FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

ザ・ビートルズのカヴァー曲・レイ・チャールズからオアシスまで。ポール・マッカートニー公演を思い出します。

ザ・ビートルズのカヴァー曲・レイ・チャールズからオアシスまで。ポール・マッカートニー公演を思い出します。

洋楽についての音楽サイト「uDiscoverMusic」にて、興味深い記事が掲載されていましたので、転機致します。
カバー曲の紹介なのですが、曲を聞くと、これからポール公演が始まるのではないか!と思ってしまいます。
数多く紹介されていますので…ゆっくりと…



ビートルズのジョン・レノンとポール・マッカートニーの二人による比類なきソングライティング・パートナーシップはつとに有名だが、それに加え、年を追うごとに水準を高めていったジョージ・ハリソンの作曲能力やバンド解散間際のリンゴ・スターによるオリジナル曲の提供などもあった。

音楽全体の水準を高めていった彼ら4人による楽曲群は、彼らビートルズから影響を受けたアーティスト達によって実に多くのカヴァー作品を生み出すことになった。様々なスタイルを持った多くのアーティスト達によるビートルズ・カヴァーの中でもベストと呼べる作品群によって、改めてビートルズ作品のクオリティの高さや音楽的な幅の広さと深さを実感してもらいたい。特に注目すべきビートルズ・カヴァー10曲と、さらにもう10曲分の寸評を今から紹介しよう。

エスター・フィリップス「And I Love Him」

「ビートルズのカヴァー曲でお気に入りのものは?」と問われた時にポール・マッカートニーが常に挙げるのが、彼が1964年に作曲した「And I Love Her」のエスター・フィリップスによるヴァージョン(性別を逆にして歌っている)だ。1965年のTV番組「The Music of Lennon&McCartney」で彼女はこの曲を披露したが、以来ポールは現在に至るまで彼女の素晴らしさを称えている。





レイ・チャールズ「Yesterday」

ビートルズはアメリカのR&Bの大ファンで、彼らが有名になる前のセットリストにはリトル・リチャード、チャック・ベリー、アーサー・アレクサンダーなど、実に多くのアメリカの黒人アーティストによる作品が含まれていた。そうしたアーティスト達によって自分達の楽曲がカヴァーされることは、60年代の彼らにはとって非常にスリリングなことだった。レイ・チャールズの偉業はビートルズのカヴァーの枠を超えていて、しかも彼の「Yesterday」と「Eleanor Rigby」とでどちらかを選ぶのは至難の業だったが、今回は大いに悩んだ末の前者とした。だが、どちらも全く甲乙つけがたい素晴らしさだ。





ウィルソン・ピケット「Hey Jude」

アメリカのR&Bからさらに続けよう。ウィルソン・ピケットによる1969年の「Hey Jude」は、既に完璧な作品に何ができるのかという意味でまさにまさかの選曲だった。この曲のギタリストにピケットが起用したのは、当時まだ無名の若者だった名手デュアン・オールマンだった。ブラス・セクションが効いたアレンジに乗せてピケットがシャウトするこの極上の逸品に、デュアンのギターは最高のトッピングになっていた。エリック・クラプトンはこのレコードを聞いてノックアウトされたという。彼は近年、「今に至るまで、R&Bのレコードでこれ以上素晴らしいロック・ギターは聞いたことがない。これがベストだと思う」と述べている。





アル・グリーン「I Want To Hold Your Hand」

次なるアメリカのR&Bによるカヴァーはアル・グリーンの「I Want To Hold Your Hand」だ。グリーンがこの曲をレコーディングしたと当時のビートルズは終焉期を迎えており、エド・サリヴァンのテレビ番組出演の狂騒がまるで遠い過去に思える時代だった。しかし、かの牧師グリーンのこのファンキー・ソウルが炸裂するヴァージョンによって、かつてビートルズ旋風を巻き起こした1曲は新たな生命を吹き込まれたのだった。





ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス「Sgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band」

アーティストにとって、同時代の名士に称賛を受ける以上に光栄なことはそうあるものではない。1967年6月にジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスがロンドンのサヴィル・シアター(ビートルズのマネージャーであるブライアン・エプスタインが運営していた)で、当時リリースされたばかりのビートルズの『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』のタイトル・トラックを演奏してみせた時がまさにそれだった。

ビートルズのメンバー達が見ている中、シアトル出身のギタリストのなんとタイムリーで、そして自信に満ちていたことか。ポール・マッカートニーが後に回想して言っている。「幕が開いて前の方に出てきたジミがオープニングで“Sgt. Pepper~”をプレイしたんです。木曜日にリリースしたばかりなのに。あれほど光栄なことはなかった。僕は彼のことを本当にスゴイと思っていましたし、今になっても輝かしい思い出です。彼は見事に言うことなしでした」





