FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援

ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援

投稿を受け付けいました「私とポール・マッカートニーと◯◯公演」ですが、お二人の方から投稿を頂き、他に応募がなかったので、これで終了!?かと思っていましたが、ハジメテの方からの投稿!がありました。ありがとうございます。ではスタート!


ペンネーム:ちぇいん五月雨
居住地域:群馬県
参加公演日:11月1日
使用機種:Panasonic LUMIX DMC-FX66
席:アリーナA-9ブロック5列目




初めまして、偶然このブログを見つけ、この企画を知ったので、投稿いたします。
ポールのライブには今までOUT THERE2015とONE ON ONEの二回行った私(2014年公演中止被害者の一人)ですが、S席なのにアリーナ席ですらなく、それどころかステージから斜めでポールとバックの映像がよく見えないことに不満を抱いていました。


そして、今回ノリでVIPパッケージ#2に応募したところ、まさかの当選!親には、
「無駄遣いもいい加減にしろ」
と怒られてしまいました。
まあ、その前にVIPパッケージがあるとは知らずにS席のチケットを購入していたこともありますが…(そのチケットは同じビートルズファンの友人にあげました)、せっかくVIPで公演を見るのだから、と初めてデジカメをひっさげ、午後2時ごろに会場入り。


ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援1

適当に物販購入も終え、サウンドチェックに入場しました。
サウンドチェック観覧場所はステージから非常に遠かったです。


ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援2

見知らぬ人と話しかけることのできない私は周りの観客の会話に耳を傾けていると4時ごろにサウンドチェックが始まりました。

ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援3

サウンドチェックが始まって、最初から数曲は知らない曲ばかりだったのですが、しばらくするとGot to Get You into My Life、Magical Mystery Tourと以前の公演では日程違いで聞けなかったナンバーが!

ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援4

さらにはEgypt Stationお気に入りナンバーのI Don't Knowまで!

ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援5

私は思わず演奏終了後に
「Thank you, Paul!」
と叫んでしまいました。(Got to Get You into My Lifeは本公演でも聞きましたが…)
ちなみに、調べたところによると、私が聞いたナンバーは、


Jam
Twenty Flight Rock
Blue Suede Shoes
Got to Get You into My Life
Magical Mystery Tour
Whole Lotta Shakin' Goin' On
I Don't Know
It's So Easy
San Francisco Bay Blues
Ram
Midnight Special
Lady Madonna


だそうです。修行(なんの?)が足りませんね…
ところで、サウンドチェック前、および本公演会場前に感動の再会みたいな展開がありましたが、VIPパッケージ常連は顔なじみが多いのでしょうか?
そして、下の写真でエイブがつけていたのは誰のお面でしょうか?


ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援6

そして、待ちに待った本公演ではアリーナ席5列目というかなりの特等席!

ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援7

これならポールもバックの映像もよく見えそうです。
そして始まった本公演!


ちぇいん五月雨様とVIPとガラガラ声の声援8

前回のONE ON ONEで聞けなかったJunior's Farmが今回聞けたのはすごくうれしかったです!
アリーナ席で特に印象に残っているのは、サウンド(Live and Let Dieの爆発は音だけでなく熱まで伝わりました)だけでなく、周りの観客の熱狂ぶりです。


前の観客が終始立ちっぱなしでうまく撮影できないは序の口、「イッショニ、ウタオウヨ!」とポールが言わなくても勝手に歌いだす観客がいたり、柵から身を乗り出しすぎてスタッフに制止される観客がいたりしました…
かくいう私も合いの手(?)で「Back in the U.S.S.R!」などと歌ったものですから喉は公演終了後にはもうガラガラでした(笑)。


今回、VIPパッケージを購入して本当に良かったと思いました。
資金面の都合上、今回が最初で最後ということになりそうですが、またあの興奮を体験したい、と思う気持ちもあります。
いずれにせよ、今回の体験は忘れられないと思います。


Thank you, Paul!

追伸:チケットをあげた友人も「Let It Beで涙が止まらなかった」と非常に感動しておりました。



ちぇいん五月雨様、投稿、ありがとうございます。
ハジメテのVIP、その感動と戸惑いが感じられて楽しく拝見させて頂きました。
VIP…金額が金額ですから、親でなくても「無駄遣い…」と言われて普通…でしょうね(笑)。でも、あの感動は参加者しか体感出来ない特席ですので、金額以上の価値はあるかと思います。

感動の再会…ポール公演では熱心なファンの方が集っていますね。皆さん、熱の入れからが違います…と言って、私達も凝った趣向で楽しみましたね。この事は今年を振り返る年末に…

ドラム・エイブのお面は…なんと!VIPの主催会社であるSLOの社長、シェリーさんのお面です。ユニークなお面を被っていますね(笑)。エイブが被っている事がユニーク!だって…体格も同じですから…って…おっ…失礼しました(笑)。
今回、シェリーさん、体調不良で来日出来なかったようです。わざわざ、Soundcheckの時に説明がありました。皆さん、ポールだけでなく、シェリーさんにもお会いしたいのですね。

最前列の方は、身を乗り出して注意!?ん…そんな体験したいな~

VIPは勿論ですが、スタンドでも感動するポール公演、今しか体験出来ないポール公演、喉がガラガラになっても声援を送りたくなるポール公演、Let It Beで涙が止まらないポール公演!
次の来日も行きましょう!!エッ!?日本でなくてもポール公演は見れます!って…そうですね!
海外公演に参加された方も、投稿、お待ちしております。

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

ちぇいん五月雨 says..."ありがとうございます。"
管理人様
このたびは私の投稿を掲載してくださったこと、そして両国・名古屋公演の写真をくださったこと、誠にありがとうございます。
拙い文章ではありますが、楽しんでくださったこと、誠に幸いです。

何しろ初VIPであり、サウンドチェック参加も初めてだったので、VIP常連(?)の周りの観客に押されっぱなしでしたが、途中から自分も一緒に歌ってみたりと、通常S席(アリーナ席ではないですのね…)より刺激的で、楽しめました。

どうやらVIPパッケージ購入者の中には海外公演に行ったことのある人もいたようで、話を聞きたかったのですが、コミュ障の私は彼らに話しかけることができませんでした…
本当にこのコミュ障が悔やまれます…

本文にもある通り、また日本公演があるとしたらVIPパッケージに応募・購入したいとは思いますが、当たる保証が一切ないのと値段が高いせいで購入が発覚したらまた親に怒られる可能性が高いことがネックです…

親は今年のポール来日を聞いたとき「また来るの?そろそろ飽きない?」と言っていましたが、ビートルズ、そしてポールファンの私はポールが元気な限り何度でもライブに行きたいですよ!
そしてできればまたVIPでサウンドチェック込みで見たいですよ!
この気持ちはファンでなければわからないでしょうね…

と、他にも言いたいことはありますが、この辺で…
2018.12.08 19:43 | URL | #- [edit]
管理人から、ちぇいん五月雨様へ says..."Re: ありがとうございます。"
ちぇいん五月雨様 お礼のコメントありがとうございます。
VIP、高額ですが参加出来て良かったですね。色々体感してみるのもイイものですね。
今から次の来日に向けて、ポール貯金しましょう!
あっ!来年は早速、Ringo Starr公演!私のポール貯金は空っぽのままですね(笑)。
2018.12.08 19:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2667-d449d50c