FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

ステラ・マッカートニー、サステイナブル・ファッションの原点は両親・ポール&リンダ・マッカートニー

ステラ・マッカートニー、サステイナブル・ファッションの原点は両親・ポール&リンダ・マッカートニー

ステラ・マッカートニー、サステイナブル・ファッションの原点は両親

来週・10月16日から阪急百貨店にてリンダ・マッカートニー「THE POLAROID DIARIES」、ステラ・マッカートニーのトークイベントが行われますが、その開催を100倍楽しむ為に、この記事を掲載させて頂きます。

阪急うめだ本店でLinda McCartney:The Polaroid Diaries(リンダ・マッカートニー写真展)が開催されます!

阪急うめだ本店のショーウィンドーを見に行こう!StellaMcCartney&Linda McCartney「THE POLAROID DIARIES」



ステラ・マッカートニー、サステイナブル・ファッションの原点は両親~Numero

ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)のサステイナブルなファッションへの熱意は幼少期に形成されたものだという。
持続可能なものを使おうと、精力的な活動を見せるステラだが、その発端は両親のポール・マッカートニーと故リンダから受けた多大な影響だったそうだ。
パリ・ファッション・ウィークでの自身のショーの前に行われた円卓討論でステラはこう話す。


「仕事場で私が毎日やっているのは、ファッション業界をより良い実践の場にすること。私は恵まれていました。有機農場で育ち、そこで季節の移り変わりを見ていましたし、両親はベジタリアンで、チェンジエージェント(変革者)でした。私は彼らと同じように既に世界を見ていたのです」
「その姿勢を私は仕事に持ち込み、幸い自分がボスでした。本当に幸運でした」「ファッション業界で働きたい今の人は、倫理を持った会社で仕事をしたいと希望しています。これから5年、10年、15年とその数は更に多くなるでしょう」


そして今、サステナビリティは最前線を走り、ファッションデザイナーは自問自答をしなければいけないとして、「古い服を如何にして新しいものにするか?それをどのようにビジネスにするか?そういったことこそが、これからファッション業界が真剣にやっていかなくてはいけないこと。再販、レンタルファッションやヴィンテージといったものです。このような会話が最前線にあるべきなのです」と説いたステラは、その姿勢をより昔の世代にも伝えるべきだとして、「(環境配慮を装おう欺瞞的態度の)グリーンウォッシングが巷にはびこっています。故に若者はもちろん、本当に彼らが実感し自分のこととして考えていることを望みますが、少し上の世代の方々にどうやって気づかせることができるか?それに答える事ができる人は首相に立候補すべきですね!」と続けていた。

この風景・環境で成長した証なのかな~この状況の厳しいファッション業界で、古い服を新しく!リサイクル!それらがビジネスとして成功し世界的に認められるようになるのは並大抵の事ではありません。その成功の秘訣、ポイント、考え方と行動…これらをトークショウで感じ取りたいですね。

追伸
こちらの方も、まだまだ申し込み募集中ですよ~

『 行ってみなはれ!物欲!食欲!ビートルズ欲!Meet Up in NARA 1109 』

お待ちしておりま~す!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2977-eab63785