FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

Green Book~アカデミー賞・作品賞&助演男優賞&脚本賞を受賞おめでとう!

Green Book~アカデミー賞・作品賞&助演男優賞&脚本賞を受賞おめでとう!

Green Book~アカデミー賞・作品賞&助演男優賞&脚本賞を受賞おめでとう!

先日、アカデミー賞が発表されました。注目は英語でなく、しかも一部の映画館しか上映されずにネット・Netflix (ネットフリックス)で公開されている「ROME」でした。この作品、メキシコが舞台で、言葉はスペイン語、カラーでなくモノクロ…アカデミーの作品賞にノミネートされるなんて前代未聞です。

ROME movie


私、Netflixで見ました…日常を描いた淡々とした流れですが心を打ちます…ぜひご覧になって頂きたいです。
そう言えば、Netflixに加入したのは、ブルース・スプリングスティーンがウォルター・カー劇場で公演した一人舞台「Springsteen On Broadway」を見る為でした。


Springsteen On Broadway


この他、近藤麻理恵さんの「Tidying Up with Marie Kondo」(「KonMari〜人生がときめく片付けの魔法〜」)も見ました。

Tidying Up with Marie Kondo

「Tidying Up with Marie Kondo」

これで私の雑然とした部屋が整理整頓されたのか?と思われるかもしれませんが…何もしておりません(何の為に見たんだ!)
こんまりさんの話題はネットだけでなく、アカデミー賞の受賞式に招待された事が話題にもなっていましたね。


こんまり アカデミー賞に登場


さて、話は戻りましてアカデミー賞ですが、注目の作品賞は!「Green Book」でしたね!
で…早速、本日見て来ました映画館で。

Green Book Academy

アカデミー作品賞を受賞したばかりですが、土曜日の夕方にも関わらず、半分も観客が入らないのは、行った劇場がマイナーだったから?ん…他にも作品自身が地味である事、宣伝不足、今年のアカデミー賞は「ROME」や「ボヘミアン・ラプソディ」などの作品に集中していた事が影響しています。


bohemian rhapsody


肝心な作品ですが…ドキドキ感が初めから最後まで感じられる内容でした。
物語は、アメリカのディープサウスでのツアー中に有名な黒人のピアニストの運転手の仕事を受けるトニー・“リップ”・バレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)と、ピアニストのドン・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の実話です。ピアニストの物語でもあるので、結構、音楽満載で聴き応えのある作品にもなっています。


GreenBook Piano


細かな内容はネタバレになるので記載出来ませんが、主演はどちらかと思っていたのですが、白人役のヴィゴ・モーテンセンが主役で、黒人ピアニスト役のマハーシャラ・アリが助演になっています。映画の核となっているのはドン・シャーリーだと思いますので、アカデミー賞の助演男優賞の受賞は納得の受賞です。あと脚本賞も納得ですね。
ただ受賞後も話題の事がありますので、それは映画をご覧になってから検索して下さいね。


この映画を見ようと思われている方は、Green Bookの意味を知ってからご覧になられた方が良いでしょうね。

映画「グリーンブック」のタイトルの意味と由来

Greenbookの由来

良い作品がアカデミー賞の作品賞に選ばれた事は良かったと思います。
あなたなら、どの作品を見ますか?










該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2755-32c88612