FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
6

(Just Like) Starting Over~ジョン・レノンを想う

(Just Like) Starting Over~ジョン・レノンを想う

(Just Like) Starting Over~ジョン・レノンを想う

12月9日は、ジョン・レノンの命日です。
1980年12月9日(現地時間12月8日)にジョンが糾弾に倒れて、39年となりました。
亡くなってから39年も経ったにも関わらず、あの時の事を思い出しますね。

こうして、39年経っても、彼の方を思い出すのは、ビートルズ・ファンだけでなく、音楽ファンにとっても、良い事だと思います。
ビートルズ・ファンになった頃は、ジョン・レノンは「主夫」(house husband)でしたので、ビートルズの曲は聞いていましたが、ジョンの曲は全く知りませんでした。
ポツリポツリと友達から「イマジン」とかを一緒に聞いたりしましたが、ジョンの想いを理解出来るような年齢ではありませんでしたので、チンプンカンプンでしたね。


(Just Like) Starting Over ジョン・レノンを想う

そして、年月が経過し…5年間の主夫生活を終え、音楽業界に復帰する記念すべき楽曲が発表された。それが「(Just Like) Starting Over」
ラジオから流れる曲を初めて聞いた時に、当時はなんて軽いポップな曲なんだと思いましたが…その後…彼の気持ちや決意が伝わるようになり、曲の素晴らしさを感じています。この曲は後世に伝えるべく曲の1つだと思います。


(Just Like) Starting Overジョン・レノンを想う

この曲に寄り添って、曲の本質にイマジンしたいです。
5年ぶりの復帰の第一弾のシングル、アルバム「ダブル・ファンタジー」の1曲目ですから、並々ならぬ気持ちがあったに違いありません。


(Just Like) Starting Over~ジョン・レノンを想う ダブル・ファンタジー

今、Double Fantasy、聴いています。
今も、彼がここにいるようです。

Here today


追悼

1957年の7月6日、リヴァプールのウールトン地区にあるセント・ピーターズ教会の庭園パーティで、ジョンはポールに初めて出会った。~ジョン・レノンのソロ楽曲ベスト20曲 uDiscoverMusic

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

A.S says..."I miss you!John"
日本時間だと明日9日ですが、Johnが凶弾に倒れてから40年近くも経つんですね。私も、3日にBS-TBSで放送されたSong to Soul /(Just Like)Starting Overを観ています。
久しぶりの一番拍手でしたが、寂しい話題だったんで、あまり自慢できませんね!?
2019.12.08 17:14 | URL | #CSRYynVE [edit]
管理人からA.S 様へ says..."Re: I miss you!John"
A.S様 ジョン追悼へのコメントありがとうございます。
ビートルズ・ファン、いや音楽のファンの皆さんは追悼されている事でしょう。
一年後は40周忌となります…生死と半々になるのですね…

2019.12.08 17:33 | URL | #- [edit]
haru says..."(Just Like) Starting Over~ジョン・レノンを想う"
あの日から、40年。
こんな日が来て、ここでもジョンやビートルズの曲を聞いているとは。
当時高校生だった私には、想像がつきませんでした。

そして、前にも投稿したように、あのタイミングで、ジョンが撃たれるなんて、
全く想像外でした。

「これから(Starting Over) 」というタイトルの曲を出したのですから、
これから始まるはずでした。

私の中学生時代は、ポールはウイングス全盛期。
一方のジョンは「変人扱い」。
NHKでビートルズの番組が流れたとき、その最後が「イマジン」で
その後東芝EMIは「ジョンは変人ではありません」と「イマジン」シングルを売り出していたほどです。
今にしてみると「育休中」で、その点でも時代の最先端を行っていたのですね。

武道館でコンサートを見た。
ビートルズが再結成して、ワールドツアーで大爆発。

↑↑映画「イエスタディ」のような世界で、実は上の2行が、本当は実現している。
それがない「パラレルワールド」に、私たちはいるのだと思います。

今、職場でクリスマス会をやるので、職場のバンドで「ハッピークリスマス」の練習をしています。
War is over.
こんな世界が来るように、ジョンを追悼します。
2019.12.08 18:10 | URL | #kKgNjozQ [edit]
管理人からharu様へ says..."Re: (Just Like) Starting Over~ジョン・レノンを想う"
haru様 ジョンへのコメントありがとうございます。
職場のバンドで「ハッピークリスマス!良いですね!大合唱で楽しんで下さい。
数年前は、この曲がブームのように街中に流れていました。
でも…近年、街中にXmas Song…って感じが減って来ている気がしますね。
2019.12.08 20:03 | URL | #- [edit]
PAN says..."レノンマッカートニー"
39年前、あの出来事が起こらなければ、どうなっていたのか?

ジョンはダブルファンタジーを引っ提げて日本からワールドツアーを始めて一線に返り咲き、それに刺激を受けたポールはタッグオブウォーよりライヴを意識したアルバムを作っていたかもしれない。

そう考えるとタッグオブウォーはいなくなったジョンの存在を意識したサーポールの渾身の作品であり、その後、エジプトステーションまでNO.1から遠ざかってしまったことからも、つくづくジョンの存在は特別なのだと思えてしまいます。
2019.12.08 23:06 | URL | #- [edit]
管理人からPAN様へ says..."Re: レノンマッカートニー"
PAN様 レノン・マッカートニーへのコメントありがとうございます。
ジョンが殺害された1980年12月8日には、取材にて「人生のうちで2回、すばらしい選択をした。ポールとヨーコだ。それはとてもよい選択だった」と述べている。(ウィキペディアより)
ジョンにとっても、ポールにとっても、とても素敵な出会いだったのですね。
黙祷
2019.12.10 00:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3051-96e2fe20