ジョー・コッカー「With A Little Help From My Friends」

シェフィールド出身のシンガー、ジョー・コッカーによるビートルズ1967年の作品のカヴァーは世に出るまでにやや時間を要した。しかし、それ以来最も記憶されているビートルズ・カヴァーの1つであり続けている。 コッカーの1968年リリースの「With A Little Help From My Friends」はイギリスのシングル・チャートで1位になり、歌唱時の彼のパフォーマンスは、翌年のあの伝説的なイベントであるウッドストック・コンサートのハイライトの1つだった。 80年代後半にヒットしたアメリカのドラマ「素晴らしき日々」のテーマ曲でも使用され、新しいリスナーを得ている。ポール・マッカートニーは、コッカーのヴァージョンを初めて耳にした際に「衝撃的」だと形容していた。





スティーヴィー・ワンダー「We Can Work It Out」

1966年にロンドンのナイトクラブで初めて顔を合わせて意気投合したスティーヴィー・ワンダーとポール・マッカートニー。どちらも、二人の友情がその先どう育まれていくかは知る由もなかっただろう。16年後に彼らはシングル「Ebony And Ivory」で大西洋を挟んだ英米でNo.1を喜び合い、そして2010年には、ワンダーがホワイトハウスでポールとオバマ大統領を前にビートルズの「We Can Work It Out」を超ファンキーにカヴァーしてみせた。





スージー・アンド・ザ・バンシーズ「Dear Prudence」

80年代初頭、ビートルズは新しいリスナーを獲得し始めていたが、同時に意外な方面からも注目されていた。筋金入りのパンク・バンド、 スージー・アンド・ザ・バンシーズだ。1978年にアルバム『The Scream』で既にビートルズの「Helter Skelter」をカヴァーしたことがあった彼らが、1983年に再びレノン=マッカートニー作品を採り上げたのだった。ザ・キュアーのロバート・スミスをギターに迎えてレコーディングされた、不気味なコード感を持った「Dear Prudence」は、イギリスのシングル・ヒットチャートで3位にまで上昇し、バンドにとって最大のヒットシングルになった。





オアシス「I Am The Walrus」

90年代半ばのブリット・ポップは、栄光の60年代以来イギリスのギター・バンドにとって間違いなく最も輝かしい時代であり、その中でもマンチェスター出身のオアシスは群を抜く人気を得ていた。ビートルズへの溺愛を公言して憚らない彼らは、ジョン・レノン作になるサイケデリック・ロックの傑作「I Am The Walrus」を、その後の彼らのトレードマークになる太々しさ全開でパワーコードが炸裂するラウドなヴァージョンに変貌させてみせた。





ニーナ・シモン「Here Comes the Sun」

ニーナ・シモンがこの曲名をタイトルにして1971年にリリースしたアルバムに収録されたカヴァーで、ジョージ・ハリスンのオリジナルよりもさらに明るくポジティブなムードがある。





他にもありますが、あとは、こちらから…

映画『イエスタデイ』公開記念 ザ・ビートルズのカヴァー曲

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

KK says..."カバーって難しい!"
学生時代はカバーばかりでした。軽音の先輩からは早くオリジナルで聴かせるようになれ、と言われてました。
それは比較にはなりませんが、
挙げられたミュージシャンたちはオリジナルでもヒットを飛ばしてる大物ミュージシャンですが、やはりビートルズの元曲が良いだけにやりにくかろうと思います。

似せればただのコピー、似てなければオリジナル無視ですか?と問われる。
どれだけ自分の個性を注入しつつ、オリジナルにリスペクトを払いながら作るか。

ここにはないU2のヘルタースケルター、エアロスミスのカムトゥゲザーなどもありますが、好きなアーティストでも正直あまりビートルズカバーは好きではありません。ライブでサプライズは良いですが、販売されるCDなどに入るのはどうかな〜微妙。名演と言われるボブシーガーも濃すぎの怒涛の繰り返しにはうーんと唸ります。そもそものリンゴのタッチとは異なるビッグヘルプを求めてる感じです。
エドシーランくらい軽いタッチでカバーするといいのかなぁ。

スティービーワンダーはいいですね。全般的には軽いタッチでまとめたアイアムサムのサントラ、マシュースイートとスザンナホフスのカバーが良いです。
好みなんで人それぞれですけど^_^
2019.10.10 09:10 | URL | #hoJw6rrM [edit]
管理人からKK様へ says..."Re: カバーって難しい!"
KK様 カバー曲へのコメントありがとうございます。
アーティストがリスペクトしているミュージシャンの曲はカバーしますよね。
これほど、多くの曲がカバーされている事は、さすがビートルズです!
今度は、KKさんがビートルズ・ソングをカバーしている曲を聞きたいですね!
2019.10.10 23:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2980-664f5d83