FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
6

The Beatlesに対するSpotifyの影響~Abbey Road 50th anniversary editionの感想大募集中!

The Beatlesに対するSpotifyの影響&Abbey Road 50th anniversary editionの感想大募集中!

The Beatles’Abbey Road 50th anniversary editionが皆さんの手元に届いているかと思うのですが、物理的なアルバムだけでなく、今やストリーミング…つまりは物理的な物がなくても音楽が楽しめる時代になっています。
事実、私も9月26日0時になった瞬間、Spotifyで、このアルバムを楽しみました。そのSpotifyで気になる記事がありました。



The Beatles’ Abbey Road 50th anniversary editionがチャートを登り始め、新しいストリーミング統計により、バンドが若い視聴者にどのようにアピールしているかが明らかになって来ました。
このグループに対して、これまでに17億のSpotifyストリーム(1.7 billion Spotify streams)がありました。音楽をストリーミングする年齢層は、ビートルマニアを体験した団塊世代ではなく、多くのティーンエイジャーを含む2世代なのです。


この数字は、まだ歌が新鮮でかつ永続的な魅力を証明し、歴史上最も成功したバンドである事を保証したようなものです。
Spotifyの調査によると、17億本のストリームのうち、今年、18歳から24歳の人が聴いており、なんと30%以上を占めています。これは統計で最大のシェアを占めています。その後、25〜29歳が来て、ビートルズの17%以上が聴いています。


業界アナリストは、物理的なアルバムの販売は、特に音楽と共に成長し、今は高価なボックスセットを購入できるほど裕福なファンによってサポートされています。これら年配の消費者は、おそらくリマスターされる度に、同じ音楽であるにも関わらず、Vinyl(レコード)やカセットやCDを購入している事でしょう。

Beatles’ Biggest Fans Revealed By 1.7 Billion Streams As ‘Abbey Road’ Climbs Charts~Forbes


ん…はい!そうです。初めて買ったアルバムが2,500円、物価は違えど、数十年後に同じアルバムを1万円以上も出して購入しているとは…しかも、これまでOuttakesとは言え同じ曲を音質が悪いにも関わらずブートを、ん千円も出して、買い続けていたとは…

そして今は、若い方が応援しているアーティストがビートルズをリスペクトしており、影響を与え続けている事が素晴らしい事だと思います。
そして、このThe Beatles’ Abbey Road 50th anniversary editionは、新たなアルバムとして語り続ける事になるでしょうね。
当ブログにアルバムについての感想としてコメントを頂いていますので、本文に掲載させて頂きます。



PAN様より
サイコー!
いやはや最高の音です。
さすが商品想いのDUさんから厳重梱包が金曜に届いてましたが、諸々で今取り込み完了。
50周年盤をサージェント、ホワイトと再試聴、アビーへ辿り着いたところです。
ジャイルズええ仕事してます。
ファブ4のボーカルの迫力、コーラスの上手さがビンビン伝わってきます。
1+の時から意識して作り直して来たであろう立体的な音、特にボーカルの到達点かもしれません。
ステレオ感を出すため?左右へフラフラ移動していたオリジナルのボーカルを定位に置くのもその現れで、その分コーラスワークにええ仕事させてます。

実は、「オリジナルが良いから今回それほど違いがない。」という前評判ばかり目にしたので、つい一週間前に2009リマスターを聴きました(笑)
それでも一発で違うと判るこの音!
書きながら、いま「最後」に到達しました。
ギターがバトルしてます!!!
昨年度のサーポール名古屋を思いだし、
自然と涙が出てきました。

オリジナルが最高級だったからのこの仕事なのはもちろんですが、
ええです、サイコー!!!!




ゆう様より
確かに音はいいんです。Abbey Road最高! でも...
Come Togetherのエンディングのところ、ジョンのヴォーカル(Come together, yeah)をダブルトラックにしちゃったけど、あれ、シングルトラックの方がクールでカッコよくないですか?
あと、I Want Youの間奏のあとの、ポールの迫力のある「ヘッベ~~ッ(Heavy)!!!」がほとんど聞こえなくなっちゃったんですよね。ここってこの曲のハイライト(の一つ)だと思うんですけどね。
私、Yellow Submarine Song Track以来のリミックス支持派で、今回もやってよかったとは思いますけど、その2点が残念!(あくまでも個人の感想です。失礼しました。)



該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

PAN says...""
ジャイルズがお父さんと一緒に初めて取り組んだのが
シルク・ドゥ・ソレイユとのコラボ
『LOVE』ですから
動く絵があっての音。という作り方なのでしょう。
『1+』は正にそれで、PVのBGM的。
CD(2チャンネル)ではボーカルを前面に出したミックスでした。
なので埋もれてしまう音がでるのかな?

