ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

コレ!見逃せない!ライヴの季節到来!Paul Simon、Rolling Stones、そして…

コレ!見逃せない!ライヴの季節到来!Paul Simon、Rolling Stones、そして…

5月になり、注目のアーティストのライヴがスタートしました。
お一人目は、最後のツアーと表明し、「Homeward Bound - The Farewell Tour」として、5月16日に Vancouver, BC - Rogers Arenaから開始したPaul!
…エッ!?いえいえ、McCartneyではなく、Simonです。


ポール・サイモン ラストツアー


オープニングは、Simon & GarfunkelのAmericaから始まり、ソロ曲・Graceland、私の好きなLate in the Evening、そして、El Condor Pasa (If I Could) 、Homeward Bound 、Mrs. Robinson、The BoxerなどのS&Gサウンド!3回のアンコールがあり、最後の25曲目は、やはりこの曲…The Sound of Silence
ソロ曲をあまり知らない私でも楽しめるライヴです。







ポール・サイモン、1941年10月生まれ、年齢 76歳です。
今回のツアー発表時の声明では、ツアー活動を続けるのが重荷となってきていること、そして、サイモンのバンドで長年活躍したカメルーン出身のギタリスト、ヴィンセント・ンギニが2017年12月に亡くなったことなどを理由にあげています。


そのPaul SimonのHollywood BowlライヴにRingo Starrも駆けつけています。

Ringo Starr Paul Simon



最後の公演は、7月15日、 London, Hyde Park!こりゃスゲー!!

5月は、このグループもツアーを再開しました! Rolling Stones、「No Filter Tour」
このツアーは2017年9月9日・Germany・HamburgのStadtpark(なんと!81,000人!完売!)からスタートし、10月25日の公演でひと休憩して、2018年5月17日・Ireland・DublinのCroke Parkから再開しています。





驚くのは会場の大きさで、どの会場もデカイ!2017年度の公演で最大はAustriaのRed Bull Ringで95,000人(完売)、どこも4万人、5万人クラスで、小さな会場はオランダ・GelreDomeですが、それでも35,000人…なんとも凄まじい人気ですね。


Rolling Stones London2018-1

Rolling Stones London2018-3

ちなみに、このツアーで話題だったのが、5月22日にロンドン・スタジアムでの公演ですが、持ち込める荷物のサイズが制限され、多くのファンが入場を止められて、長蛇の列!長時間待ち、門前払い、お金を払ってバックを預けるなどが発生した他、バッグをまとめてスタジアムの外に放置したファンがいたそうです。

Rolling Stones London2018-2


持ち込みOKのは、A5サイズ(最大で15cm × 21cm)以下のクラッチバッグ、もしくはそれに持ち手やストラップがついたもののみ…これでは普段の私もアウトだな…

それでも、コレ!と思うアーティストのライヴがあるのは有り難い事ですね。しかし…ポール・サイモンもローリング・ストーンズも今の所、日本公演の予定はありません…ストーンズは来日しても良いと思うのですが…
そして6月は楽しみなアーティストが来日します!それは…ビートルズ・トリビュートバンド「Let It Be」です。大阪公演楽しみです。


ビートルズ トリビュートバンド let it be


さあ!皆さん、一緒に楽しみましょう!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2438-8eb68a33