FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

国技館公演の準備をしましょう!Paul McCartney Freshen Up in JAPAN

国技館公演の準備をしましょう!Paul McCartney Freshen Up in JAPAN

ポール・マッカートニー日本公演・二日間が終了しましたが楽しかったですね!感動・感激・喜び・満足感など様々な感想があると思います。この2公演について感じた事については後日シリーズで掲載する予定です。その前に、まだポール・マッカートニーはあと2公演あります。その2公演を更に楽しみ為にどうすれば良いのだろうか…

11月5日:国技館公演
天候・曇りのち晴れ・降水確率30%ですので、恵まれた天候と気温であろうと思われます。私がポール公演に行った日は全て曇か晴れ!雨の記憶がおりませんので、なんてポール公演は恵まれているのかと思います。


国技館公演の難点は…焼き鳥弁当を食べても良いのかどうか…ではなくて…座席が分からない事です。ステージに近ければ、何か応援グッズを持って行きたいですね。私の場合は、いつものボード!今回は新作「Hey, Grandude!」デザインボードを持参しています。ステージから遠ければ、双眼鏡が必要かな。

あとはマス席を想定して「代えの靴下」、「座布団」、その場所でのスタンディングとなった場合、板の間で立ちっぱなしは足が痛いので「薄い敷布」でもあれば良いかな…


Let It Be Paul McCartney tokyodome 20181031

東京ドーム公演でファンの声援で印象に残ったのが「Let It Be」の時です。スタンドのライティングの鮮やかさ!アリーナ席にいましたので、アリーナのライティングの様子は見えないのですが、スタンドはよく見えました。そして曲が進むとライティングの数が増えていくではありませんか!一瞬、「あれ!?スタンドはライトの提供か呼び掛けでもあったの?」と思う方でした。
普段のポール公演でも、この曲ではライティングをする事が恒例ですし、以前は主催社からの呼び掛けもありましたが、今回はファンの方の自主的なライティングですので、それはそれで感激しましたね。


と…回想録になってしまいましたが、この国技館でも勿論、Let It Beは演奏があるでしょうから、その時にスマホのライティングも良いのですが、とても・とても小さなカラーLEDを持参しようかと思っています。実は数を沢山持っていますので、お近くの方にも差し上げますので一緒に掲げましょう。遠くの席でもカラー色ですのでポールに見て貰えるかな?

あとは…東京ドーム公演と変わらず、カメラ、充電バッテリー・SDカードの予備、ドリンク、一口おやつかな…マス席になるとスペースが限られていますので大きな荷物を置くことが出来ませので、ビジネスや宿泊のカバンなどは遠慮した方が良さそうですね。

そして…あとは、ポールの体調が万全で、素晴らしい国技館公演になる事を願っています。勿論、あの曲のサプライズも期待していますよ!

♪Ichiban, Ichiban, Ichiban♪
♬Ichiban, Ichiban, Ichiban♬
Ichiba-ba-ba-ba-ba-ba-ba-ban!




追伸
当ブログ恒例の「ポール・マッカートニーと私と○○公演」と題して、投稿・写真を応募致します。
下記のメールアドレスまでご応募下さい。


lightnewsbrog@gmail.com

後日、当ブログに掲載させて頂きます。
応募時のお願い
①参加公演日と凡その座席(アリーナBとかスタンド2階レフト側とか) 
②お名前はペンネーム 
③ポール公演に関連した写真を添付して下さい。 (カメラの機種をご記入下さい。)
④お住まいの都道府県(ポール公演は全国からファンの方が来られていますので)


文面については投稿された方にお任せいたしましが、ブログ・カテゴリーから過去の投稿をご参考にして下さい。

Category : ポール・マッカートニーと私と日本公演2017

尚、一部、文章を編集する事がありますので、ご了承願います。 
※本公演だけでなく、サウンドチェック、ホテルの出待ち、会場の入待ちなどでも大丈夫です!

ご応募、お待ちしております。




お詫び
ポール公演への参加の為に時間がタイトになっており、多くのコメントを投稿して頂いておりますが、ご返事が出来ない状況ですのでご了承下さい。
尚、コメントについては、私だけでなく、当ブログにアクセスされた多くの方々にご覧になって頂いておりますので、どしどしコメントをお寄せ下さい!
宜しくお願い致します。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2629-0f167d31