それらの事を考えると、サージェント以降の50周年盤は、立体的な音作りなのだと思います。
5.1channel サラウンド環境で是非聴いてみたいですね~!
2019.10.01 01:13 | URL | #- [edit]
haru says..."ついに"
ついに、アビーロード50th購入しました。9月は忙しかったのと、懐が厳しかったことで、躊躇していましたが、月末にやっと「買おう」と思え、昨夜じっくり聞きました。

ちなみに、私もゆう様同様、イエローサブマリンソングトラック以来の「リミックス支持派」です。

しかし...
最初に聞いた印象は
「なんかきれいすぎてしっくりこない」
「やたらキラキラしすぎていて、うるさい」
スピーカーで聴いたファーストインプレッションです。

ですが、
次はヘッドフォンで、09リマスター盤と聴き比べしたら、印象が変わりました。一つ一つの楽器やコーラス、歌の音が粒立っていて、すごくよく聴こえます。

何回か聞くと、09リマスターには「もう戻れない」と思えました。

アビーロードは、元々がかっちりキラキラした音がする印象がありました。50th盤ではさらに、楽曲や演奏が持っているポテンシャルを、最大限生かしたリミックスになっている、と思います。

職場には、自分の半分くらいの年齢の方がいて、その人達は、Jポップで十分という人が多いかと思います。「ビートルズ?⁉️」となりそうです。
そういう人達に、是非聴いてもらいたい。イキイキした音になったと思います。

やはり「ビートルズでアルバム一枚、選べと言われたらアビーロード」です。
2019.10.01 07:58 | URL | #kKgNjozQ [edit]
haru says..."LPレコードはどうですか?"
サージェットペパーズから続く「50th盤」は、主戦はデジタル音源、CDかと思います。
だから、まずはCDのスーパーデラックス盤を毎回購入し、輸入盤の値段が下がったら、LPレコードを買っています。

ステレオ定位が大幅に変わったサージェットペパーズは、さすがに旧盤との違いがわかりますが、

元々ステレオ盤がメインのホワイトアルバムは、レコードだとCDほど、際立った違いを感じませんでした。

アビーロードは、どうでしょうか?
LPレコードを購入された方の、感想をうかがいたいです。

連投申し訳ありません。
2019.10.01 08:13 | URL | #kKgNjozQ [edit]
KK says..."素晴らしいの一言"
既存ファンの納得感、新規ファンのニーズにも答える出来栄えです。ステレオ定位は違和感なく改善され、音圧があり、曲の輪郭がはっきりしました。特にベースラインが強調されたと同時に、ジョン曲のシンプルながら厚みを持たせた作品にも適用し、ジョージ、リンゴ、マーティン父、プレストンにもきちんと華を持たせる構成。まさにグッドジョブ。

公式も非公式も集めてきましたが、アウトテイクの2枚目、3枚目がハイライトでした。いままで慣れ親しんだhuge medley がlong oneになり、Her majesty のサンドイッチと完全版も公になりました。
楽しめるポイントはいくつもありますが、レココレでは少しジョンのパワー不足が指摘されてましたが、シンプルかつ訴求力ある作り方に改めて感動しました。ジョージの渾身の2曲は言わずもがな。
しかしやはり主役はポールですかね。オーダーリンの力強いボーカル、甘いメドレー、パーフェクトです。
途中途中にスタジオ内のトークbunterも魅力的。フールオンザヒルからのゴールデンスランパー、ほかデイブクラークみたいだなとジョンが言い、なんかいい感じのバンドなんですよね。
何度も繰り返してますが、またリピートしてます。
I want you のビリープレストンの幻のソロパート。出色の出来栄え。ジョンのアンソロ、I’m losing youのチープトリック同様に良すぎてボツ!?
マイクを離して、She’s so って叫ぶジョン。こんなジョンはロックンロールサーカスのヤーブルースみたいだ。

まだまだこれから知ることもあるでしょう。いまこのアルバムに接してない若い世代はいずれ知るでしょうけど、いまこの時に生で体験できるうちにビートルズを楽しんで欲しいです。
さらに50年後に何が残るのか考えれば答えは明白です。

最後に、Spotifyは未着のうちにテスト試聴させてもらいました。きちんと価値を評価して、出来れば自分のお金で買うべき作品です。
2019.10.01 12:50 | URL | #hoJw6rrM [edit]
管理人からharu様へ says..."Re: ついに"
haru様 アビーへの感想コメントありがとうございます。
09Remasterと聴き比べ!良いアイデアですね。
今度、飲み比べをしながら、聴き比べでもしようかと…(笑)。
あっ!私も「リミックス支持派」です!
2019.10.01 22:11 | URL | #- [edit]
管理人からKK様へ says..."Re: 素晴らしいの一言"
KK様 アビーへの感想コメントありがとうございます。
渾身のアルバム!オリジナルと同様に素晴らしいouttakes!
これまでの非公式よりも楽しめる音源と内容で良かったです!
Spotify、便利ですね。でも物欲も必要ですね(笑)。
2019.10.01 22:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2968-298e9e26