FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
3

Egypt Station Traveller’s Editionの購入アンケート結果と、"Live" Album Milestone Reissues

Egypt Station Traveller’s Editionの購入アンケート結果と、"Live" Album Milestone Reissues

昨年、ポール・マッカートニーの新作「Egypt Station」が、Vinyl、カラーレコード、バンドカラー別のCDなど様々な形態で発売され、その後、Egypt Station Traveller’s Edition、Explorer's Editionと発売される事にもなり、怒涛のエジステ発売旋風に目が回っているファンの方が大勢おられると思います。

特に旅人盤は高額BOXであっただけでなく、あとでExplorer's Editionが発売されるなど賛否両論がありました。そこで、そのTraveller’s Editionの購入の有無について、アンケートを取らせて頂きましたので、その結果を、今日発表させて頂きます。


アンケート!Egypt Station Traveller’s Edition Box Set (Paul McCartney)を買いましたか?2019


当然ながら、購入されていない方がトップですが、輸入盤、国内仕様、そしてBOXは未購入だがCD、LPは購入との比率がほぼ同じくらいであった事はユニークな結果でした。
今回、海外でBOXの予約受付が始まり、日本のユニバーサルでは当初、予約が始まらなかったので、海外(特に価格の安いUS)から購入された方が多くなった事実は日本のユニバーサルにとって想定内なのか?それとも歯がゆい事なのか…


このような限定発売は海外の予約と、日本国内の予約のタイムラグがいかにないようにする事が販売の決め手になるのでしょうね。あと…国内仕様…高いですよ…やっぱり…国内(帯)プレミアの為に購入される方はイイとして、多くのポールの音楽をパッケージで購入したい方にとっては厳しいですよね…私は国内仕様の購入者が予想よりも多かったと思っています。しかも、結局、ユニバーサルから出荷予定日が2019年05月27日って…まさかの海外よりも遅くなるとは…
私のUS購入のBOXについては、後日、ブログに掲載致します。乞うご期待。


このような状況の中、ポールの北米ツアーが始まった途端に!噂のライヴを含むリイシュー盤が発売される事になりました。注目は、またまたカラーレコードが発売される事です。その価格について記載しますと…
アルバム名(オリジナル発売年)UK(uDiscover)→US(Paul McCartney Official Store.)→CA(MusicVaultz ca)→日本・ユニバーサル


Wings Over America(1976年)£34.99→$53.98→CDN $79.99→¥8,856
Wings Over America(1976年)£34.99→$53.98→CDN $79.99→¥8,856

Choba B CCCP(1988年)£26.99→$29.98→CDN $44.99→¥4,860
Choba B CCCP(1988年)£26.99→$29.98→CDN $44.99→¥4,860

Paul Is Live(1993年)£34.99→$39.98→CDN $59.99→¥6,696
Paul Is Live(1993年)£34.99→$39.98→CDN $59.99→¥6,696

Amoeba Gig(2009年・ライヴは2007年)£34.99→$38.98→CDN $59.99→¥6,696
Amoeba Gig(2009年・ライヴは2007年)£34.99→$38.98→CDN $59.99→¥6,696

ん…微妙な価格差です。送料が分かりませんので、国内の方が安心・安全かも…
エッ!?カラーレコードは全て買うって!その場合だと…
合計£131.96→$162.92→CDN244.96→¥27,108
これだと買えない!と思われた方に朗報です。なんと4セットまとめ買いが出来ますよ。


Live Albums - Colour Vinyl Bundle £125.00→$145.00→CDN $214.99→日本・ユニバーサルでは今の所、発表はありません。
Live Albums - Colour Vinyl Bundle £125.00→$145.00→CDN $214.99

多少はお得かな…国内仕様盤をバラでの購入と比較すると明確で、一万円くらい違いがありますが、輸入盤だと送料が…郵送が…課税が…
どちらが良いのでしょうね…

追伸
西日本Meet Up会のお申込み、ありがとうございました。昨日で受付を終了させて頂きました。
参加申込みの皆様、当日、宜しくお願い致します!
あっ!それから、ポールの「2007年のライヴ・全15曲」のCD-Rを参加者の皆様に差し上げます。こちらもお楽しみに!

