FC2ブログ

ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
1

Fool on the holiday 8th April 2018 ~ tawatawa様からのレポート

Fool on the holiday 8th April 2018 ~ tawatawa様からのレポート

Fool on the holiday 8th April 2018 

今日のブログは、Fool on the holiday 8th April 2018に参加されたtawatawa様からのレポートを掲載させて頂きます。
tawatawa様は、当ブログのベテラン・コメンテーターですが、最近はトリビュート・バンドの応援を盛んに行い、「盛り上げ隊」のメンバーとして活発に活動をされています!本文は、tawatawa様の文章を掲載しておりますが、ゆっくりと読みながら、感じて頂けると幸いです。では、どうぞ!



こんばんは〜Fool on the holiday 8th April 2018. ご報告と感想を〜

関東支部の皆さんのご紹介で、品川プリンスホテルでのイベントに参加しました、関西の仲間たちは4名で関東のお仲間と合流しました。さすがチームで参加だと荷物番、トイレ休憩、食事、有名人の発見とスムーズに事が運びます。地元の関東の皆様に感謝したいです。

さて fool onですが、素晴らしい感動させて頂きました。主催されたFool on clubの皆様にこの場を借りて有り難うございました。ステキなショウーを観せて頂きましたね〜3部構成です。

Fool on the holiday4


1部
ジョンとポールが出会った日からワシントンコロシアムのライブ
コピーを演ってた、まだビートルズを名乗る前の4人のプレイです。演劇仕立てです。
ジョン 紹介するよすごい奴さポールって言うんだ。なんてくさい芝居なんだと思いながら観てましたね〜
だけど、グイグイ引き込まれます〜〜こうして知り合いプレイしたのか。
ポールマッカートニーから入門、1971年から後追い世代の私にとっては、なるほどなるほど〜〜中学高校時nにビートルズ物語なる書籍を読みましたが理解できませんでした。演劇にしてくれるとよく分かる!


Fool on the holiday1


悩みながらもポールをメンバーに入れる決断をしたジョン、その時Let it beが演奏される、感動ですね〜〜
Jacarandaってバンドの演奏時 観客を巻き込みセンターステージでお立ち台よろしく、さながらダンスホール状態、我がチームのRose様も加わり応援のしがいがありました〜〜私もと思いましたが、やはりアウエーと田舎者のコンプレックス、誘って頂くものの、足がすくみます、今思えば踊っておけばな〜〜と、後悔〜〜笑笑


Fool on the holiday2


休憩をはさみ

ルーフトップライブです ステージ上にはルーフトップが再現されてます。
マネージャーは居る、キーボードのビリープレストンかな?なんとオノヨーコまで、控えてます〜〜うるさいので警察官が注意にまでやって来る。ここまでやってくれると、別にルーフトップに興味のない私も興味深々です。
その後も2バンドが中期、初期と演奏を披露してくれました。


休憩をはさみ

3部
いよいよ大トリのSgtの完全再現です。
まーこれは凄い!徐々に気分を高められてきてます、期待も高まりますね〜〜
Fool on 歌劇団 (サージェントペパーズ物語)、歌劇仕立てです、カイトって名のピエロがサージェント軍曹の楽団と旅をする物語の始まりです、まー手が込んでます、まずセンターにビートルズの4人が居ます。周りにコーラス隊音が厚くなりますね〜〜左に弦部、バイリンやらチェロ総勢20名位でしょうか?右に菅部トランペットやらサックスやら20名位。


Fool on the holiday5


クラシックだの管弦楽だのブラスバンドだの大学生の頃にナンパ目的で女の子にお付き合いした位で、サッパリ分かりませんが。
ただ、これだけの楽器が有れば分厚い豊かな音に期待が高まる〜〜
そして、挙句にインド部 シタール、タブラー、エスラジまでレコードでは聴きましたが、生で聴くのは初めてです。


サージェントの始まりです〜〜あかん、涙が出ます〜〜
これはマズイと席を移動、シッカリと観たいのと、涙を見られまいと 解説を頂いたお仲間から少し離れました、お恥ずかしい次第です。
赤穂のビートルズ博物館の館長の講座でSgtの解説を聞いてましたので、展開と相まって理解をしながら、のめり込んで行きます。
ミスターカイトではポールの時のように照明と風船でサーカスを再現です、あと何年か有りますがwhen I’m 64では感無量です。


Fool on the holiday3


この何ヶ月、個人的にも色々ありまして落ち込む事も多かったのですが、解放された感も有りましたね〜
圧巻はSgtのリプライズの時、案内にも有りました、ジャケットの人による再現です。当初は参加するつもりでしたが〜予定が合わず断念。これは素晴らしい、写真を見てもらうと分かりますが、現場ではそれ以上の感動ですね〜〜
最後のア デイズ イン ザ ライフに至ると私はスタンディングオーベーション。
感謝と感動のお礼です。


そして、アンコールです〜〜ビートルズのファンならご存知の関係者が
みんなステージに上がり大合唱でした。


いやいや、言葉や写真では伝えられない感動がありました、大満足の公演でした。
何と書けば良いのか?もし、ブロードウェイで公演をしても観客は満足するなーと思います。


これは大赤字、手弁当、ボランティアのお仲間の努力の結果でしょうね〜〜ビートルズのパワーは大きいな〜〜これだけの人が集まるものか〜〜と感動しきり。

最後になりますが、Fool on を企画してくださった皆さまありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

いやー良いものを観せて頂きました、大変見応えがありました。今後ともこのような企画が開催される事を祈念して感想を述べさせて頂きました。

と、ここで綺麗には終わら無いのがtawatawaです〜〜
次回に続きますー


tawatawam様、長文レポートありがとうございます。
楽しさ、感動、感激、興奮が文面から伝わります。来年も開催されると思いますので、皆さん、ご参加の程、宜しくお願い致します!

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2399-30c10642