FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

The Beatlesの‘Singles Collection’ は戸惑いますね~タイトルと7インチの重量

The Beatlesの‘Singles Collection’ は戸惑いますね~タイトルと7インチの重量

The Beatles to Release Limited Edition ‘Singles Collection’ Vinyl Boxed Set

2019年11月22日に発売される事が発表されたビートルズのSingles Collectionですが、何かと戸惑いますね~

先ずは、このボックスの日本語名は、「シングルズ」と思っていたのですが、正式には「シングルス」なんですね。
アーティストやアルバムによっては、シングルズとタイトルを付けている場合がありますが、今回は「シングルス」なんです。
ビートルズなんだから、シングルズでも良いと思っていたのですが、駄目なんですね。
正式な日本語表記は「ザ・シングルス・コレクション」


では英語では…
Amazon US : The Singles Collection 23 x Singles
Amazon CA : The Beatles: The Singles Collection (23 x 7" 180-Gram Vinyl Singles)
Amazon UK : The Singles Collection
The Beatles Store US : The Singles Collection Box Set
The Beatles Store UK : The Singles Collection
なんですが、BOXに記載されている「The Singles Collection」が正式名でしょうね。


そして、一番の謎は、こちらでしょうね…7インチなのに重量180g?
通常、レコードはSP盤(Standard Play)、LP盤(Long Play)、7インチシングル盤(ドーナッツ) 、EP盤(Extended Play)、12インチシングル盤に分類されます。
今回のレコードは、7インチと発表されているのですが、普通重量は40g前後となります。7インチの重量盤でも70gと言われています。ところが、今回、以下のような表記がありました。


The Beatles: The Singles Collection presents 46 tracks on 23 180-gram seven-inch vinyl singles
23枚で46曲、7インチ180gとなります。(The Beatles Store US)
The Beatles Store UKも同様ですが、これは同じ内容にしているのでしょうね。


ところが、日本のユニバーサルには、180gどころか重量盤の表記もありません。
HPでは、「海外プレス・リリース」には、「『ザ・ビートルズ:ザ・シングルス・コレクション』は、46曲が、23枚の7インチ・シングルとして…」との記述ですので、明らかに「180g」は削除したと思われます。


以前、当ブログでは、NME JAPANにて、「23枚の計46曲は180グラムの7インチ・シングルに収録」と記載されていたので、そのまま掲載したのですが…因みに、NME MUSICでも「‘The Singles Collection’ therefore comprises of 46 tracks on 23 180-gram seven-inch vinyl singles」と表記されていたので、その内容に沿ったのでしょうね。

では、LP=Vinylの重量盤で180gなのに、7インチで180gはあり得るのだろうか…

今回の7インチは、中心がドーナッツではないので、その分、重量はあるでしょうが、7インチ40gとして、180gにするには4.5倍の厚みが必要です。そうすれば、180gになる…って…どんな7インチ・レコードじゃ~!
レコードの一般的な厚みは1.5ミリで、重量盤は2ミリなのですが、7インチ通常盤40gを180gにしようとすると、1.5ミリの4.5倍で6.75ミリ!なんと言う厚みじゃ~!(笑)


と…思いを巡らせていると…super deluxe edition.comに、このような内容が…

Each seven-inch single is pressed on heavyweight vinyl (incorrectly described as “180g” by the label) 

7インチの各シングルには、ヘビーウェイトビニールとプレスされています。(ラベルには「180g」と誤って記述されています)

へっ!?180gは間違いなのか?!
7インチで180gだったら史上初!貴重品!大事件!なんですが…


どれが正解か…
でも重いを巡らせるのも、ここまでにしておきましょうか…(笑)

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

haru says..."重量盤レコード"
前と同じような投稿になりそうですが、御容赦ください。

シングルの180グラムは、あり得ないと思っていました。今回の記事で納得しました。

シングルも、180gLPと同じ割合の重さ(ビニールの使用量)と理解していました。

ただ(繰り返しで恐縮ですが)「重量盤レコード」が、正直そんなにいいとは思えません。おそらくカッティングマンの腕が、1990~2000年代にかけて、途切れていて、昔のような技術は望めません。
重量盤で、各々の音は響くようになるでしょう。しかしレコードの「音の塊」的なものは、1970年代のものの方が、しっかりいい音を出すような気がします。

特にシングルは、薄いレコードから出るチープさと迫力がいいから、「重量盤レコード」で来ても、昔のレコードの「迫力」はあると思えないのです。(音質は絶対今度出るボックスの方がいいでしょう。だけど音楽は「音質」だけではありません)

私は4曲入りEPのレプリカが出たら、考えます
2019.10.22 19:35 | URL | #kKgNjozQ [edit]
管理人からharu様へ says..."Re: 重量盤レコード"
haru様 重量盤へのコメントありがとうございます。
チープさが以前のレコードの良さに繋がっている…独特の味わいですね。
ザーザー、プチプチ、昔はそれは当たり前でしたからね。
もし7インチ180gだったら…BOXはレコードだけで4kgを超えます!超重量BOXになります(笑)。
2019.10.22 20:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2992-609ed137