該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

haru says..."キャピタル商法"
水を差すような投稿になって申し訳ありません。

ポールは好きなのですが、
最近の「再販商法」「後出し商法」にはうんざりさせられます。

かつて、ビートルズは、本国イギリスでは
「同じものは二度買わせない」ことを徹底していました。
アルバムの曲とシングルの曲はだぶらせない。
アルバム購入が大変な若いファンには、4曲入りEP盤を買ってもらう
(初期作品の重要な曲はEP盤で押さえられます)

しかしその時点から、アメリカではキャピタルが
2枚のアルバムから3枚のニューアルバムを「作り上げる」事が平然とやられていました。
「イエスタディアンドトゥディなんてアルバム、俺たち作っていない」という抗議が
あの「ブッチャーカバー」を生むきっかけになったという話もあります。
(と、これだけ文句言っておきながら、私実は「イエスタディアンドトゥディ」大好きで、名盤だと思っています。それも、ブッチャーカバでなく、トランクカバーのジャケットのやつが好きなんです)

ポールは、かつてビートルズだったことを忘れてしまったのでしょうか??

ポールは、ウイングス時代までは「二度買わせない」ビートルズのおきてを大体守っていましたが、
ソロになって、オフザグラウンドの「コンプリート」あたりから「残り曲の後から販売」で、
同じアルバムを二度以上買わせることが続いています。

「エジステボックス」「エジステエプスプローラ」「ニューコンプリート」…
レコード会社の「一粒で二度おいしい」思いをしたいからなのでしょうか?
それともポールが、かつてのボツ作品を集めた「コールドカッツ」を出せなかったことに恨みがあるからなのでしょうか?
(ポールの場合「ボツ」といっても「なんでこれがボツなの」という名曲ばかりですから)

特に、ポールがキャピタルレコードに再度移籍してからは、この傾向強いと思います。
今回の「オーバーUSA」などは、アーカイブシリーズであれだけ出したのに、相も懲りずにまた出すの?という感じです。

こんなことを言っているのは「ポール愛」が足りないのでしょうか?

私は今回「エジステ」では「エクスプローラーバージョン」をカイマシタ。
しかしNewのときの「ジャパンツアーバージョン」の後に「コンプリート」を出された時はパスしました。

それから、再販のレコードよりも、昔のレコードを中古で安く買った方が、
実は音がいいような気がします。
我が家の近くに中古レコード屋さんがあり、そこの店長が
「80年までのレコードのほうが、カットマンの腕が上だから、今の新しいレコードより音がいい」と言っていました。
実際にそこで、タッグオブウォーのレコード鑑賞会があり、アーカイブシリーズの再販モノより、80年に出たレコード(特に英独)のほうが、私の耳にも、明らかに良く聞こえました。

だから、私は、今回のライブ再販、カラーレコードに踊らされないで、中古を探せるものは中古でと考えています。

長々と文句たらたらの投稿、申し訳ありません。
こんな投稿にお付き合いいただいて申し訳ありません。
ただ、こちらのブログは、レコード会社でも、ポールのマネジメント会社でもないから、
こんな投稿でもご容赦ください。
2019.05.27 21:45 | URL | #kKgNjozQ [edit]
管理人からharu様へ says..."Re: キャピタル商法"
haru様 キャピタル商法へのコメントありがとうございます。
ポールのファンであれば、ある程、同様な事を思われているでしょうね。
エジステBOXの後に、Explorer's Edition(探検家盤)の発表とは…私、トホホ…と思いながら、
BOXを楽しんでやる!と言う意気込みです。
まだまだ、これからですよ!キャピタル商法!
アーカイヴや50th記念盤…大変な1~2年になりそうです。
2019.05.27 22:59 | URL | #- [edit]
A.S says..."激しく同意(笑)"
haruさんのコメントを読んで、大きく大きく頷いてしまいました。
Capitolは、2017年12月にも、既にアーカイブで発売済みの8タイトル(McCartney、Ram、Band On The Run、Venus And Mars、Wings At The Speed Of Sound、McCartney Ⅱ、Tug Of War、Pipes Of Peace)のCDとVinyl(カラー盤、黒盤)を発売しています。
限定盤という言葉に踊らされて、まんまとVinylを購入されられちゃいましたが、今でも買えますし、店舗によってはOutlet扱いで定価(?)の半額近くで入手できるタイトルもありました。
今回の再発ライブは落ち着いて購入計画を立てたいと考えています(笑)。

管理人 様
Meet Up会の参加特典(笑)は、Macca.comのプレミアム会員のみがDLすることができたという、Live In Las Vegas(Amoeba Live)の拡大バージョンですか ?!
英国新聞のMail On Sundayのおまけで付いていた12曲入りのものしか聴いたことがないので、期待しちゃいます !!
2019.05.28 10:05 | URL | #CSRYynVE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2842-eb59fa8f