ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
5

幻想と空想と夢想のLET IT BE 大阪公演!

幻想と空想と夢想のLET IT BE 大阪公演!

6月7日(木)、参加して来ました。
サンケイホールブリーゼにて開催されたビートルズ・トリビュートバンド・LET IT BEの公演です。


let it be サンケイホール

let it be サンケイブリーゼ

本物でないビートルズ・バンドにどうして声援を贈るのか…と思われる方もおられると思います。しかし!もうビートルズは見れないのです!彼らはどんなスタイルで、どのような楽器で、どのようなステージで演奏したかは、DVDや写真や本でしかわかりません。生身の動く姿を、演奏を見たいじゃないですか!そして、今は亡きジョンやジョージの姿や歌声を聞きたいですよね。
どう考えても、もう会えない人もいるですから、その姿や歌や演奏を研究して「本物は、こうだったよ」って言えるようなバンドを応援したいですよね。そんな気持ちで参加しました。


会場は客席912席のサンケイホールブリーゼです。ステージと観客が近い事が嬉しいホールです。観客はほぼほぼ満席!年代層はビートルズ現役ファンから、解散後のファン、ソロ・ファンと年代層は様々ですが、小学生の女の子を連れたご家族で参加の方、あっ!中学生のギター少年の彼もご家族で参加されていました。性別は圧倒的に男性かな…

公演の模様については…ネタバレにならない程度に話すと…本当に完コピです!服装、楽器、歌、声、表情…素晴らしい!なんと顔の表情も変えており、ほら!日本公演のリンゴの顔が…、カツラで髪型を代替えするのはわかりますが、眉毛、髭もメイクしていましたね。

各種ステージも素晴らしく、コーラスも演奏も抜群!これぞトリビュートバンドのプロ!って感じですね。ポールもサウスポーでしたので良かったです。当時を再現した服装なんて、本物!?と思う程です。各ステージ、衣装が異なるのですが、早着替えで登場します。服装で納得?笑った?のは、Abbey Roadでポールは裸足だった事ですね。ナルホドの再現です。

演奏中は、手拍子喝采!静かだったのは…Yesterdayだけ…曲によってはジョージが観客に「立って声援を!」とか「ほら!手拍子!」で盛り上げてくれました。全演奏時間の70%以上は立って声援する程、パワフルな演奏でした。

今回、カンゲキーしたのは、やはり、ソロの曲を4人で演奏するシーンですね。特にジョンのWatching The Wheels、ジョージのMy Sweet Lordは、本当にこのような事があったら…どんなにカンゲキしたかと思うほどでした。各ソロを盟友がフォローしながら演奏するなんて素晴らしい事です。

このような素晴らしいコンサートでしたが残念ながら写真撮影禁止!これだけが残念でした…思い出に残るものが記憶とチラシだけです。せめて写真だけでもOKなら、いい記念になって、また今度も行こうかな…こんなに素晴らしいショウだよ!って言えるのにね…主催者さん、ちょっと考え直して欲しいですね。

まだこれから、高知・愛媛・東京とありますので、ぜひ、皆さん、会場に行きまShow!

該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

わか says...""
いやー、楽しかったですね〜!
私は過去のレットイットビーはおろか、レインもリターンズもファブフォーも行ったことはなくセッションズは中止になり…「まぁ、海外のトリビュートバンドみたいなもんだろう。盛り上がれればいいや」と軽い気持ちで参加しました。
しかし始まってみると…似てる度合いが予想と全然違う‼︎
ポールのネックの振り方、ジョージのステップ、ジョンの肘を中心に腕を回す弾き方や中期以降特徴的な歩き方…
特に中期パート以降のジョンが…雰囲気ありすぎて…ヤバすぎます‼︎
設定では80年10月のライブ…実現はしませんでしたが実現可能な最後のタイミングですよね。
「もし実現していたらこうだったのかな?」「もし2ヶ月後の運命がわかっていたら実現したのかな?」…などなど想像してしまいます。特に他の3人がバックを務めるスターティングオーバーはウルウルものでした(^^;)
いくつかツッコミどころはあったものの、予想以上に盛り上がり予想以上の楽しさでした^_^
2018.06.09 11:52 | URL | #QEQxHeIk [edit]
管理人から、わか様へ says..."Re: レット・イット・ビー"
わか様 レット・イット・ビー公演へのコメント、ありがとうございます。
いやー、本当に楽しかったですね〜!1つ1つ細かく検証しながら見たい程です。
「もし!?」ライヴ、いい企画でしたね。ウルウルしながら見れるライヴって感慨深いです。
ツッコミどころも満載!?それも楽しい事です!!
今しか味わえない空間を、ぜひ皆さんも!当日券あるでしょう。
2018.06.09 13:06 | URL | #- [edit]
leaf says...""
私はレットイットビーは今回で3回目です(2015年8月@ロンドン、2015年11月@東京)。
リターンズも2回観ています(2015年11月@明石、2017年3月@枚方with TKO)。
(どれだけ行くねん!と突っ込まれそうですが・・・)
しかしながら今回が一番本物のビートルズに似ていたような気がします!
衣装、髪型、ちょっとした仕草などよく研究されてますね。お見事でした。
各地でビートルズトリビュートバンドの演奏がありますが、彼らはいわゆる「モノマネ」はせずに真面目にビートルズソングを演奏していますが、今回はモノマネが半端なかったです(←いい意味で)。
アルコールのおかげもあってか、時間を追うごとにだんだん本物に見えてきました(笑)。
また行かれてない方には是非お勧めしたいです。
でも、やっぱり本物のビートルズ(ポール、リンゴ)の来日が待ち遠しいですね!
2018.06.09 14:22 | URL | #- [edit]
水ようかん says..."レット イット ビー"
ビートルズのトリュビュートバンドのライブに行くのは3回目ですが、
正直、今回のレットイットビーが一番楽しかったです。
仕草やセリフまで、それぞれ特徴を掴んでおられてました。
特に最終コーナーでのリンゴは本人さんと入れ替わってもわからないくらいの高レベル、笑ってしまうほどでした。
もちろんビジュアルだけでなく、歌も素晴らしかったです。
とにかく楽しい公演でした、行って良かったです。
2018.06.09 15:52 | URL | #D45IQQoo [edit]
abbeyroad says..."トリビュートバンド初体験"
ビートルズ解散してから産まれた(ファンになった)世代のボクにとって、仮想ビートルズを体験できる貴重なライブとなりました!
想像していた以上に、ビートルズがそこに居てる、演奏してると錯覚するくらい素晴らしいライブでした。
姿見、声がとてもそっくりで、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴが、目の前に、そこに居ました。
これ以上、欲張れません(笑)
演奏に関しても、全員レベルが高く、コーラスも見事にビートルズしていました。
特に、ジョンのリズムギター、カッティングが、ビートルズの曲の中で重要な役割を果たしていたのが改めて確認することが出来ました。
あと、ジョージのMCの日本語、アクセントや発音がネイティブ(しかも関西圏)過ぎてビックリしました(笑)
少し、と言ってましたが、かなり日本語出来るのではと思いました。
けど、ジョージは調子に乗りすぎて、本物のジョージがやらない、ダックウォークを派手にやってました。
おいおい、あなたはジョージやでと、ツッコみたくなりました。
それだけ、大阪の観客のノリの良さで気分が良かったのでしょう。
次もLET IT BEが来日したら、観に行きたいです。
2018.06.09 17:12 | URL | #kfQvvalE [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2448-415522da