニーから懸念を伝えられたとして次のように語っている。「彼にこう言われたんだ。『20歳の時にここを出て以来、訪れていないんだ。少し不思議な気持ちがするんだよ』とね」

「それで、『ポール、今日のあなたの仕事は楽しむことです。なので、もしも不快に感じるようなことがあれば、僕らはそれを控えます』ということを僕は伝えたんだ」

ジェームズ・コーデンは彼が同意してくれたものの、実際に車で訪れた時には彼が考えを改める可能性を懸念していたとして次のように続けている。

「車を停めた後で、こう思ったんだ。『どうしよう。隠語を決めておけばよかったよ。嫌そうな顔をされたらどうしよう?』ってね」

しかし、マッカートニーに「中に入ってみる?」と尋ねてみると、彼は「ああ、そうしよう」と答えたそうだ。

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home5

2人は最終的にポール・マッカートニーの昔の家を訪れており、ポール・マッカートニーは部屋に置かれているピアノで“When I’m 64”を演奏している。

カープールカラオケ Paul McCartney Childhood Home8

ポール・マッカートニーはその後、番組の終盤でリヴァプールのパブを訪れて、サプライズでライヴを行って地元の人々を驚かせている。

ドリンクは僕のおごりだよ

ポール・マッカートニーは50周年を迎える今年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務めることが決定している。

ポール・マッカートニー、「カープール・カラオケ」への出演に不安を感じていたことが明らかに~NME JAPAN

ポール・マッカートニー、育った家への再訪、乗り気ではなかった~BARKS


50数年ぶりに実家に行くって…不安になるのかな…「行こう!」と思わないと行かないですよね…私も幼少の頃の家に行こうとは思わないけれども、誰かが背中を押してくれたら、行ってしまいそうです。
この番組については、ゆめ参加NA探検隊の気分で、実際、ポール&ジェームズが通った道を大調査しました!
こちらのカテゴリーから、ご覧になって下さい。

  ↓  ↓  ↓

カテゴリー:カープール・カラオケ

Youtubeの日本語字幕編が残念ながら強制削除されているので、見れませんが…一部、画像を貼り付けていますので、あの感動を思い出して下さい。

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

A.S says..."惜しいなぁ~!?"
久々に観てみましたが、ホント何度観ても楽しめる番組ですねぇ。Youtubeでは英語字幕は出ますが、日本語字幕付きだとより一層楽しめます。そうですかぁ~、強制削除されてたんですね~ !? 高いスキルをお持ちのNAドリの方々がその能力をいかんなく発揮されて作り上げた力作だっただけに惜しいですし、ユニバサイトに上げて置いておいてほしいぐらいです!!
ェっ!? もちろんウチでは、永久○○版扱いですよ~(笑)
2020.01.31 22:49 | URL | #CSRYynVE [edit]
管理人からA.S 様へ says..."Re: 惜しいなぁ~!?"
A.S様 カープール・カラオケへのコメントありがとうございます。
日本語字幕Ver、残念な事になりました。字幕のお陰で本当に楽しめましたので…
ところで、あの番組の編集は素晴らしいですね。
「番組進行の走行ルート」と「実際の走行ルート」は一致しないし、ポールとジェームズの交互になる運転シーン…
ん…よく出来た番組です。
2020.02.01 12:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3120-7b0f5f0b