FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。Part1-Paul McCartney in EU

Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。Part1-Paul McCartney in EU

もう覚えておられないと思うのですが、このような内容のブログを以前更新しました。

Freshen Up 2020 はNew Design!Paul McCartney in EU

Freshen Up 2020 はNew Design!Paul McCartney in EU

Freshen Upのツアー・デザインについて掲載したのですが1つ見落としていました。
肝心なPaul.comで、このようなデザインが掲載されていました。


Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。paul.com

ひえ~横長のデザインで、しかもポールが左寄りではなく中央になっています。
このデザインでは左側のライトが眩しい!しかもポールの左側に、スマホを持っているファンの腕も、しっかりと写っている(描かれている?)。


スマホを持つ手 ポールのポスター

ライトも星も綺麗です…野外公演では本当にこのようなシーンが見られるのでしょうね。

デザインとしては、通常、ポールだけを見せるデザインが多いのですが、Freshen Up2018での東京ドームでポールと観客を見せるデザインがありました。

FreshenUp_MainTourデザイン

このデザインが好評だったのか、今回の2020版でも、このようにポールと観客を見せるデザインが採用されています。(勝手な想定です。笑)

でも…ん!?と言う部分がありますね。それはポールの持っているギターが、Hofnerではないのです。
おかしいですよね。普通はポールのギターと言えばHofner、Hofnerと言えば、ポールなのに…今回のデザインはHofnerではない!
そのギターは左利き用ギブソン・レスポールです。
2018版がHofnerでしたので、あえてHofnerを避けたのか?


そのレスポール…じっくり見たいですね…でも…あれ!?このレスポール、全体を見たいのにギターの下部が見えないですね。
何だか不自然な部分のデザインですよね…なんなの?あの煙のようなデザインは…ん…あの煙?でレスポールの下部が隠れて見えないではないか!


レスポールの下部が見えないデザイン Paul McCartney

どうせなら、レスポール全体が見えるようなデザインにすれば良かったのに…と思うのですが、それが出来なかった…いや…わざと、そのようにしなかったと予想しています。

その理由は…
次回、「Freshen Up 2020 のNew Designの謎に迫る。Part2-Paul McCartney in EU」 に続く…

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/3042-428ee13e