FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

ランボー・フィールド(Lambeau Field)でのPaul McCartney公演の前日にグッズ販売

ランボー・フィールド(Lambeau Field)でのPaul McCartney公演の前日にグッズ販売

ランボー・フィールド(Lambeau Field)でのPaul McCartney公演の前日にグッズ販売

8日の土曜日という恵まれた公演があります。その場所は、ウィスコンシン州グリーンベイのランボー・フィールド(Lambeau Field)です。
エッ!ウィスコンシン州って、先日の6日にマディソンのKohl Centerで公演をした所ですよね。
場所をMAPで確認すると…


ランボー・フィールド(Lambeau Field)でのPaul McCartneyMAP2

ランボー・フィールド(Lambeau Field)MAP1

135マイル=217kmって事は神戸から名古屋くらいかな。同じ州でも地域がちと違うかな。
この会場デカイのです。収容人数80,000人!これまで15,000人のアリーナが、今度は80,000人スタジアムで行うなんて、ポールらしいパターンです。


会場名は、Lambeau Field(ランボー・フィールド)って…シルヴェスター・スタローンの映画「Rambo」とは違いますので(笑)。
パッカーズ創設者カーリー・ランボーから取ったネーミングになっています。
このパッカーズとは、グリーンベイ・パッカーズ(英語: Green Bay Packers、略称: GB)の事でアメリカ合衆国ウィスコンシン州グリーンベイに本拠地をおくNFLチームです。(詳しくはウィキペディアへ)


グリーンベイ・パッカーズ



ランボー・フィールド(Lambeau Field)

パッカーズファンの通称は、「チーズヘッド」(穴あきチーズのようにスカスカの脳、というのが元々の意味)である。これは、ウィスコンシン州がチーズの生産地として有名なこととファンとしての熱狂ぶりとを掛けたあだ名である。ファンは、この名になぞらえてチーズ形の帽子をかぶり、「チーズヘッド」の名をますます高めている。(ウィキペディアより)

ランボー・フィールド(Lambeau Field)チーズヘッド1

ランボー・フィールド(Lambeau Field)チーズヘッド2

ランボー・フィールド(Lambeau Field)チーズヘッド3

因みに、Cheese Bra Price: $26.99です。如何でしょうか。

大きな街とは言えない所で大規模な公演を行う事自体、意外ですが、ポールを迎え入れる準備は万全です。

ランボー・フィールド(Lambeau Field)でのPaul McCartney公演の前日1

ランボー・フィールド(Lambeau Field)でのPaul McCartney公演の前日2

ランボー・フィールド(Lambeau Field)でのPaul McCartney公演の前日3


この会場での公演は8日ですが、嬉しい事に前日の7日にグッズが販売されています。
しかも外ではなく、会場内と言うのが良いですね。


ランボー・フィールド(Lambeau Field)Paul McCartneyグッズ会場1

ランボー・フィールド(Lambeau Field)Paul McCartneyグッズ会場2

ランボー・フィールド(Lambeau Field)Paul McCartneyグッズ会場3

販売エリアの上に見える写真はパッカーズの永久欠番となった選手達の写真です。(詳しくはウィキペディアへ)
素晴らしいですね。会場の目立つ所に大写真とは…彼らへの敬意を払っていますね。それは、このチームが米国で唯一、一般市民が100%保有しているプロスポーツチームである事も関係していると思います。驚きの実情を下記に転記しておきます。


パッカーズは、現在のアメリカのプロスポーツチーム中唯一の、取締役会を持つ公有企業である。約36万人の株主がおり、一人が保有できる株数は全体の約4%以下に限られる。株式は議決権付きであるが、償還価格は最低限であり、配当はなく、株価が上がることもなく、株式を保有していてもシーズンチケットの権利は得られない。株式の売買は禁止され、家族間の贈与のみが可能である。(ウィキペディアより)

グッズが、これまた地元密着のデザインです!

ランボー・フィールド(Lambeau Field)Paul McCartneyポスター1

ランボー・フィールド(Lambeau Field)Paul McCartneyポスター3

グリーンベイ、ウィスコンシン州にあるブラウン郡裁判所です。

この建物は、グリーンベイ、ウィスコンシン州にあるブラウン郡裁判所です。

そして、このポスターのデザインが良いのです!部屋に飾りたい!

ランボー・フィールド(Lambeau Field)Paul McCartneyポスター2

ランボー・フィールド(Lambeau Field)Paul McCartneyグッズ会場4

スタジアム&ヘフナーのコラボ・デザイン!良いデザインですね!私も指さして購入したい!

またTシャツのデザインも良いのですよ!

(Lambeau Field)Paul McCartney Tシャツ1

(Lambeau Field)Paul McCartney Tシャツ2

(Lambeau Field)Paul McCartney Tシャツ3

(Lambeau Field)Paul McCartney Tシャツ4

(Lambeau Field)Paul McCartney Tシャツ5

(Lambeau Field)Paul McCartney Tシャツ6

(Lambeau Field)Paul McCartney Tシャツ8

(Lambeau Field)Paul McCartney Tシャツ7

ホワイト、グリーン、ブラック(2種)がありますね。地元チームを愛するファンの方にとっては、たまらない一品でしょう。グリーンベイ・パッカーズとポール・マッカートニーのコラボ・デザインですからね!

そして!今回のピカイチのグッズは、これでしょう!

(Lambeau Field)Paul McCartney uniform1

(Lambeau Field)Paul McCartney uniform2

(Lambeau Field)Paul McCartney uniform3

(Lambeau Field)Paul McCartney uniform4

(Lambeau Field)Paul McCartney uniform price

これは素晴らしい!ポール・ファンでも、パッカーズ・ファンでも欲しくなる1品です。
日本でも東京ドーム、ナゴヤドーム、京セラドームとプロ野球チームの球場でコンサートを行っているのだから、チームとのコラボ・ユニフォームがあっても良いですね。私、オリックスとのコラボ・ユニフォームが欲しいです。
ポスターも、Tシャツも、ユニフォームも、グッド・アイデアですね。


分からない事が1つ…
どうして、背番号が「19」なんだろうか…背番号19のエクアニメウス・セント・ブラウン選手(WR)とは関係なさそうだし…他のグッズでも19と言うのがありましたが…もしかして、2019年で、「19」かな…?


この地元密着の会場で、素晴らしい公演になる事を願って、明日、期待しまShow!

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

A.S says..."チームコラボって、いいですね~ !!"
コラボシャツは、$150とチョッとお高いですが実にカッチョエエですね !!
東京ドームだと、ジャイアンツとのコラボですか~!?  関東NAドリの方々、とくにマーサに怒られそうですが、縦じま好き関西人の私は買いません(笑)
国技館だと、PAUL褌かな ? 化粧まわしだと一体いくらすることやら・・・・、PAUL懸賞幕なら欲しいかも。
2019.06.08 19:25 | URL | #CSRYynVE [edit]
管理人からA.S 様へ says..."Re: チームコラボって、いいですね~ !!"
A.S様 コラボへのコメントありがとうございます。
リンゴのダジャレ・グッズも良いのですが、コラボ・グッズもイイですね。
もし甲子園球場でライヴがあって、タイガース・コラボ・ユニフォームが発売されたら、争奪戦凄まじいでしょうね。
ポール懸賞幕…今、どこにあるのかな?国技館ライヴの時に展示・お披露目して欲しかったですね。
2019.06.08 21:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2855-5f6c1f4f