ゆめ参加NAブログ with Paul McCartney & NA Dreamers

ポール・マッカートニーから各地の観光まで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
2

March for Our Lives:Paul McCartney references John Lennon at march

March for Our Lives:Paul McCartney references John Lennon at march
銃規制要求デモにポール・マッカートニーが参加、凶弾に倒れたレノンをしのぶ

久しぶりのブログ更新は、このニュースから…

私たちの命のための行進1

CNN JAPAN

全米800カ所、数十万人が大規模デモ 銃規制求め行進
米首都ワシントンで24日、「マーチ・フォー・アワ・ライブズ(私たちの命のための行進)」と題して銃規制を求める大規模なデモが実施された。


私たちの命のための行進3


デモは、先月14日に銃乱射事件が起きたフロリダ州マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒らが主催し、数十万人が参加。全米の800カ所以上と国外でも、これを支持するデモが展開された。
ワシントンでは、連邦議会議事堂付近の会場を埋め尽くした参加者を前に、同校の男子生徒が事件で死亡した級友や教師の名前を読み上げた。


私たちの命のための行進4

別の生徒は、中間選挙を前に「権力者たちが震えているのが聞こえる」と述べ、銃規制に抵抗する「全米ライフル協会(NRA)」の支援を受ける政治家に対して「履歴書を用意しておいたほうがいい」と警告した。
NRAは同日、フェイスブックにメッセージを投稿。このデモについて「銃嫌いの富豪やハリウッドのエリートたち」が若者たちを操り、武器所持の権利を定めた憲法修正第2条を「破壊」しようとしていると批判した。


私たちの命のための行進2

公民権運動の指導者、マルチン・ルーサー・キング牧師の孫、ヨランダ・リネー・キングさん(9)も参加者の前に立ち、「私にも夢がある」「もうたくさんだ」と訴えた。
2012年に銃乱射事件が起きたコネティカット州の小学校の教師も参加し、当時は銃規制を訴えても変化がなかったと振り返った。


私たちの命のための行進5

トランプ大統領はフロリダ州の別荘で週末を過ごしているが、ホワイトハウスは声明で、表現の自由を定めた憲法修正第1条を行使する「勇気ある多くの若者」を称賛し、「子どもの安全を守ることが大統領にとって最優先だ」と述べた。
主催者らは、コロラド州のコロンバイン高校で銃乱射事件が起きてからちょうど19年となる4月20日にも授業ボイコットのデモを計画し、各地の高校生らに参加を呼び掛けている。



このニュースだけでも、もっと報道されるべくニュースだと思いますが、様々な方が参加されています。

March for Our Lives 1

March for Our Lives 2

March for Our Lives 3

2March for Our Lives

1March for Our Lives

そして、この方も…



MarchforOurLives ポール・マッカートニー

Paul McCartney references John Lennon at march4

米国現地時間24日、首都ワシントンでは数十万人規模の銃規制要求デモが行われているが、全米各地でも抗議活動が多発。ニューヨークで行われたアワ・ライヴス運動のデモにはポール・マッカートニーが参加した。「この辺りで親友の一人が銃の暴力によって殺された。これは私にとって重要なことなんだ」と、1980年に銃で殺害されたジョン・レノンをしのびつつ語った。

Paul McCartney references John Lennon at march3


デモ行進を報じたCNNとの短いインタビューで、マッカートニーは「We Can End Gun Violence(銃の暴力を根絶できる)」と書かれたTシャツを着用し、この抗議活動や銃規制を訴えるその他の活動が最終的に銃の暴力を根絶やしにすることが可能かどうか確信は持てないとしつつ、「私たちにできることはこれだ。だから私はここにいる」とCNNに語った。そして、ニューヨークのデモ行進に参加したのは「みんなを支持したかったから」と説明した。

Paul McCartney references John Lennon at march5


何千人という学生たちが銃による暴力の根絶と銃規制法の強化を求めて行ったデモ行進には数多くのアーティストやセレブリティが参加し、マッカートニーもその一人だった。

Paul McCartney references John Lennon at march1

Paul McCartney references John Lennon at march2

Paul McCartney references John Lennon at march6


首都ワシントンで行われたデモ集会には、アリアナ・グランデ、マイリー・サラス、デミ・ロヴァート、リン=マニュエル・ミランダなどが参加。さらにベン・プラット、ヴィック・メンサ、コモンがステージに登場して、銃暴力の被害者たちのスピーチの合間に音楽を披露した。スピーチを行った学生の中には、フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の襲撃事件の被害者たちもいた。

RawlingStone





この運動が一過性でなく継続した運動として続くことを願っています。

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

hobokenjin says...""
昨日は、マーチの間、テレビで様子見ていたのですが、川向うでは、ポールとナンシーが、普通に参加していたのですね。同年代のお子さんやお孫さんがいるので、他人事ではないですが。私の娘とも同じ年の学生たちが、とてもしっかりしていて感心しました。
2018.03.26 01:02 | URL | #Q.c9pVT. [edit]
管理人からhobokenjin様へ says..."Re: マーチ"
hobokenjin様 実はアメリカの話でしたので、hobokenjin様よりコメントが頂きたいと思っていた所、タイムリーにご連絡を頂き、誠にありがとうございます。以心伝心かな。
どのような立場の方でも普通に参加している、参加出来るマーチで、そして参加して主張する…信念があり、本当に皆さん立派ですね。
2018.03.26 23:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lightnews.blog137.fc2.com/tb.php/2382-2ed29166